2017/11/29

石見銀山〔町並ゾーン〕  World Heritage in Japan

11月27日、世界遺産『石見銀山遺跡とその文化的景観』町並ゾーンを散策しました。クリックすると元のサイズで表示します
石見銀山遺跡は、鉱山跡を中心に、これを守った城跡、銀や物資を輸送した街道や港など、鉱山運営の全体像が良好に残っています。かつて栄えた鉱山町、大森。江戸時代、大森には代官所を起点とした町並みが約1kmにわたり造られました。地役人が住む武家屋敷と、商人や職人などが住む町屋とが軒を接し、その景観は現在でもその面影を色濃く残しています。中でも「羅漢寺五百羅漢」はとてもユニーク。石窟に約20年の歳月をかけて完成した500体の羅漢像が安置されています。15枚の福光石を組み合わせた"反り橋"とともに何とも言えぬ雰囲気を醸し出していました。いつもの平日は静かな町並みなのでしょうが、この日は、NHK総合(12:20〜12:45)の生放送番組『ひるブラ「石見銀山・世界遺産の暮らしを感じる〜島根・大田市〜」』の中継ロケに遭遇。鈴木あきえリポーターやカメラマンほか多くの人々、張り巡らされた電気配線とめったにない非日常も、これまたよろし。この町並み、文化的景観も含めての世界遺産。山間いの銀山ゾーンから町並ゾーンは片道3km超でしたが、天候が良かったこともあいまって爽快ウォーキング。約2時間半をかけ、ゆっくりのんびり感動の散策となりました。


羅漢寺 五百羅漢
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


石見銀山資料館(大森代官所跡)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


城上神社
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


勝源寺
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


観世音寺
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


熊谷家住宅=i重要文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


町並み交流センター(旧大森区裁判所) NHK取材・中継車でいっぱいでした
クリックすると元のサイズで表示します

NHK総合 11月27日 12:20〜12:45 (鈴木あきえリポーター)
"ひるブラ「石見銀山・世界遺産の暮らしを感じる-島根・大田市-」" 中継本番中
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ