カレンダー

2017
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

リンク集

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

CREMASTER NOW

最近の投稿画像
7/24 先週のお詫びと来週…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

職務逃避の駄文

この前置きはまだ必要でしょうか。

クレマスターのスタッフは皆、別に本職を持っております。

ピアニスト ジャズボーカリスト と、雑貨作家のワタクシね。

地味じゃね?自分だけ。。。。

スタッフは今も募集中ですよー。詳細こちら。




前置きさておき

例えば今夜、終わらない運針に飽き飽きして、冷蔵庫の中に今も袋半分残っている『コンニャク粉』に想いを馳せておる雑貨作家。

紙衣を作るため、常に常備してあるコンニャク粉。

これで糊を作り、和紙に染み込ませ、灰汁で煮る事で、頑丈な紙衣ができる。

これで昔は着物を仕立てたってんだから、物の無い時代の発想には頭が下がるよ。




仕事飽きたから残ったコンニャク粉でコンニャク作りでもしようかなぁ。。。

でも、あの量、コンニャク板5枚分出来上がってしまうんだよなぁ。。。。

いらねぇなぁ。。。。コンニャク5枚。。。。

だって、今、胃潰瘍だし。。。。。

あ、クレマスターのお通しに・・

地味だなぁ。。


あぁ、なんで針仕事って安易に飽きるんだろうなぁ。。。。

デッサンだったら、ただただ、緻密に描いて行けばいいだけで、無心に延々できるのになぁ。。。。。

なんで画家じゃなくて工芸家やってんのかなぁ、俺。。。。

15年も自分の本心ごまかし続けていたって事かしら。

絵で喰えるわけない。

実用性のある工芸のが、食うに困らないんじゃないか。

そう思って工芸の道へ進んだはずだけど



勘違いでした。

好きこそ物の上手なれ。

よく言ったもんだな。

認めよう。

洋裁よりデッサンのほうがどうやら得意らしい自分を。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし今更画家になれるセンスがあるかと問えば疑問だね。



コンニャクのデッサンでもしようかなぁ。。。。

コンニャク粉を鍋で練り

灰汁で湧かして

出来上がったコンニャクを調理

わさび醤油と手作りコンニャク。

ゆず胡椒と手作りコンニャク。

ピリ辛に炒めて中華風。

バジルソースでイタリアンアレンジ。。

出来上がったら逐一デッサン。

終わればその都度モチーフコンニャクを美味しくいただく。

その顛末を動画で撮影。

まことしやかに静かなギャラリーでエンドレスリピート再生。

ちょっとした
コンテンポラリーアートとして売れ・・・・・

るわけねぇなぁ。。。。。



そもそもよく考えたら
、「描いたあとは美味しくいただく」スタイルって

片岡鶴太郎だ。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

あれは「アーティストである俺」に心酔する奇行だ。。。。


あの『アツアツおでん』もあとから美味しくいただいていたのかなぁ。。。。

おでんのコンニャクは甘辛の味噌で食べた・・

あ、思考がおかしな方向に迂回しはじめた。きりがないぞ。現実に戻らねば。




針仕事の続きでもしますかね。

今日はクレマスターオリジナル業務用バインダーを作っておりますよ。

紙衣とレザーのコンビネーションデザインです。

ただ、ひたすら縫っています。

クリックすると元のサイズで表示します

素直に一枚革で作るかと思ったら大間違いですよ。
2
投稿者:金曜 ヒロコ
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ