2008/12/15

パシリ探偵B  探偵業務日誌

その驚愕の言葉とは・・・

「実は犯人は娘の旦那なんです!」

と・・・

義理の息子さんがですか!?

にわかに信じられない話ではあるが、

ワシらの仕事は事実をクライアントに報告するまでは

何も言えない・・・

「そうですか・・・」と

話を全て聞き終え、張り込んで監視するという調査を提案し、

契約を終えその日は帰路についた。

だが調査日当日には、この奇怪な案件にあっさりと解決の糸口が見えてきた・・・


調査日当日:

クライアントが外出する時間に合わせて、

自宅付近にて張り込みを開始する・・・

が、しかし

一向にクライアントは外出しない・・・

三十分後流石にしびれを切らしクライアントに連絡する。

「いかがなさいました?お出掛けはされないのでしょうか?」

と、

すると意外な返事が・・・

「今日は気分が乗らないから止めた・・・」



「え?そうじゃなくて・・・料金発生しますよ?」

というと・・・

「やらないんだからまけて〜と言う始末」

仕方ない初回というコトもあるので、

次回は料金が発生する旨を再度念押しし、

現場を離れる・・・

この時点でこのクライアントはちょっと精神的に弱っている・・・

と気付いたのだがアトの祭りだった・・・

ファイナルへ続く・・・。

0

2008/12/10

パシリ探偵A  探偵業務日誌

さて続きをと行きたいがココでご挨拶・・・

誠に勝手ながらブログを引越させて頂きました。

ってサービス終了だから強制的に引越になっちゃったんだがな・・・

世知辛いのぉ・・・。



それではAへ・・・

クライアントは60代の女性で嫌がらせの被害を受けている様子

詳しくは面談にてカウンセリングという事で、

都内の集合住宅へ向かった。

そこで聞いた話は耳を疑う驚くべき内容だった!

要約すると・・・



クライアントが留守にすると

自宅にオトコが侵入し、

金品やら自宅の小物やはたまた下着!まで盗んでいく!!
と言うのだ!

ここでワシは素朴な疑問をぶつける・・・

「何故警察に被害届けを出さないんですか?」

更に驚愕の言葉を発した・・・

実は・・・

続く
0

2008/12/9

パシリ探偵  探偵業務日誌

クライアントやら友人・知人に至るまで、

聞かれる質問のトップと言っても過言ではないコトに

何か面白い事件とか変わった話・・・がある・・・。

ほとんどは「ねえよ」(友人の場合)

あるいは意外に地味な仕事なんです(知人の場合)

と答えるが、あれは困った依頼だった・・・。

あれはワシが開業して間もない頃の話だった・・・

ある同業の知人からの依頼で

「ちょっと特殊な案件なんだけどやる?」と

振られた・・・

当初貪欲でまだ相談業務には不慣れだったことから、

つい「オレ何でもやるよ」と安請け合いしたコトが運のつき

それがあんなコトになるとは・・・

続く・・・。

0

2008/12/8

不審者撲滅運動!開催!  探偵業務日誌

突然ですが本日より年末年始の防犯活動の一環として、

ワシの地元立川市の不審者情報(立川警察発信)をアップします!

皆さんもこの時期犯罪が多発するので、充分注意召されよ!



12月8日(月)
立川警察署
 12月7日(日)、午後4時40分ころ、立川市上砂町1丁目の路上で、児童が通行中、男に声をかけられました。
不審者の特徴:20歳代、170cm 位、中肉、短髪、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、徒歩

0

2008/12/7

痴漢愛好者サイトの卑劣な中身  事件(探偵アングル)

「囲んでやり放題です」痴漢愛好者サイトの卑劣な中身 (夕刊フジ)

 JR埼京線で22歳の女性を取り囲み集団痴漢した4人組のうち2人が4日、埼玉県警に逮捕されたが、4人はこれまで面識がなく、痴漢愛好者が集まるネット掲示板を通じて集合、犯行に及んだとみられている。

 逮捕された郵便事業会社係長の男(39)と自称派遣社員の男(53)の両容疑者は年齢も職業も何ら接点が見あたらず、ネット掲示板で知り合った可能性が高い。ネット上に点在する痴漢掲示板には、犯罪者とその予備軍による卑劣な書き込みがあふれている。たとえば、こんな具合だ。

 ≪参加したい人はどうすればいいんですか?≫≪明日3回目を実施しまーす。前回は参加者が急増だったからビックリだよ。明日の18時ブクロ(=池袋)です≫

 犯行を解説する卑劣な書き込みもある。

 ≪我々のグループは、お互いに名前も素性もしらない者同士ですが、囲み痴漢を実践しているグループです。まず、目をつけた娘を取り囲み、他の乗客からの視線をさえぎります。そのあと、ゆっくりと料理していきます。快速電車は、約15分程度、次の駅まで止まりませんので、やり放題です≫

 これらの卑劣な痴漢サイトは、携帯サイトも含めて多数存在しており、完全に把握することは不可能とみられる。


[ 2008年12月5日17時00分 ]


ワシはオトコで女性はもちろん大好きだが、

痴漢の気持ちは全く理解出来ない・・・

痴漢されてイイと思う女性は100%存在しない!

嫌がる女性に嫌がらせをする事に快感を覚えるのは100%変態だ!

それを助長する性的サービスまで否定すれば、

さらに犯罪を助長しそうなので規制は難しいだろうが、

厳罰を科すのは当然だろう(もちろん冤罪問題はあるにせよ)

後先考えないヤツラには問答無用だろう・・・。
4

2008/12/6

人妻風俗 面接者増加中!  エンターテインメント

「不況は売り上げが落ちてありがたくないけど、入店希望者が増えて募集は楽になるんだよ。特に人妻系の店は顕著だね」(デリヘル経営者)

 不況で夫の給料が減る→家計のために妻が働く→収入がいい人妻風俗へ。分かりやすい図式だ。

 ある人妻デリヘル店長が言う。

「『今までコンビニやファミレスのパートしかしたことがありません』という奥さんが意外に多い。情報氾濫の時代で、どういったサービスをするのか知っての入店希望です。割り切れば夫の月収の倍は稼げるし、アリバイは『派遣の仕事をしている』でOK。店での仕事は、ご主人に来られる心配があるんでね」

 同店には、そんな“まっさらの人妻”が、月に2、3人は面接にやってくる。年齢は「30代前半が一番多い」(前出・店長)とか。子供が幼稚園や小学校に行ってる間にひと稼ぎするわけだ。

 20代では子供も小さく、40代になると「体に自信がない」「病気が怖い」と現実的になるそうだ。

「最近は『隠していたんですが、夫が感づいているみたい』と打ち明ける人妻が増えました。女性は金を持つと羽振りがよくなりますから。ただ、不思議なことに夫婦仲は前より良くなり“Hも増えた”などと笑う人妻もいます。他の男に抱かれていることで、ご主人が欲情するらしいのです」(デリヘルオーナー)

 奥さんは大丈夫?

(日刊ゲンダイ2008年11月22日掲載)


[ 2008年11月25日10時00分 ]


クリックすると元のサイズで表示します
<画像はイメージです>



これは大げさでも冗談でもない!気になる方は過去ログをご覧あれ!

全く素人のしかもセレブと言われる妻でも・・・

http://diary.jp.aol.com/applet/tannteijyuku/20080708/archive

いやはや事実は小説より奇なりとこの時は思ったものだ・・・。
0

2008/12/4

ホントは浮気を見つけて欲しい!  ニュース(探偵のつぶやき)

三浦元社長は自殺と結論 ロス郡検視局最終報告書


12月4日8時15分配信 産経新聞


 【ロサンゼルス=松尾理也】1981年のロス銃撃事件で逮捕され、サイパンから移送された直後の今年10月、ロス市警本部内の留置施設で死亡した三浦和義元会社社長=当時(61)、日本では無罪確定=の死因について、ロサンゼルス郡検視局は3日、ベッドにシャツをくくりつけての首つり自殺と断定する最終報告書を公表した。

 元社長の死因をめぐっては、独自の検視を行った弁護側が「他殺とみられる」と主張している。一方、検視局やロス市警側は一貫して自殺との見方を示していた。

 遺族側は、今後ロス市警などを相手取った訴訟を起こし、法廷の場で真相究明を求める可能性も検討しているとされる。


さて三浦元社長の自殺を持ってこの事件は一気に収束するであろう・・・

一体この「ロス疑惑」は何だったのか?

限りなくクロに近いグレーな事件ではあった・・・

私の勝手な推測だが、

これはほぼ三浦元社長の描いたシナリオ通りであった・・・

だが長年の法廷闘争により、法律へ精通するほどに自身の矛盾

良心の呵責が芽生えていったのではないのであろうか?

そしてサイパンへ渡航を続ければ、

確実に逮捕される事ぐらい分かっていたはずだ・・・

無意識に綱渡りをしていたのかも知れないが、

深い意識の底には捕まりたい、

そして終止符を打ちたいと思っていたのではなかろうか?

今までの人生の葛藤が自殺という結果に追い込んでいったのでは?

そう思えてならない・・・

良く浮気調査のクライアントに言われるのは、

調査の報告書を相手に叩きつけて、

逆にほっとした見つけてくれて良かったと言われたと言うのだ・・・

意外だがこんな案件もあるのだ・・・

罪は犯しても見つけて欲しいという意識は

どこかにあるというコトなのかも知れない・・・。

0

2008/12/3

ストーカー判事その後・・・  ニュース(探偵のつぶやき)

「すべて事実です」 ストーカー判事、弾劾裁判で訴追事実認める


12月3日13時22分配信 産経新聞


「すべて事実です」 ストーカー判事、弾劾裁判で訴追事実認める


裁判官罷免追訴事件の初公判に向かう下山芳晴被告=3日午後0時31分、国会・参院第二別館(撮影・酒巻俊介)(写真:産経新聞)

 部下の女性にしつこくメールを送ったストーカー規制法違反事件で、国会の裁判官訴追委員会(臼井日出男委員長)から罷免訴追された宇都宮地裁の下山芳晴判事(55)に対する弾劾裁判の初公判が3日午後、国会の裁判官弾劾裁判所(松田岩夫裁判長)で開かれた。同罪で有罪が確定している下山判事は意見陳述で、「すべて事実です」と罪状を認めた。



 甲府地裁の公判で、下山判事は罪状を全面的に認め、懲役6月、執行猶予2年(求刑懲役6月)の有罪判決が確定。最高裁が6月、訴追委に罷免訴追を請求したことを受け、同委は9月、全員一致で訴追を決定していた。

 弾劾裁判所で罷免判決が出れば、平成13年に児童買春事件で有罪が確定した元東京高裁判事以来、6人目となる。

 同地裁の判決などによると、下山被告は甲府地裁都留支部長だった2〜3月、恋愛感情を満たす目的で、女性職員の携帯電話に「もうお風呂入った?」などと書いたメールを匿名で16回送信した。

 ■弾劾裁判所 衆参両院議員14人の裁判員で構成され、裁判官を罷免する裁判や罷免された裁判官の法曹資格を回復させる裁判を行う。判決は「罷免」「不罷免」の2つだけで、裁判員の3分の2以上が賛成した場合に罷免の判決を宣告する。罷免宣告と同時に裁判官としての身分を喪失するほか、弁護士、検察官になる資格も失う。退職金も支給されず年金も制限される。


クリックすると元のサイズで表示します

この判決全く不服はない・・・

その通りだ・・・

しかし弾劾裁判のたった6人という少なさは意外で驚いた・・・

もちろん司法に携わる人間だから

法で裁かれる人間が少ないに越した事はないのだが・・・

それに比べて他の役人やら、中々法で裁けない議員先生方に対する

法改正を推進した方がこの国のためにはなるような気がしてならないがな・・・。
0

2008/12/1

浮気?着信履歴殺人!  事件(探偵アングル)

妻のケータイに男性名の着信履歴、立腹し妻刺した男逮捕
12月1日15時0分配信 読売新聞


 1日午前1時頃、大阪市生野区巽北1、トラック運転手嶋田徳一容疑者(42)が「妻を刺した」と119番した。

 消防から通報を受けた生野署員が駆けつけたところ、妻の稚奈(わかな)さん(29)が胸や腹など数か所を刺されて洗面所で倒れていた。同署は嶋田容疑者を殺人未遂容疑の現行犯で逮捕。稚奈さんが搬送先の病院で死亡が確認されたため、殺人容疑に切り替えて調べている。

 発表によると、嶋田容疑者は、稚奈さんが入浴中に携帯電話の着信履歴を確認し、男性からの着信があったのを見つけて腹を立て、稚奈さんを出刃包丁(刃渡り約16センチ)で刺したという。嶋田容疑者は「妻が浮気をしていると思い、カッとなってやった」と認めている。

最終更新:12月1日15時0分

何とも衝撃的且つ短絡的とも思える事件だが、

もちろん事件に至るまでには、記事にはない

夫婦間に様々な出来事や経緯があったであろう・・・

今や携帯電話から浮気がバレる確率は非常に高い・・・

便利なコミュニケーションツールであるが、

殺人まで引き起こすとはいやはや時代の流れとは恐ろしい・・・。

浮気は罪ではないが不貞は民法上罪である・・・
(この点はサイトでも参照して頂きたい)http://www.galu-nishitama.com/

罪を犯す前に罪を悔い改めてもらう事は出来なかったのだろうか?

亡くなった方のご冥福を祈るばかりだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ