ぶらり日記

ぶらぶらと出かけては乗合自動車を撮影する管理人の日記です。 

 

カレンダー

2009
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

無料でも迷惑(1)

民主党が掲げる高速道路の無料化、この裏側には凄い罠が有ります。
税金を上げないとそもそも高速道路の無料化など成立し得ないのは当然ですが、どの税金を値上げするのかが焦点になります。 となれば・・真っ先にターゲットになりそうなのは都市部の自家用車に対する課税強化が真っ先に候補に挙がる、こうなると自動車所有を放棄してバスや鉄道に乗客が流れる可能性も有るが、その鉄道もバスも本数を減らしていて人の流れに対応できない・・ 
この時点ですでに悪循環を生み出します。

しかし一人五万円とも言われる増税を高速道路無料化のために黙って受け入れるわけが無い、結局絵に描いた餅・・ アホめ。

今の千円高速でさえ税金を補助金にしているが、後世へのツケが無いわけではない。

それを無視してでも高速道路無料化に賛成できますか?
0
投稿者:Modellismo Osaka

1000円高速の迷惑

高速道路1000円上限料金割引、表向きには良い制度と思うあなた、それは大きな間違いです! 普段なれない道を運転するドライバーの為に事故多発、渋滞・・

これで迷惑するのは高速バスとトラック物流です。 特にトラック物流は世の中の必需品の流れをも狂わせる・・食料品を運ぶのは実は船がメイン、その航路が廃止に追い込まれてしまうのは食糧事情を悪化させる、つまりわれわれは餓え殺しに遭うのです。

高速バスも路線によっては鉄道よりはるかに便利な路線も渋滞によって迷惑をこうむる、便利なバスを確保するのは適正な通行料を一般車に課すことで成立しているのです。 適正な割引ならむしろ高速路線バスや路線トラック業者にするべきでは?
不正ツアーバス発生防止の為に、観光バスは割引の対象外、大手観光バス業者でも参加していることが有るため、絶対に割引対象にしてはいけません。 

脅すような書き方ですが、こういう怖さを裏側に秘めた天下の愚作、もし民主党が高速道路無料化などを断行した際には・・世のすべてが狂います。
0
投稿者:Modellismo Osaka

ああ、世代交代

昨日、一時間ほど粘って三ノ宮で神姫バスの特高車撮影を行いましたが、どうやら黒いバンパーやパンダは予備車で寝ているのか姿を見かけることはついに無いまま撤収しました。 ほぼ確実に引退確定なのは[田]3733、[田]3734ですが、昨日の時点で3800台のワンロマが動いていたことを思えば、まさか3800台特高車もすべて引退と考えられます。

今回の特高車新車は12台、置き換え対象の特高車が9台となるとどうしてもワンロマにその手が伸びると思ってしまうのは無理の無いことですが・・ でも西脇急行、いい加減にワンロマ退場させて欲しい。 恵比須快速は高速道路を経由するから特高車なんはしかるべき事として、距離が恐ろしく長い西脇急行も早く特高車にしてもらわなアカン・・ 恵比須から三ノ宮までなら恵比須快速に通しで乗るより西脇急行のほうが早いのに。 
0
投稿者:Modellismo Osaka

リターンマッチ

昨日、運よく梅田界隈に行く機会を得たまでは良かったのですが、デジカメを持っていなかったためにかなり後悔しています。 持っていれば神姫バスの高速車撮影できたのに! 大阪市営バスのスーパー少数派のKC-LV832Nで96MCのノンステップバスが撮影できたのに!

近日リターンマッチの機会を得ることになるのでその日に逆襲あるのみ。
0
投稿者:Modellismo Osaka

いよいよ

8月13日は南海りんかんバス高野山営業所が橋本からの応援を仰ぎ、臨時代輸送体制を敷く高野山万燈供養の日です。 この万燈供養の終了直前より臨時バスが奥の院前から高野山駅前まで運行されますが、この日の為に古参車も中古で入った車両いずれもが整備された状態にされます。

南海りんかんバスの平均的な車両入れ替えはこの臨時輸送の時期の前後に行われており、いかに南海りんかんバスがこの輸送を重視しているかが判ります。


高野山万燈供養へ行く方で電車でお越しの方、帰りのバスの心配は要りません。
時刻表を見ないでも乗れます。
0
投稿者:Modellismo Osaka
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ