2007/10/3

年金着服で社保事務所元係長に逮捕状  ニュース(探偵のつぶやき)

年金着服で社保事務所元係長に逮捕状…7人分100万円
10月3日14時42分配信 読売新聞


 全国で社会保険庁や市区町村の職員による年金保険料などの横領が相次いで発覚した問題で、国民年金の保険加入者から徴収した保険料約100万円を横領したとして、福岡県警が業務上横領容疑で小倉南社会保険事務所(北九州市)の元係長、北川勝久容疑者(37)の逮捕状を取り、全国に指名手配したことがわかった。

 この問題では舛添厚生労働相が8月末に就任以来、「横領した連中は、ろう屋に入ってもらう」などと繰り返し発言。告発を受けた全国の警察で捜査を進めているが、職員による横領が問題化して以降、逮捕状が出たのは全国で初めて。

 同庁職員による年金保険料などの横領問題では、これまで判明した52件のうち28件を同庁が告発している。北川容疑者の事件はその一つで、9月に同庁が手口などを含めた調査結果を公表以降、警察が書類送検したケースはあるが、逮捕状を取った例はなかった。

最終更新:10月3日14時42分


偉いぞ!舛添さん!!

でも庶民の立場から言わせてもらえば、

「当たり前」だ!

自分もかつて金融業者のサラリーマンやってた頃は、

会社の金を横領やら着服する輩は少なからず居た・・・

それがもしお客の金なら間違いなく懲戒解雇の後、

刑事又は民事事件で裁かれていた。

こんなのは常識だと思っていた・・・。

罰があってこそ厳しい規律が守られるし、

何より罰から自分の身を守るためにあるのがルールだ!

この認識は公僕にこそ再度徹底してもらいたいものだ!

甘やかしていては腐った体質に拍車が掛かるだけだ。

今後も厳罰を望む!!
0

2007/10/1

ネットで遺族中傷 容疑で医師を書類送検 奈良妊婦死亡  ニュース(探偵のつぶやき)

2007年10月1日(月)19:54

朝日新聞

 奈良県大淀町の病院で昨年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、計19病院に転院の受け入れを断られた末に死亡した妊婦(当時32)の診療情報がインターネット上に流出した問題をめぐり、ネット上で遺族を中傷したとして、奈良県警が横浜市の医師を侮辱容疑で書類送検していたことがわかった。奈良区検が略式起訴し、奈良簡裁は9月21日付で、科料9000円の略式命令を出した。

 命令によると、医師は昨年10月、勤務先のパソコンから情報流出が判明した医師専用の掲示板に接続。「妊娠したら健全な児が生まれ、脳出血を生じた母体も助かると思っているこの夫には妻を妊娠させる資格はない」などと、遺族を中傷する書き込みをした。この問題では、遺族が被疑者不詳のまま侮辱容疑で告訴していた。

なんというデリカシーのない意見だ!

全く持って医師の資格があるのか?と疑いたくなるような言い草に、

空いた口が塞がらない!

どんなに腕が良かろうが、どれだけの知識がこの医師にあるのかワシは知らん。

だが、もし99%助からない命であっても、子を授かったコトがある親にはそれを

言ってはイカンだろう・・・。

まして妊娠させる資格がないなどと言い切れるこの医師にこそ、

人間としてのモラルがあるのか問いたい!

人間としての慈しみや思いやりがあってこそ

医師は「先生」と尊敬の念を込めて呼ばれるのではなかろうか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ