2018/3/31

vs ガンバ大阪〔J.League Division1第5節〕  FC TOKYO

3月31日『FC東京 vs ガンバ大阪〔J.League Division1第5節〕』味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
昨シーズン最終節と同じカードをなったJ1リーグ第5節は、ガンバ監督からFC東京へ、長谷川健太監督の古巣対決。名将クルピ監督を擁するG大阪は、いまだ未勝利が続く中、新外国人選手を緊急補強、大型ボランチ、U-20ブラジル代表、マテウスのデビュー戦となりました。ゲームはKO早々の前半2分、スタメンFW起用の永井が右サイドをドリブルで切り裂いての右足シュートは、GK東口に弾かれるもこぼれ球を東が左足でダイレクトでゴールに突き刺さし先制。さらに前半12分、諒也のFKに、マークを外しフリーの森重が頭で合わせて追加点。前線から随所にアグレッシブさが目立ち、マテウスや遠藤の両ボランチを自由にさせなかった前半でしたが、終了間際にPKを与えてしまい1点差で折り返すことに。後半は、やや足が止まった東京。後半13分同点に追いつかれ嫌なムードが漂いますが、後半19分、左サイドから諒也がワンタッチでアーリークロスを送るとオリヴェイラがヘッドで豪快に合わせて勝ち越しゴール。湘南戦の豪快右足シュートに続く2試合連続ゴールは豪快ヘッド、ゴールハンターの覚醒は本物かと。勝ち越せは、献身的守備が持ち味の前田、米本できっちりゲームを締める健太采配。手に汗握るも、無事に"眠らない街"。東京がG大阪を「3−2」で下し、ホーム味スタで3連勝。健太トーキョー"サクラ満開!" サクラ前線は、4日、仙台ユアスタへと北上するでしょう!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半2分 No.38 東慶悟 ダイレクトの左足シュートで先制!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半12分 No.25 小川諒也のFKに、No.3 森重真人ドンピシャヘッド!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半19分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラの豪快ヘッドは決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



古巣G大阪を撃破!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


Today's Hero! ディエゴ・オリヴェイラ! Again!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ