2017/11/6

BRAVE BLOSSOMS vs WALLABIES  スポーツ

11月4日『リポビタンDチェレンジカップ2017 "日本代表vsオーストラリア代表"』日産スタジアムへ。クリックすると元のサイズで表示します
My手帳では、11月4日は"ルヴァン杯決勝"参戦予定のはずだったのですが・・・ぐずん。この日は、11月2日に「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の試合日程と会場が発表され、いよいよW杯の臨場感高まるラグビー日本代表戦を久しぶりに観戦しました。“ブレイブブロッサムズ”の愛称を持つ桜の戦士、日本代表に対するは、W杯優勝2回(2015年前回大会準優勝)世界ランキング3位、強豪オーストラりア代表“ワラビーズ”。ゲームは、序盤からオーストラリア代表ペース。日本はエンジンがかかる前に失点を重ね、結局、前半はNo.10松田力也のPGのみで「3−35」で折り返し。フィジカルに加え、技術、戦術面の格差が明らかだった前半。後半は、68分に、FWNo.8アマナキ・レレイ・マフィのトライなどで「27−28」と互角に食い下がったものの及びませんでした。それでも意地のラストワンプレイ。ゴール前スクラムからのラストアタックは、23歳のNo.4ニューフェイス姫野和樹が、No.6リーチマイケルのサポートを得ながらタックルを払いのけトライをあげ一矢を報い、「30−63」と大差はついたものの、最後まで果敢に挑み続けた日本代表の大健闘へ惜しみないエールと拍手がスタジアムを包み込みました。日本代表始動から1年。世界の強豪との差を実体験し、ここから進むべき道のりが見えてきたはず。2019年へ向け“ブレイブブロッサムズ”に大いに期待して参りましょう。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


キックオフ
クリックすると元のサイズで表示します


ファースト・スクラム
クリックすると元のサイズで表示します



5分 ワラビーズ、ラインアウトから連続攻撃、最後は左へ展開、No.12ケレヴィ 難無く先制トライ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



16分 日本代表 まずは、No.10 松田力也 PGで初得点!
クリックすると元のサイズで表示します



68分 日本代表ラインアウトからモールで押込み、No.8 マフィがトライ! No.22 田村優G成功!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ノーサイド 強豪ワラビーズの胸をかり学ぶこと多き「30−63」の収穫ある敗戦。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


No.6 リーチマイケル
クリックすると元のサイズで表示します


No.10 松田力也
クリックすると元のサイズで表示します


日本国内代表戦、最多観客数 記録(2016.6.5 vsスコットランド代表 34,073人)を更新!
クリックすると元のサイズで表示します



ラグビーワールドカップ2019日本大会 試合日程&会場
クリックすると元のサイズで表示します




AYAさん 〔特別プログラム『AYA's Boot Camp 〜 MORE もっと強く、もっと美しく〜』ご出演〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ