2018/1/21

生頼範義展 THE ILLUSTRATOR   Museum

1月21日、『 生頼範義展 THE ILLUSTRATOR 』上野の森美術館にて。クリックすると元のサイズで表示します
香香(シャンシャン)フィーバーの上野へ、生頼範義氏の展覧会へ足を運びました。生頼範義(1935〜2015)氏は、東京芸術大学を中退後、1962年よりイラストレーターとして活動を開始。映画ポスターやレコードジャケット、商業広告のイラストなどを描き続け、2015年に死去するまでに3000点以上の作品を手がけました。1980年に『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』の国際版ポスターを手がけ、一躍国内外から注目されるようになった生頼範義氏。その仕事は多岐にわたり、映画では『ゴジラ』『グーニーズ』『日本沈没』など、テレビゲームでは『信長の野望』『三國志』『提督の決断』シルーズなど、小説では『幻魔大戦』『ウルフガイ』シリーズなどを担当。"生頼範義"の名を知らずとも、イラスト作品を目にしている人は多いはず。本展は、約50年にわたって優れた作品を発表し続けてきた世界的イラストレーター生頼範義氏の画業を一望できるもの。会場には、世界を唸らせた『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』ら映画ポスター原画をはじめ、吉川英治、平井和正、小松左京ら作家の書籍装画や油彩画など。また、大作『破壊される人間』や、『幻魔大戦』で描いた"アンドロイド・ベガ"をイラストレーターの寺田克也氏が再デザインし、「シン・ゴジラ」などで知られる造形作家・竹谷隆之氏が立体化した立像の原型も展示されていました。会場内ところどころ写真撮影OKの展示もあり、故人が残した作品群から選りすぐりの作品を鑑賞できます。稀代のイラストレーター生頼範義氏の緻密でありながらダイナミックで、生命力に溢れ、エロチックで、えぐい世界を堪能することができました。


クリックすると元のサイズで表示します 生 頼 範 義 〔おおらい のりよし〕
1935年〜2015年 明石市生まれ。
東京藝術大学中退後、62年よりイラストレーターとしての活動を開始。73年に宮崎市に拠点を移し『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』の国際版ポスターを手掛け世界中から注目を集める。
『ゴジラ』シリーズ、『マッドマックス2』等の映画ポスターをはじめ、書籍の装幀画、レコードのジャケットや商業広告のイラストを描き続けた"孤高のイラストレーター"。
生涯遺した作品は約3,000点以上にも及ぶ。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
破壊される人間=@(縦2.0m 横4.5m)

クリックすると元のサイズで表示します
スター・ウォーズ エピソードT/ファントム・メナス

クリックすると元のサイズで表示します
ロスト・ワールド<}イクル・クラントン 早川書房 1995.11

クリックすると元のサイズで表示します
太平記 巻ノ壱 百鬼夜行$X村誠一 KADAKAWA 1991.10 

クリックすると元のサイズで表示します
ムー創刊号 学習研修社 1979.11

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ