2017/10/10

SAMURAI BLUE(日本代表) vs ハイチ代表  サッカー

10月10日、『SAMURAI BLUE(日本代表) vs ハイチ代表〔キリンチャレンジカップ2017〕』クリックすると元のサイズで表示します
ロシアW杯に向け代表メンバーのサバイバル競争を楽しみに馳せ参じた日産スタジアム。ゲームは、前半いきなり2得点をあげ、楽勝ムードかと思われたのですが、ここからハイチの逆襲にあいます。からくも前半を2−1で折り返すも、ハイチのFKから一瞬の虚を突かれ、難なく同点にされます。その後は、悶々とした膠着状態へ。すると、カウンターから豪快にミドル弾を決められて、ついに勝ち越しを許します。選手交代のカードを次々と切りますが、ピッチ上の混乱は納まりません。敗戦も覚悟したアディショナルタイムになんとか追いついたものの、格下のハイチ相手にホームで引き分けは、なんともがっかり。負けなかったという事実を前向きに考えるとしましょうか。ピッチに住む魔物に魅入られてしまったSAMURAI BLUE。前掛かりになるも攻め手を欠き、ミスとスキからあっさり失点という悪循環。個々の連携がちぐはぐで、打開しようと空回りする蟻地獄。我がFC東京の今シーズンの闘いも含めて、つくづく、サッカーの戦略・戦術は、難しく奥が深いものだと感じ要ります。その時々で全く様相を変えてしまう"女心と秋の空"。勝利(勝負)の女神は気まぐれです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半7分 佑都(No.5)のクロスに、倉田秋(No.7)がヘッドで合わせ先制ゴ〜ル!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半17分 倉田(No.7)のシュートのこぼれに、杉本健勇(No.13)が押し込みゴ〜ル!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半アディショナルタイム 酒井高徳(No.21)のシュートを香川真司(No.10)が触り何とかドロー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



天国と地獄 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



キャプテン佑都
クリックすると元のサイズで表示します

ジョーカー嘉紀
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ