2018/6/15

LET IT BE -A CELEBRATION OF THE MUSIC OF THE BEATLES-  Theater

6月15日『 LET IT BE -A CELEBRATION OF THE MUSIC OF THE BEATLES- 』シアターオーブ。クリックすると元のサイズで表示します
「LET IT BE」とは、ビートルズのデビュー50周年を記念して作成されたトリビュートライブバンドショー。2012年のロンドン初演以降、世界中で100万人以上を動員しています。2014年、2015年の来日以来3度目の来日となる「LET IT BE」です。我が中坊時代、夢中で聞いていたビートルズの声や演奏、衣装はもちろん、ちょっとした仕草までが忠実に再現されており、時代を追って進んでいくステージは、まるで本物のビートルズのライブかと錯覚するほど・・・。なんて、本物のライブは映像でしか見たことはありませんが。何と言っても「LET IT BE」の魅力は、約40曲ものビートルズ・サウンドを一気に聞くことができること。武道館公演の再現は鳥肌ものでした。そして実際にライブでは演奏されなかった曲、4人で演奏されることがなかった幻の曲をも、再現してくれることです。ビートルズの楽曲は、当時、最も複雑かつ、実験的な方法で録音されているものも多く、それらはライブでの再現は不可能とされていました。それを実際に4人でセッションする様子は、もしジョン・レノンやジョージ・ハリスンがまだ生きていて、ビートルズが再結成されていたらこんな感じなのではないかという想像をかき立てられ、我々オールドファンにはたまらぬ演出になっていますし、さらに解散後のメンバーの楽曲も秀逸なり。単なるモノマネショーを凌駕したエンターテインメントショー。ブラボーな一夜となりました。

《Setlist》クリックすると元のサイズで表示します
第1部
Ed Sullivan
  1. I Saw Her Standing There  2. She Loves You
  3. I Want To Hold Your Hand
  4. All My Loving
  5. Yesterday
BUDOUKAN(武道館)
  6. Help!
  7. She's A Woman
  8. Paperback Writer
  9. I Feel Fine
  10. If I Need Someone
  11. Twist and Shout
  12. Day Tripper
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  13. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
  14. With A Little Help From My Friends
  15. Penny Lane
  16. Strawberry Fields Forever
  17. When I'm Sixty Four
  18. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
  19. A Day In The Life
Abbey Road
  20. Come Together
  21. Get Back
  22. Revolution
  23. The End
第2部
  24. Because
  25. Got To Get You Back Into My Life
  26. What is Life
  27. Starting Over
  28. It Don't Come Easy
  29. Band On The Run
  30. Watch The Wheels
  31. My Sweet Lord
  32. Black Bird
  33. Here Comes The Sun
  34. Imagine
  35. Rock and Roll Music
  36. Roll Over Beethoven
  37. Long Tall Sally
  38. Live or Let Die
  39. While My Guitar Gently Weeps
Encore
  40. Back In The U.S.S.R
  41. Let It Be
  42. Hey Jude

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ