2008/11/27

源流はヤミ金  事件(探偵アングル)

「融資保証金詐欺だけでなく、あらゆる振り込め詐欺の手口に精通した」

 都内の拘置施設に勾留されている男(52)=詐欺罪で起訴=はこう豪語する。

 「振り込め詐欺が社会問題になったのは平成15〜16年ごろからだと思うが、それ以前の社会問題にヤミ金があった」

 法定金利の上限を大幅に超える金利で貸し付ける無許可の金融業者「ヤミ金」の“残党”が始めたのが振り込め詐欺のルーツだという。

 「あるグループがヤミ金で使った多重債務者のリストを利用し、さらに金をだまし取ることを考え、始めた。これが融資保証金詐欺の発端だ」

 振り込め詐欺はヤミ金に続き、大きな社会問題となった。

 「振り込め詐欺をやっている連中も、元ヤミ金出身者が多い。そういった連中が地元のワル仲間を“業界”に誘ってグループを大きくしていった」

 金も高級ブランド品も簡単に手に入るから、なかなか足を洗えないという。

 「オレオレ詐欺や還付金詐欺の場合、1人が1日100〜500人に電話するのが一般的だが、電話をかけるだけだから若者にもやりやすい。融資保証金詐欺はダイレクトメールを送って備える“待ち”の詐欺だが、郵送費など軍資金が必要になる。ある程度の組織をつくらないといけない」

 男は自分の共犯だった若者たちを見て、「悪意のなさ」に驚いたという。

 「最初は『だませるのか』と不安があっても、先輩の指導の下、いとも簡単にだませてしまう。自分のやっていることが悪いことという認識がなくなっている。『だまされる大人たちが悪い』と言わんばかりだよ」
「道具屋とは警察が勝手に作った言葉。犯行グループの道具は細分化していて多岐にわたる」

 「携帯屋、口座屋、名簿屋、代行屋、印刷屋、まき屋、転送屋、私設私書箱などだ。こういった連中がグループに群がって犯行を支える。振り込めは大きな産業になっているといえる」

 融資保証金詐欺と架空請求詐欺の場合、ダイレクトメールや手紙を送るため、名簿屋から購入する「多重債務者名簿」が必要不可欠となる。

 「名簿屋は、ヤミ金上がりの若者が店から持ち出したデータを売るケースから本格的な業者までピンキリ。オレオレ詐欺や還付金詐欺の場合、高齢者のリストで十分足りるからさほど重要ではない。最近では名簿屋を使わず、通常の電話帳や電話番号が収録されたパソコンソフトを使って、片っ端から電話する犯人も多いと聞く」

 犯行グループが重宝するのが代行屋だ。

 「箱、いわゆる事務所を借りる際の名義貸しを行う業者だ。手数料は家賃の4カ月分が相場。月々の予算からも上前を取る。だから10件もこなせば相当なもうけになる」

     

 

「被害者の方に申し上げたいことがある」


 男は逮捕されてから、250日が過ぎようとしている。

 詐欺を繰り返す“日常”が一変したのは今年2月27日のこと。日課の朝のコーヒーを飲もうとしたとき、玄関のベルが鳴った。警視庁の捜査員だった。

 「逮捕状が出ています」

 共犯者の供述で、男の関与が浮かび上がったのだった。

 「『あいつ、最近いないな』と思ったら逮捕されていて、私の名前を話していたんだ。私は本名を使っていたから、簡単に分かってしまった」

 詐欺罪での起訴はほぼ終わり、公判が始まっている。

 「私が司法の場で裁きを受けるのは当然。私を失った妻や娘は社会的な制裁を受けた」

それでも男は口を開いた。報道機関にきれいごとを言って裁判所の心証を良くしようとしているのか、改心の一環なのか、真意は分からないが、「被害を抑止することが願いで、究極の目標はすべての詐欺被害の撲滅」と強調する。

 「私は被害者の方に申し上げたいことがある」

 前置きし、語った。

 「だます側も幼稚な手口だが、だまされる側も大人の姿をした幼稚ないじめられっ子だ。普通の社会人ならとても引っかからないような言葉でだまされるわけだから、被害者にも責任はある。この現実から逃げていたら被害の撲滅などありえない。幼稚なトークにだまされてはいけない。自分のお金は自分で守らなくてはいけないと思う」

 だます側がいて初めてだまされる人が生まれる。数々の男の言葉は被害者にとって身勝手な言い分だが、拘置施設で「1番」と呼ばれる男は、それが被害者への「冒涜(ぼうとく)」だと認識している。


ワシもかつては金融業にお世話になっていた時期があったが、

バブルがはじけて不良債権が多発し、

毎週裁判所に通っていた厳しい時期であったが

いわゆるヤミ金ほど酷い業者はそんなにはびこっていなかった・・・

かつてはマチ金なんぞと言われたが、それほど問題になるほどではなかった

ヤツラは違法スレスレの取立てを巧みに行う技術を持っていたからだ・・・

それがヤミ金は違う!

明らかに暴力的で威圧的且つ業務の平穏を害する取立てばかりか、

勝手に振り込んで取り立てるなど悪行の限りを尽くすことで巨万の富を得た

そのノウハウがオレオレ詐欺やら振り込め詐欺に発展して言った訳だ・・・

今現在でも一日数十億単位の被害額があると言うが、

上記のような腐った輩がいる限りは、

被害はまだまだ残念ながら続いていくであろう・・・

まだまだ罰則が甘すぎるからだ・・・

昔の同僚(もちろんいけ好かないヤツだったが)がヤミ金に落ちて捕まった時、

一度入ったら辞められないと言っていたのは、

暴力団がバックにいるからだけでない!

その報酬が忘れられないからだ・・・

長くて拘留は半年・・・更には保釈金以上に稼いでいるからだ。

又名義人を他に立てて再建すればいい・・・ノウハウさえあれば・・・

この図式と現在横行する詐欺は全く一緒なのである。

日本人の性善説文化も風前の灯火なのかと寂しく感じる一方で、

司法もシフトする時期が来ているのもいたし方なく思う・・・

裁判員制度導入を期に犯罪を抑止するには、

皆の力が必要不可欠なのである。
0

2008/11/26

美人議員とのつながり・・・  エンターテインメント

美人すぎる議員”藤川ゆりさんDVD1位

2008.11.26 11:19
このニュースのトピックス:地域の話題
藤川ゆり市議が八戸のために文字通り“一肌脱いだ”初DVDのワンシーン藤川ゆり市議が八戸のために文字通り“一肌脱いだ”初DVDのワンシーン

 “美人すぎる議員”といわれる青森県八戸市議、藤川ゆりさん(28)の19日発売の初DVD「love navi八戸」(ポニーキャニオン、3990円)が、オリコンの12月1日付週間ランキングの41位に初登場(売上2324枚)。アイドル・イメージDVD部門では堂々の1位に輝いた。

 また全体の41位というのは、アイドル・イメージDVD女性部門の最高位記録で田中れいな(19)=15位=らアイドル軍団「ハロー!プロジェクト」メンバー3人に続く今年の第4位。

 作品は、抜群のルックスでインターネット上から人気に火が付いた藤川さんが地元・八戸市をPRするため、お勧めスポットなどを巡る観光DVD。水着姿も披露したが、「水着姿が地元のPRになる?」や「撮影場所は遊泳禁止区域だったのでは」との批判も出るなど話題になっていた。
クリックすると元のサイズで表示します


つながりっていってもワシも八戸出身ってだけ・・・

いいんだよDVD出しても

事件じゃなけりゃ話題になるのは悪い事じゃない

ま、ホントにカワイイしな・・・。

そんなにタレント色出したいなら、

タレント政治家でイイ見本がいるだろ?

そう「東国原宮崎県知事」が!!

あのヒトほどタレントで成功したヒト居ないんじゃないの?

ホントの意味で・・・

ああいう風にやればいいって一つのカタチを作ったよね・・・

だから八戸の名産とか名物とかPRすりゃいいんだよ

イカとか鯖とかに公認の写真つけちゃうとかさ・・・

他県から旅行に来てもらってスタンプラリーしてもらったら

DVDを無料で上げるとかな・・・。

それなら批判も出ねぇってオラ思うべ・・・(ご当地なまり)

やり方次第だよ・・・。
0

2008/11/24

近隣トラブルには今すぐ!  ニュース(探偵のつぶやき)

隣人へ「黙れ」…小泉容疑者、自宅周辺でトラブル絶えず
11月24日3時16分配信 読売新聞


 元厚生次官宅襲撃事件を巡り、23日、銃刀法違反容疑で逮捕された小泉毅(たけし)容疑者(46)(さいたま市北区)は、自宅周辺で数多くのトラブルを起こしていた。

 近所の工事を巡って建築会社の社長宅を突き止め、押し掛ける。アパートの隣人へ「黙れ」とどなり込む……。22日夜に警視庁に出頭した際、事件について「以前飼っていたペットを保健所に殺され、腹が立っていた」と話した小泉容疑者。動機に関する不可解な供述と、ささいなことで激高する性格は、事件とどう結びつくのか。

 「お前が社長か。おれの生活を侵害している」

 さいたま市の建築会社の3階にある会議室に突然、乱入してきた男はフルフェースのヘルメットを振り回しながら、机を何度もたたき、社長に罵声(ばせい)を浴びせた。2003年冬のことだ。男は小泉容疑者。顔は紅潮していた。

 この会社は当時、小泉容疑者が1998年から住むアパート周辺で建物の新築工事を進めていた。小泉容疑者は、騒音を理由に工事中止を要求してきたという。この日はいったん引き下がった小泉容疑者は、翌年3月、深夜に社長宅に電話をかけてきた。

 「おい、電話に出ろ。起きてんやろ。お前が、おれに嫌がらせをする悪の根源か。ただじゃおけんからな。覚えておけ」。家人が電話に出ないと、留守番電話に脅迫ともとれるこんなメッセージを吹き込んだ。

 数日後の深夜、バイクのクラクションが社長の自宅前でけたたましく鳴った。小泉容疑者が社長の名前を連呼しながら「出てこい」とどなりちらしていた。通報で警察官が駆けつけると、「作業員に自転車のタイヤをパンクさせられた」と一方的にまくし立てたという。しかし、これを最後に嫌がらせはやんだ。

 22日夜、小泉容疑者の名前がテレビで報道されると、社長は当時を鮮明に思い出した。「なぜ自分の家の電話番号や住所がわかったのか。一つ間違えれば、もっとひどいことになっていたかも知れない」

 自宅近くの住民によると、小泉容疑者はほかにもトラブルが絶えなかった。勧誘などの訪問業者を「帰れ」とどなりつけることもしばしば。強圧的な態度で一方的に難癖をつけることが多く、周辺住民から恐れられていた。

 94年頃に約1年間暮らした広島市内のマンションの隣室に住んでいた女性も、「電話したり音楽を聴いたりするだけで、壁をガンガンたたかれ、『うるさい』『黙れ』とどなり込まれて怖かった」と振り返った。

 小泉容疑者は警視庁に出頭する直前の22日午後6時半ごろ、それまで話したこともなかったアパート階下の住人の部屋を突然訪ね、「これ、いらないからあげる」と言って5枚のアダルトDVDを手渡した。

 自宅アパートの大家の男性によると、小泉容疑者の部屋は6畳2間に台所、風呂、トイレ付き。家賃は月6万2000円で、滞納は一度もなかったという。

          ◇

 クレーム対応のコンサルタント会社を経営する援川(えんかわ)聡さん(52)は、クレーマーを「自己顕示欲と劣等感が強く、自分の問題を企業やマスコミ、役所などのせいにする『せいだ病』に取り付かれている人物」と説明。

 小泉容疑者が「以前飼っていたペットを保健所に殺されて腹が立った」などと供述していることについて、「不満をためている人間が『ペットを殺されたことがすべてのきっかけ』などと通常では考えられないような責任転嫁をするのはよくあること」と話す。

最終更新:11月24日3時16分
クリックすると元のサイズで表示します


これはワシも犯人を全く理解しようとは思わないが、

この種の犯行にはうなずける部分がある・・・

近隣トラブルの調査をワシらはよく受けたりするのだが、

大概は二種類に分別できる。

一つは上記のように何かに付けて難癖をつけたがる人物。

もう一つは被害妄想のクライアント・・・。

後者は思い込みだから事実を告げれば納得はする。

が、前者はタチが悪い・・・嫌がらせの事実を突き付けても逆上してしまう場合が多い。

まさに「他人のせい」にしか出来ない人種なのだ・・・

その矛先が今回は不幸にも元厚生次官に向いただけであり、

いつ我々に向けられるとも限らない・・・

残念ながら今のところこの種の犯罪に対しての予防は出来ない!

唯一あるとしたら近隣トラブルを噂に聞いたら早めに対処すべきだろう・・・

はっきりと嫌がらせの現象や原因が分かっているのなら警察に、

はっきりしないならワシら探偵に相談してほしい・・・。

こういう輩にモラルを説いても無に等しい・・・

なにせ道徳心を病んでいるのだから。

0

2008/11/23

偽装ラブホテル  ニュース(探偵のつぶやき)

日本各地で問題化「偽装ラブホテル」とは?

2008年11月23日11時00分 / 提供:R25.jp

ブティックホテルとも呼ばれ、タウン誌の特集でも頻繁に見かけるラブホテル。今や市民権を得て、後ろめたいイメージも薄れていると思いきや、「偽装ラブホテル」なるものが問題化し、規制条例を制定している自治体も増えているという。そもそもラブホテルの偽装ってどういうこと? 07年にラブホテル等建築規制条例を制定した愛知県長久手町都市整備部の担当者に聞いてみた。

「ビジネスホテルとして届け出をして建設したにもかかわらず、すぐにラブホテルとして改装してそのまま経営しているホテルのことを偽装ラブホテルといいます」

なぜそんなことをするのでしょうか?

「ラブホテルは風俗営業法に基づき商業地区でしか建設・営業することができません。風営法でのラブホテルの定義は“異性の同伴を目的とする”というような条文が少しある程度。こうした風営法の規制をクリアするために、住宅地区でビジネスホテルとして開業した後にすぐラブホテルに改装をすれば、住宅地区でもラブホテルとして営業できてしまうのです」(同)

これを受けて、ラブホテルの規制対象地域は住宅地区だけではなく、商業地区にも広がっているようで、例えば「渋谷区では06年に“ラブホテル建築規制条例”を制定しました。既存店舗は規制対象になりませんが、渋谷区全域でラブホテルの新規開業はできません」(渋谷区生活安全課)という。

でも、そんなに躍起になって規制しなくてもいいような気も…?

「自治体にもよりますが、わが町は住宅街が多いので、規制をしないと小中学校などの近くにラブホテルが建設され、治安や風紀の問題が出てきます。長久手町では条例に定める20項目をクリアできないホテルは、すべてラブホテルとみなして取り締まることにしています」(長久手町都市整備課)

ラブホテルにお世話になる機会もあるだけに、この問題の今後がちょっと気になります…。
(R25編集部)

長久手町ラブホテル等建築規制条例より主な規制項目はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25から一部抜粋したものです。


ワシ等は正に浮気調査の現場だったりするが、やっぱり繁華街になくては困る

これが偽装ホテルで学校やら公共の建物の近くだと・・・

それは何故か?

公共の建物の付近って必ずといっていいほど、

警備や監視の目が厳しいからだ!

無論いかにも怪しいですよ〜って感じで調査はしていなくても・・・

決して調査がやりやすいワケではない!

やはり風景に溶け込むためには、

それなりに賑やかで様々な人種がいた方が

イイに決まってる!

でも、いつも思うのは風俗業界って逞しいな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう簡単な偽装ならいいんだけどな・・・
0

2008/11/21

調査の法則シーズン2 B  探偵業務日誌

さて靴屋からターゲットの車輌を追う。

他の二台を先行して追尾させワシが後方から追尾する。

五分ほど走行すると、ターゲットの車輌から他の調査車輌二台が離れ

突然左折する・・・ワシはターゲット車輌をそのまま追う

ヤツラは違う車輌を間違って追ってしまっている・・・

「何やってんだあいつら!」

とココロの中で罵倒しつつ

必死にターゲットとの距離を詰め喰らい付く・・・

「まさかワシが勘違いしてるワケじゃ・・・
いやクロで車輌もそしてナンバー下四桁も同じ・・・」

「やっぱりあいつら〜」

さらに怒りのボルテージを他の調査員に向けつつ追尾する・・・

なんやんかんやと20分程走行し、ある住宅街の砂利の駐車場で停車する・・・。

そこで降りてきたターゲットを見てワシは驚愕した!

「おっさん!???」

何で?

思わず声にだす・・・。

しばらくして車輌を確認しにいくと・・・

そう・・・同色同車輌下四桁ナンバー同じの車輌を追っていたのだ・・・

この辺でいうと多摩ナンバーを追うべきなのに練馬ナンバーってコトね・・・

絶句するとともに言い訳の写真まで取って他の調査員にわびの連絡を入れた・・・

「ごめんワシ勘違いして違うクルマ追ってた・・・」と・・・

そしてつい先日その駐車場のまん前の家の方の相談に乗りにきた・・・。

いやはや縁というのは不思議だ・・・。


0

2008/11/20

調査の法則シーズン2A  探偵業務日誌

その内容は・・・

今から遡るコト数年前・・・浮気調査での出来事。

ターゲットは美人局長・・・

自宅から張り込み⇒車輌尾行⇒接触者の有無を調査

車輌尾行というコトで緊張がある・・・
ターゲットは黒いコンパクトカー・

一見地味だがナンバーがかなり単純で覚えやすかった・・・

地味な車輌は特にナンバー下四桁は確実に覚えて追尾しないと、

車輌の特徴だけ見ていたのでは、すぐに他の車輌と見間違えてしまうから、

車輌の色や形よりテールランプの形とナンバーで判断する方が確実なのだ。

さて朝から夕方までの張り込み時間が経過し、

もう動きはないだろうと思った矢先

ターゲットが車輌で動き出す。

さてバイク二台のウチ一台にワシが乗車し、

クルマ一台を加えた三台体制で追尾を開始する。

約20分後に郊外店型の靴屋に到着・・・

なんと!

車輌には子供も乗車していた・・・

自宅のガレージ内で乗車していたのだろう・・・。

ともかく今日は帰宅時間等から考えて

接触の可能性がほとんどないという事になってきた・・・

クライアントに報告しようと電話するも連絡が取れない・・・

さて困った・・・

そんな時にターゲットが動き出してしまう・・・

再追尾開始だが・・・

ここで大変なコトに・・・


Bへ続く

0

2008/11/19

調査の法則シーズン2 @  探偵業務日誌

もう何年も前の話になるが、

調査をしていると、とても偶然とは思えない出来事が起こるという

話をブログにアップした・・・。

過去ログを読んで頂くと嬉しいが、面倒なので要約すると例えばこうだ・・・。

張り込みしてたマンションから相談依頼が来たり(もちろん面識ナシ)

全く別の調査の対象者が全く同じ公衆電話を使用したり、

浮気調査で対象者が接触した人物(浮気相手ってコト)が

全く別件の依頼で相談に来たり・・・等々だ・・・

これはワシの支社に限ったコトではなく、他の同業者でも同様にある話だ・・・

全く常識では考えられないと言っていいとワシは思う・・・

では、何故今日又こんなネタを引っ張り出したか?と言うと、

今日もそれがあったからだ・・・

その内容は・・・ 

Aへ続く・・・
0

2008/11/18

大麻ってカラダに悪いってホント?  探偵業務日誌

薬学教授「男性不妊やがんの原因になる」


   新聞各紙によると、学生らが大麻に手を出すのは、海外からの影響も大きいらしい。海外旅行先で遊び感覚で大麻を吸ったり、大麻も持ち込まれる音楽イベント「レイブ」の影響を受けたり。また、大麻の伝道師のような一部留学生から「汚染」が広がった実態もあるようだ。実際に警察に捕まる留学生が出てきている。

   大麻は害が少ないというのは、本当なのか。九州大学薬学研究院の森元聡教授(生薬学)は、こう話す。

「薬物には、切れるとほしくなる精神的依存性と、体調を壊す肉体的依存性の2つがあります。大麻は、両方とも少ないと言われています。また、毒性も弱いとされます」

   これに対し、タバコやアルコールは、肉体的依存性はなくても、精神的依存性は強いという。毒性についても、タバコのニコチンやアルコールを急に多量に摂取すれば死ぬことがある。

   こう見ると、害は少ないようにも思える。しかし、森元教授は、大麻には変わった作用があると指摘する。

「男性不妊やがんの原因になるのです。また、若年者が慢性的に吸引すれば、大麻精神病という統合失調症のような症状を示しやすくなります。もちろん、フラッシュバックといった幻覚もあります。無害と主張する人がいますが、変わった害があるんですよ」

   さらに、大麻から始めて強いドラッグに進むケースも多いという。入り口になる薬物という意味で「ゲイティッドドラッグ」と呼ばれるゆえんだ。

「確かに、タバコやアルコールが危ないというのには賛成します。しかし、大麻は海外で規制が緩いからと言って、日本でもそうすべきということにはなりません。無害ということはないからです。私個人は、歯止めがきかなくなるので、規制すべきだと思います。自己責任を重んじる欧米との文化の違いもあるでしょう。日本では、大学の責任まで問われるのですから」



こんなん書かれると悪くなきゃ好きにさせるか、

政府が管理して売るかそれだと聞こえが悪いから、

税率をべらぼうにあげるかとかね・・・

それか吸ってるやつ捕まえたら罰金が巨額とかね・・・

意外に新たな財源が確保出来たりしてな・・・。

0

2008/11/17

“銀座ホステス”も浮気相手に・・・  探偵業務日誌

“銀座ホステス”ただいま風俗界で損失補填中 (ゲンダイネット)


 銀座のホステスには受難の時代だ。金融危機で客が減り、彼女たちは「月収が3分の1に落ちた」「ヘアメーク代や洋服代が払えない」などと悲鳴を上げている。

 そうした中、ジリ貧ホステスの一部が風俗業界に流れている。彼女らの向かう場所は2つ。ひとつは吉原だ。フリーライターの梶山カズオ氏が言う。

「最近、吉原取材で銀座ホステスからの転身女性によく会うようになりました。彼女たちは銀座で指名が取れないヘルプの子たちで、それほど美人ではない。そのため総額5万〜6万円の中堅ソープに落ち着いています」

 もうひとつの道は愛人クラブへの登録。これはその昔、筒見待子が開いて話題を集めた「夕ぐれ族」のようなもので、入会金を払った男性会員が、登録している女性と愛人契約を結ぶシステム。入会金の相場は20万円。デート代は月ぎめ契約(月に4回セックス)の場合で20代なら15万円から。30〜40代の熟女は10万円以下。単発なら1回(2時間)3万5000〜4万円が相場だ。

 ちなみにサブプライム問題が起きる前の月ぎめの相場は20代で30万円、熟女は20万円だった。不景気が値崩れを招いたわけだ。

「愛人クラブに登録するのは銀座で100万円単位の月収を得ていた“売り上げ”のホステスたちです。3、4人の男性と複数契約している女性も多く、クラブの給料の損失分を補填している。契約を解除されたくないため、丹念にフェラしてくれる女が多いと聞いてます」(風俗ジャーナリストの村上行夫氏)

 不況はこれからが本番だから、年末あたり、どうなるのか……。

(日刊ゲンダイ2008年11月13日掲載)




俗に言う 「枕営業」(お客さんとイケナイ関係になるって事ね)を

し始めるのも多いのがこの時期だと、

ある知人の風俗マネージャーからも聞かされたことがある・・・

そう、今までは飲み屋のねーちゃんで済んでたのが、

ここからはそうは済まないのが増えてくるのである。

不景気だから・・・とかって手をこまねいているヒトは、

今保険をかけとかなかきゃ(今のうちシッポ掴まなきゃ)ダメ!

なんといっても不況の時に風俗産業が伸びるのは

これまでも立証されてるのだ・・・。
0

2008/11/16

数キロ引きずられ?16歳男性が死亡  事件(探偵アングル)

数キロ引きずられ?16歳男性が死亡 容疑者の男逮捕 飲酒運転大阪・富田林 (共同通信)
 16日未明、大阪府富田林市の路上で、バイクがはねられ、乗っている人が引きずられるひき逃げ事件があった。午前8時ごろ、数キロ離れた大阪府河内長野市の駐車場で、バイクに乗っていた富田林市のアルバイト男性(16)の遺体を発見した。路上には血痕が残っており、引きずられたとみられる。府警は自動車運転過失致死などの疑いで、河内長野市の自称大工市川保容疑者(41)を逮捕。「飲酒運転なので逃げた」と供述している。

[ 2008年11月16日14時45分 ]

またこんな痛ましい事故が起きた。

いやこれは事件だ、殺意なき殺人とか言われているがそうではない!

飲酒運転は車をヒトを簡単に凶器に代えてしまう・・・

無論飲んでいなくても事故は起こりうるが、

キチンと対処すればそれは事故として扱われるであろう・・・

クルマが仕事がいや人生が大事なら、飲酒運転をしなければいい

もし運転者に酒を勧める人間がいたらそれは同罪だ・・・。

モラルが崩壊しているのか?他人事だと思っているのだろうか?

憤りを禁じえない。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ