2005/6/28

浮気調査で思うこと・・・其のB  探偵業務日誌

続きです・・・

そのビルの中二階へ駆け上がる、そして入っているテナント二店舗を確認。

「いない!」

「!」

「一体ドコへ???」

だが中二階の奥の暗がりには、「非常階段へつながるドアが!」

まさか!

そのまさかしか考えられない!

もちろんそのドアはチェックしていたが、

そんな所を使って一階へ降りていくなら、間違いなく警戒行動だからと

「捨て」にしていた部分だ(人員上仕方ない場合もある)・・・。

調査には「まさか」とか「そんな事はない」などの安易な憶測は、

「厳禁」であり、こういう行動だろうといった予測は大事だが慢心は禁物だ!

だが、そもそも思い起こせばこの調査は、

半年前には既に相談を受けていた案件だ・・・

私はクライアントに絶対、調査契約を煽る不安要素を突きつけたり、

調査事態を急かすような無理強いはしない・・・

クライアントはほぼ浮気しているのか?していないのか?

で不安を感じていたり、探偵社自身に不安を感じているからだ・・・

結果をシロクロつけるのももちろん重要だが、

それ以上にクライアントの微妙な気持ちの変化を汲み取り、

目的を一緒に見つけていくのが、調査の本質だと思っている・・・

調査は手段であって目的ではないのだ。

だがそんな理念もこんな調査を経験すると、無理にでも早急に

結果を出してあげた方が良かったのでは?と今でも梅雨時になると

この調査を思い出し自問自答する・・・

探偵業は奥深い・・・

(塾長のくせにまだまだ修行中)

0

2005/6/26

浮気調査で思うこと・・・其のA  探偵業務日誌

さて前回の続きだす・・・

迷いつつ雑居ビルに入っていく対象者、追う調査員

が、このビル1Fがパチンコ屋、エントランス内側にエレベーターの乗降口と

パチンコ屋入り口、そして中二階へ通じる階段・・・。

入るしか確認出来ないか?

雑居ビルもワシら探偵には鬼門だ!

待ち合わせでない場合は、場違いなトコロに対象者と「二人っきり」

になってしまうからだ。

躊躇していると運良くエレベーターに独りで乗車、これなら停まった階に

後で確認しに行けばいい・・・

3Fで停まる、「居酒屋だ!」

5分程度間をおいて確認、間違いなくいる!

「しかも男性と一緒にボックス席にいる!」

さて潜入だが、あいにく満席!さてこれも困った・・・。

しかし、待つしかない一時間以上経過して、なんとか二人が出てくる所を

確認出来る席を確保。

これでひと安心、ビールと2・3品のつまみと会計を済ませ

「乾杯〜お疲れ様」ワシと調査員で軽く一杯

これが又たまらない!

心地よい仕事の緊張感の最中、酒が飲める商売はないのでは?

ってそんな事言ってる場合ではない!

二口目のビールを飲むと、対象者が出口に向かって行くではないか!?

正に泡食って後を追う調査員!

男性は会計を済ませるためレジへ・・・

会計する様子を撮影しさて出るかと思いきやトイレへ、

すぐさま先程の調査員から連絡が!

「いません!」

「!」

では男性側をと思ったときには、男性は出口へ・・・

「まずい!」

と思って出口へ

しかし団体客が入って来てごった返している!

これでは追えない!

すぐさま1Fに居る調査員に、男性を追うよう電話で指示しながら

エレベーターへたどり着く・・・やはりいない!

急いで1Fへ行くも鉢合わせたのは調査員!

「!」

二人で顔を見合わせ

「ドコ!?」

すぐさま二人で中二階へ向かう!

〜其のBへ〜

0

2005/6/25

浮気調査で思うこと・・・  探偵業務日誌

久々のオフで車を運転していてフッと思い出した。

あれは梅雨時の嫌な雨の中の調査だった・・・。

雨には対象者に覚知されずらい利点はあるものの

初動(対象者の最初の行動)要するにスタート地点から

出てくるところはコチラも捉えずらい一長一短がある・・・。

内容は、例によって浮気調査の尾行だ、

対象者は女性の職業は公務員だ(意外に公務員は多い)。

初回はなんと雨のためかスタートから捉えられず!

気を取り直しての2回目、小雨だったが何とか出てくるトコロから

捉えそのまま尾行、案の定通勤に使用している駅とは違う駅で下車!

接触の期待が高まる!

駅改札を出てすぐの駅ビルへ入って行く・・・

まずい!

デパート等の不特定多数が集まるポイントは、実は非常に尾行しづらい、

しかも女性のウィンドウショッピングは最悪だ!

そんな苦悩を知ってか知らずか、気の向くままに様々なフロアーで物色を

し始める対象者、何度も見失いそうになりながらも尾行続行、

駅ビルからようやく出てくれた。

が、安心してはいられないこんな事はまだ想定内だ!

待ち合わせ前の時間つぶしで良くあること、

さて対象者は駅前のロータリーを抜け、しばらくウロウロ

どうやら待ち合わせ場所は初めて行く場所らしく、

探している様子。

10分程探し回り(う〜んこれもワシらには迷惑)

ようやく目的の雑居ビルへ

ココに落とし穴があるとは!?

ワシらはその時思いも寄らなかった・・・

其の弐へ続く・・・。
0

2005/6/19

ストーカー対策にもどうぞ!(尾行のまき方A)  探偵業務日誌

お久しぶり!

今日はパートAです・・・。

前回の内容は、あんまり尾行のまき方のヒントにはなってないかもしれんね・・・。

車輌等に乗ってて、スピード上げるってーのは結構先が読めたりとか、

探偵側は尾行に気付かれたと感じて、尾行自体を止めてしまう・・・

さて、どうすればいいのか?

そう!答えは一つとは限らないが、一番はゆっくり走る!

制限速度すれすれで、皆が追い越して行く位のスピードでだ・・・

お分かりでしょう!同じスピードで付いて来るのが尾行者だ!

又はハザード出して停車する、特に車通りが少なくなった時に有効だ!

もちろん尾行者はハザード出さずとも停車せざるを得ない!

凄腕の尾行者は少し先で待っている可能性はあるが、その際ナンバー

下4桁と車種と色ぐらいは認識しておこう!

上記方法を併用するのも有効だ!

歩いている時でも同じ、車輌の場合の応用で、立ち止まって同じ場所で

ウロウロする・・・

尾行者にとって、これ程やりずらい尾行はない!

危険と感じたら、多少人通りがある内に、携帯電話で話すフリなんかして

ウロウロその場でしてみて、周りの不審者を判別していくのが、

尾行者を割り出したり、尾行を断念させる手段の一つと覚えておいて

損はないかもよ・・・。


0

2005/6/1

尾行のまき方!?その@  探偵業務日誌

お久しぶり!

ここ二〜三ヶ月調査の連続で日記もろくに更新できないよ・・・。

連続調査の最中で、久々にクレイジーな対象者に出くわした。

よくある浮気調査での事、ターゲットは男性、自営業者、自宅・勤務先共にT市内・・・

依頼を受けて楽勝と思いきや(ターゲットの移動距離が短い程尾行は容易だからだ)・・・

が、しかし・・・

調査初日、立体駐車場から現れたターゲットの車輌はなんと「ポルシェ!?」

しかもここはサーキットか?という勢いで飛び出し、あっという間に

「100k近くのスピードに到達!?」

これでは尾行でターゲットを捉える前にコチラが警察に捕えられる!

あくまで尾行は自然にが鉄則!公道バトルしても仕方ない。

あえなく初日の尾行調査を断念・・・

まあ後にターゲットを捕捉は出来たのだが・・・。

後日ラウンド2!

今日はバイクも用意しワシがメインでターゲットを追う事に・・・。

スタートから2時間経過したその時、自宅の立体駐車場からターゲットの車輌が!

前回同様の暴力的運転を披露するターゲット!

これでは又尾行は出来ない!

(探偵は尾行をまかれるより、ばれない方を選択しなければならない)

しかしココ「T市」はワシの地元、バイクでしか通れないであろう道を、

前日ターゲットを捉えた駐車場までショートカットし、見事捕捉に成功!

ターゲットが女性と接触し自宅に戻るまでの尾行も成功した・・・。

えっ!これじゃあタダのワシの自慢話じゃあないの?って!

実は、この調査に多少のヒントがあるのだよ・・・

それは、又そのAに続くのである・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ