2006/6/21

「恐怖と向き合え」  ニュース(探偵のつぶやき)

光市母子殺害:死刑の可能性



 「これからまた、どれだけの歳月が流れるのか」。山口県光市で99年に起きた母子殺害事件の上告審判決に対し、被告の元少年(25)に死刑を求め続けてきた遺族の本村洋さん(30)は「最高裁自ら判決を下してほしかった」と静かに切り出した。一方で、無期懲役判決の破棄で、被告が死刑になる可能性は高まった。「命を取られる恐怖と向き合って反省し、人の心を取り戻してほしい」。本村さんは語気を強めた。【安部拓輝】

 午後3時。妻弥生さん(当時23歳)と夕夏ちゃん(同11カ月)の遺影を両手に抱えた本村さんは、うつむき加減に目をつむり、判決を聞いた。「原判決を破棄する」。閉廷後、そばに寄り添う遺族らと立ち上がって、裁判官に深く頭を下げた。

 「最高裁で死刑判決を下してほしかった」。本村さんは会見で切り出した。「無期懲役にならなかったことに感謝はしている。しかし、ここまで7年かかった」と裁判が続くことに徒労感をにじませた。

 結審後の4月中旬、現場のアパートを訪れた。7回目の命日に届いた花の鉢のそばにジュースを供え、手を合わせた。語りかける言葉は何も浮かばず、自分にそっと言い聞かせた。「どんな判決が出ても、僕は自分の人生を一生懸命生きるから」

 「私がこの手で殺す」。1審判決後、無念さを吐き出した発言には、批判も相次いだ。インターネットでは「人殺し」と中傷の書き込みをされ、犯罪被害者の権利拡大を求めて運動する姿を、被告にまで揶揄(やゆ)された。

 そんな被告が判決を前に、反省の心境を語っていると漏れ聞く。「自分の命を取られることを初めて実感したときに、自分の犯した罪の重さを知る。それこそ死刑という刑罰の意味だと思う」。会見で語気を強めた。

 「被告は18歳以上。刑法でも死刑を認めている。何とか人間の心を取り戻して死刑を受けてほしい。悔い改めてもなお、命を落とさなければ償えない罪がある。その残酷さを知って、犯罪が起こらぬようにする方法を社会は考えなければならない」。2、3日後には、2人が眠る北九州の墓を訪れる。「区切りがついたよ」と語りかけるつもりだ。

毎日新聞 2006年6月20日 20時58分 (最終更新時間 6月20日 21時16分)



これでこの裁判の長い戦いの終焉が見えてきた・・・

刑法と少年法の狭間を狙ったこの事件、遺族が望む極刑での結審に大きく流れが

傾いてきた・・・

ワシも極刑は当然だと思ういくら日本の司法が判例主義だとしてもだ!

それは世の中は常に変化しているのだから、司法もその流れに柔軟に合わせる

必然があると思う。

何故?少年の凶行が後を断たないのか?

ワシもコトあるごとに、ブログ上で自論を展開してきた・・・

改めて今感じるのは「メディア」の影響だ!

昭和の時代は間違いなく「テレビ」

平成〜今日は「インターネット」

前者と後者の違いは何か?

それは「制限」だ!

「テレビ」は無責任に大衆に対して悪影響と思われる情報は流さない・・・

だが「インターネット」はユーザーが得たい情報は、

それに「悪意があろうがなかろうが」

圧倒的にユーザー側に判断が委ねられている・・・

果たして現代の子供達にネット情報の善悪の判断は出来るのか?

答えは明白「ノー」だ!

今すぐネットの情報規制は敷くべきだ!

特に未成年に対して!

少年法は善悪の判断がまだ出来ていない少年に対する救済措置だ!

今後少年の凶悪犯罪を未然に防ぐには、

誰がなんと言おうと「少年に対しての情報規制」

鍵を握っている!

とワシ個人は思う・・・。

0

2006/6/8

絞首刑は恐怖、残虐  ニュース(探偵のつぶやき)

宮崎死刑囚、編集長に手紙


2006年 6月 6日 (火) 20:12


 幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(43)が2月の死刑確定後、月刊誌「創」の篠田博之編集長あてに「絞首刑は恐怖で残虐。薬を使った執行でなければいけない」と記した手紙を出していたことが6日、分かった。篠田編集長が明らかにした。手紙の内容は7日発売の「創」7月号に掲載される。

篠田編集長によると、手紙は死刑確定後から5月までに、宮崎死刑囚の母親を経由するなどして5通届いた。

死刑について宮崎死刑囚は「踏み板が外されて落下する最中は恐怖のどん底に陥れられる。人権の軽視になる」「職員から『今日執行されます』と告げられてから恐怖を抱くという残虐な目に遭う」「法律は残虐な刑罰を禁じている。薬で意識を失わせ、心臓を停止させる方法にしなければいけない」と書いている。


というニュースを読んで目を疑ってしまった・・・

キミは何人の罪無き幼い命を残虐に容赦なく殺めておきながら

自身の生への執着を見せるのか?

これほど情状酌量の余地の無い犯罪には

むしろ「目には目を」の制裁がふさわしいぐらいだ!

日本は死刑がある国なのだ!

それが分かっていながら凶行に及んだからには裁きを受けるべきだ!

凶悪犯の逮捕後の「その時は精神的に・・・」などという理由もどうかと思う・・・

大体そんな事主張するヤツに限って、甘やかされて育った

いわゆる「温室育ち」が多い!自分の主張が正しい、

行動までも正当性があると思い込んでいる・・・

被害者はたまったもんじゃない!

よく死刑廃止だのを訴えかけてる人々がいるが、

こんな事件の凶悪犯ならどうなんだろう?

自分の幼い子供が被害にあったら?

異常な犯罪に歯止めを効かせるのも、

今後のワシらの大きな課題になっていく・・・

いつからだろう住みにくいと感じ始めたのは?

とぼんやりとした憂いと不安を抱きつつも

それを何とか少しでも取り除けるように頑張っていこう!



近所で不安を感じたら ⇒ http://www.galu-nishitama.com
総合探偵社ガルエージェンシー西多摩 フリーダイヤル 0120−786−864
0

2006/6/7

「金もうけ、悪いことですか」  ニュース(探偵のつぶやき)

村上代表 つきまとう酷評


2006年 6月 6日 (火) 05:54



 「もうけようと思ったのではない」

 5日午前。突然開いた記者会見で、数時間後に容疑者となる村上ファンドの村上世彰代表は、ニッポン放送株の取得がインサイダー取引にあたることを認めて謝罪しつつ、こう釈明した。

 だが、会見が熱を帯びるにつれ、相矛盾するような言葉が飛び出す。

 「金もうけ、悪いことですか」

     ■

 99年に通産官僚からファンド運営に転身。00年1月に、日本人初の敵対的株式公開買い付け(TOB)を不動産・電子部品会社の昭栄に仕掛け、02年5月の東京スタイルの株主総会では、株主の支持を求めて派手な委任状争いを繰り広げた。

 ファンドの一貫した理念は、株主にとっての企業価値の向上だ。その実現のため「モノ言う株主」として大幅増配や自社株買いによる株価向上策を求め、「会社は株主のもの」という米国的価値観を社会に広めた。

 昭栄の経営陣は、村上代表からの圧力で経営改革が進み、格段に収益力が増したと認める。村上代表に共鳴し、社外取締役に招いたシステム開発会社ソフトブレーンの宋文洲会長は「日本のコーポレートガバナンス(企業統治)向上に貢献したのは確か。事件で他のモノ言う株主が萎縮(いしゅく)しないか心配だ」と話す。

 だが、企業の経営規律を高めたという声の一方、酷評もつきまとう。

     ■

 04年7月に村上代表が「株を買った」と伝えた明星食品。日清食品との合併や資産売却などを提案した揚げ句、年間利益を上回る大幅な増配を手にした直後に全株を売り抜けた。永野博信社長は「高圧的な口ぶりで繰り返し『株主の権利』を求められた。まるで暴力団だ」。

 大阪・梅田の不動産売却を求められた阪神電気鉄道。統合を決めた阪急側の関係者は「売却で巨額の配当や株の値上がり益を得られれば、投資家の利回りは上がるが、企業はやがてぼろぼろになる」と、村上手法に冷ややかな目を向ける。

 05年秋には、株を大量保有したTBSに「共同経営」をちらつかせて株の買い取りを求める一方、楽天など新興企業にも水面下で購入を勧め、株価が上がった時点で売り抜けた。株式の大量保有情報の開示義務が緩いなど、ファンドへの特例制度を巧みに使って株を買い集め、突然大株主として要求を突きつける手法にも批判がある。

 「会社乗取り」などの著作がある経済評論家の佐藤朝泰氏は「全株主のためと言いながら、やり口は昔ながらの乗っ取り屋と変わらない」と指摘する。村上代表の主張と高利回りに引かれ、運用を委託した大手企業は最近、「乗っ取り屋のイメージが強くなった」として契約を解除した。

     ■

 「日本を良くするなんてNGO(非政府組織)ででもやってくれ。調子にのるな」。東京スタイルの委任状争いで負けた後、投資家からこう罵倒(ばとう)され「利益追求こそがファンドマネジャーとしての自分の職業と決意した」。村上代表は最近、周辺に語ったという。

 高邁(こうまい)な理念と利益最優先の行動。自らのファンドが巨大化するなか理念が薄らいだのか。元々理念は手段に過ぎなかったのか。事件で証券市場からの「退場」を宣言した男の真実は見えないままだ。


金儲け・・・

本音は好きですよ!

ワシも経営者の端くれだから沢山儲かればいいなあって思う・・・

でも持たざるものの「僻み」とも「やっかみ」とも負け犬の遠吠えとも

捉えてもらいつつ物申す!

ワシはこの仕事で社会(誰か)の役に立ちたいって真剣に思ってる!

それで利益は家族が養える分・・・いや人並みな・・・いや裕福な

生活が出来ればなぁって思う・・・

それじゃ村上氏とかわらねぇだろっ!

って思われるかもしれないが、順番が違う!

確かに株主の地位向上という社会貢献はしたかもしれないが、

ルールを破って正論言っても説得力はない!

自身の金儲けのために物申していたのでは企業は浮かばれない・・・

要するに金メダル取ってもドーピングしたらおしまい!

金儲け悪い事ですか?って開き直られても、

「おまえら金持ってねぇからひがんでんだろ!ホントは金欲しいよな?」

ま、捕まっても素直に「ハイそうです」って暫くおとなしくしてりゃ

保釈金積んですぐ出て来てアトはのんびり隠居生活してりゃいいだろう

って思ってるのも見え見えだ!

どうもヒルズ族は鼻持ちならねぇ!

じゃあ殺人という罪を犯しても賠償金払えばいいのか?

多少端的だが罪を犯すってそういう事じゃないのか?

人の親なら自分の釈明会見でヒトの批判するよりも、

自分の罪に対する謝罪をもっとするべきだろう。

ファンド・企業・デイトレーダー・IT企業・メディア・・・

様々な要素が今回の件には絡んでいる・・・

実体の無い企業・株主そして実体を得たい企業・株主

実体を得るために巨額の金が動く・・・

虚構と現実の狭間でもがいている・・・

ITバブルのツケが日本にじわじわ浸透している・・・

そこには現代社会の縮図が見え隠れしている

そんな気がしてならない。



事実と向き合う仕事です ⇒ http://www.galu-nishitama.com
総合探偵社ガルエージェンシー西多摩 フリーダイヤル 0120−786−864
0

2006/6/6

細木数子をめぐるグチャグチャ報道  エンターテインメント

(ゲンダイネット)


 細木数子(68)を巡る大手週刊誌のバトルが熾烈を極め、グチャグチャになってきた。

 火付け役は「週刊現代」。5月半ばから「細木数子 魔女の履歴書」と題した連載を始め、ジャーナリストの溝口敦氏が細木の半生をルポしたのがきっかけだ。


 これに対し、連載3回目の時点で、「週刊文春」が細木の“大反論”インタビューを掲載。きょう発売の同誌で細木は「週刊現代の記事について、6億円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こした」と宣言している。

 ヒートアップする“細木論争”に、「週刊新潮」も今週号から“参戦”。「細木問題の核心は彼女の過去の生い立ちではなく現在の生き様」「占い客に1000万円の法外な墓石を売りつけている」と書いている。

 三者三様のスタンスなのだが、このバトル、当分収まりそうにない。火を付けた溝口敦氏はこう話す。

「週刊現代の連載は、暴力団との浅からぬ関係が囁かれる細木さんがムチャクチャな発言を繰り返し、またその言説をキチンと検証せずにタレ流すテレビの体質が問題と考えて始めたのです。言論での反論はいくらでも結構。トコトンやり合いますよ」

 迷走する細木論争は、しばらく続く。

【2006年6月1日掲載記事】



ま、ワシ個人は占いは都合が良いものだけ信じるようにしている・・・

今日のスッキリは青!な〜んて言われると

「今日は青の気分だな!」とか、

血液型は?とか、あかさたなは?とか・・・・・

意外に見てる・・・・

気にはなるんだけど悪いコトは気にしない・・・

要するに都合がいい人間だ!

だが意外にクライアントには占い信者が多い

ある高名な占い師に見てもらったら

「別れた方がいいって言われて調査がしたい」

とか、

「細木 数子がテレビで言ってたから離婚したい」

などと平気で言ってのける・・・

別に占いを信じるのは悪いとは言わない!

だが、誰かに依存しているその思考を変えなければ

結局はうまくいかなかった時に

「誰かのせい」にして逃げてしまうだけだと思う・・・

自分で選択していれば決して逃げられないし、

その次に向き合っていける・・・

人生の岐路において占いで決めるのは逃げでしかない!

ワシ自身はそんな気がするんだけどな・・・。



それでも悩んでるヒトは ⇒ http://www.galu-nishitama.com
総合探偵社ガルエージェンシー西多摩 フリーダイヤル 0120−786−864
0

2006/6/2

同性愛の浮気!!  ニュース(探偵のつぶやき)

NY州最高裁、同性愛婚の是非を審理 (ロイター)


 [ニューヨーク州オルバニー 31日 ロイター] ニューヨーク州最高裁は31日、同性婚を認めない州法を違憲だとする同性愛者の権利保護団体の訴えに関する公聴会を開始した。


 米国では2004年の大統領選挙以来、同性愛をめぐる議論が白熱しており、今回のように同性愛者の権利を求める訴訟が何件も起こされている。

 多くの同性愛者を代表するNGO、アメリカ自由人権協会(ACLU)の弁護士、ロベルタ・カプラン氏は「ニューヨークには子供のいる同性愛者カップルが4万6000組もいる。彼らは安定した家族を形成しているにもかかわらず、結婚という恩恵を受けられないでいる」と主張。

 全米で同性愛婚が認められているのは、現在マサチューセッツ州のみ。バーモント州では同性愛者カップルは婚姻したカップルと同等の権利を認められているが、そうした関係は「シビル・ユニオン」と呼ばれている。

 今回のニューヨークでの訴訟は、48組の同性愛者カップルが原告。

施行されて97年になる州法には結婚は男女間で行うものという規定があるが、同性愛者らは、この州法は性差別を助長するもので違憲だと主張している。


[ 2006年6月1日14時48分 ]


かつてのブログでも触れたかも知れないが、

日本では既に性同一性障害による性転換手術は認可され、

戸籍まで変更出来る時代だ・・・

これからは様々な調査が予想される、例えば旦那の浮気相手がいて

調査するうちに相手が男性!?ってコトも・・・

まあ似たような依頼は実は結構多い・・・

ジェンダーの世間はそんなに広くは無い!

当然出会いも限られており、さらにキチンと添い遂げられるのは

極稀だからだ・・・

何が言いたいかというと、

相手に対する執着心は非常に強いのだ!

調査自体はさほど難しくは無い

「?」とお思いかもしれないが、

肉体関係の有無を調査するわけではないからで、

それを調査するには、

「対象者と相手の肉体の構造」まで理解しなければならないからだ!

そんな事より精神的なつながりの方が、

余程ジェンダーの世間では大切だから・・・

性を超越しているからこそ純愛が成り立つ

これからの恋愛そして夫婦の観念はさらに奥が深くなりそうだ・・・。




恋愛〜夫婦の悩みまで ⇒ http://www.galu-nishitama.com
総合探偵社ガルエージェンシー西多摩 フリーダイヤル 0120-786-864
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ