2005/11/16

Citroen C3 Plurielといふクルマ  シトロエン
シトロエン C4と並んで今最もシトロエンらしいクルマがC3 プルリエルです。
FBMでも鮮やかなオレンジ黄緑の個体が参加していました。
クリックすると元のサイズで表示します
日本仕様は、外装モール類とサイドアーチがシルバーになっていて
綺麗なボディーカラーとのコントラストが素敵です。
展示車は、ブルーパナマという専用色で青がやや濃いブルーグレーで
これまた私好みの色です。
クリックすると元のサイズで表示します
サイドモールのロゴも可愛いです。
ZX以前のフロントグリルのない顔つきが好きだったので、この顔は良いですね。
C3の顔よりも断然こちらの方が好みです。
後ろ姿もキュートです。
クリックすると元のサイズで表示します
詳細なディテールも特徴的です。
ちょいとキツめのヘッドランプでウィンカー上部にはドット模様があり
これはテールランプにも繰り返されています。
すけすけのクリアーテールランプは安っぽい感じがするのですが
これくらいのすけすけ具合なら 赤と白とのコントラストもあわせて嫌味はないです。
リアウィンドウ下部のCITROENもロゴもなんか懐古的いい雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します
シートは汚れ難そうな生地で、中央部はC2同様メッシュ素材で涼しげです。
ただ、色はちょっと地味ですね。
座り心地はC3よりもむしろC2に近く、座面、背もたれの感触はやや固めです。
ドア上部のトリムにはボディーカラーと同色のパネルがあしらわれていて
地味な色合いの内装を華やかにしています。

先日試乗したグラン・セニックはグラスルーフ仕様だったので、途中からグラスルーフを
開けて走りました。
とても気持ちが良かったです。
次は、屋根が開くクルマも良いなぁ〜などと思いつつ、今の季節プルリエルで
オープンにして走ったらどんなに気持ちが良いのだろうとあらぬ妄想をしてしまします。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ