早いものでもう1年。順調でなによりです。

2012/7/27  20:51

[京成]京成バス新都心営業所芝園車庫  

レッドラインさんのブログからリンクされているKeiyo Resort Transit Co.,さんのブログにも画像がありますが、京成バス新都心営業所芝園車庫用地に行ってきました。
前々から場所の情報は得ていましたが、やっと(時間的に)来ることができました。

新都心営業所は現在船橋営業所管轄の茜浜車庫を独立させて営業所に昇格させるもので(はないかと推測されていて)、場所としては千葉・習志野市境に面した習志野市側にあります。既存停留所は、芝園東、あるいは医療センターが最寄りとなります。

営業所の建物は茜浜のそれよりも当然のことながら大きく、近代的かつ道路側から一見すると倉庫のような感じも受けます。

現在敷地内では舗装工事が行われているようで、重機の姿も見受けられました。敷地の奥には立体駐車場がありますが、ぱっと見た感じではバスが駐車できるほどの大きさや柱の太さがあるとは思えず、従業員や事業用車の駐車に使われるものと考えられます。
やはり営業所というだけあり設備面でも充実している感じを受けましたが、ほかの営業所に比べるとコンパクトに収まっているようです。
気になるのは入口付近に停留所に設置されるような上屋があること。もしかしたら芝園車庫発着の路線ができるのかもしれませんが、車庫前の道路からコストコ側への右折ができないため、海浜幕張へ路線が延びるのであれば医療センター側へ出る必要があります。
入出庫の経路も医療センター側に限られるか、海浜幕張方面からの入庫はコストコ側から、出庫は医療センター側からと分けられるかのどちらかだと思われます。

では茜浜はどんな感じなのかと、久し振りに様子を見に行ってきました。こちらは画像がありませんが、前回KC-B10M時代に行ったときよりも窮屈そうな印象を受けました。
連節5台増車、1台を一般車1.5台と考えると7.5台分のスペースが新たに必要となったわけですが、特定用に3台転出してもハッピーバス折り返しやら中型転入やら小型増備やらで結局スペースは不足している感じです。それに加え海浜幕張発着の関鉄高速車の休憩もここで行っているようで、平日夕方という車両が多く出払っている時間にも関わらず満車に近い状態でした。これでは営業所昇格は別としても車庫用地は必要だったなと強く感じるわけで、もしかすると芝園車庫開設後も茜浜は車庫として存続するのかもしれないと思ったりします。

芝園車庫の場所は海浜幕張にも比較的近く、新都心拡大地区に隣接していることから、計画されている豊砂のイオンを中心とした開発なども考えると非常に恵まれた場所だと思います。
まだ工事は終わっていませんが、来月には新都心営業所開設という話もありますし、もう少しすると全貌が明らかになるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ