ぶらり日記

ぶらぶらと出かけては乗合自動車を撮影する管理人の日記です。 

 

カレンダー

2018
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ついに死んだ

ついにシティーライナーを運行しているトラベルメディアが倒産、これからはツアーバス大淘汰の時代に入ってゆきます。 倒産してしまったために当日の運行が出来なくなってしまう場合も有りますが、万障運行中止の場合、利用者の方々には申し訳ないのですがこれで偽物夜行高速バスがいかなる物かが理解できたと思います。

安全性や、運行保障の面で心配のある偽物、ついにその完全崩壊への二幕とも三幕とも言える事が始まったことは、安かろう悪かろうなどを買う事をせずに適正なサービスに適正な金額を払うことが必要であることを再認識すべき事象であります。

偽物夜行バスは、旅程が無理なものが多く、姫路から大阪の間で明石と三宮での乗降扱いが有るなどえげつないものが多数有り、乗務員の負担も非常に大きいものです。
どこぞでは大手がわざわざやっていることも有るのですが・・敢えて言いません。

このような旅程は偽物に限ったことではなく世に名の知れた旅行会社のツアーでも結構やっているのですが、今回の件で旅行会社も2007年に起ったスキーバス事故に続いて相当打撃を受けてもらっても良いことです。 ええ加減にせい、ボケ!

 

4
タグ: ツアーバス
投稿者:Modellismo Osaka

偽物夜行高速バス

偽物夜行高速バスの話がどうして観光バスのカテゴリーか、これには正当な理由が有ります。 高速夜行路線バスは認可申請に際して、経路途中での事故や多大な遅延への対応も届け出ないといけないのに対し、偽物はそういう届出が全く無い、これはどういう事かと言えば・・そう、安全性確保がなされていないということなんです。

たとえ遅れたとしても次の夜には本拠地へ帰らねばならない偽物、乗務員の休憩が削られ疲労が極限に達した状態で運転されるバス・・そんな危険なバスに命を預けることなど出来ません。 

この偽物夜行高速バス、万が一三重交通みたいな事故になったら・・

脅すような話ですが、深刻なことです。
1
投稿者:Modellismo Osaka

新姫観光バス

今はなき新姫観光バス、様々な特別車を用意し豪華観光バス専門会社として活躍しましたが、規制緩和の波に押されて消えました。

この会社で特徴的な車両はエアロクイーンWが新呉羽車体で2階建てバスの改造扱い、それも日本で唯一の存在、ニューエアロクイーンUは車高がニューエアロクイーンVと同様になっており更に前面窓の上下を分割する柱もVと同じ様な形状でした。

そんな新姫も事業廃止して10年近く、忘れ去られた存在になろうとしていますが、豪華観光バス全盛期には威容を誇った会社でした。

5
投稿者:Modellismo Osaka
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ