2018/5/13

vs コンサドーレ札幌〔J.League Division1第14節〕   FC TOKYO

5月13日『FC東京vsコンサドーレ札幌〔J.League Division1第11節〕』味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
この日はJ1リーグ2位3位の直接対決。前日、広島が勝っているだけに、首位追随するチャレンジャーとして負けられない一戦となりました。札幌といえば、J1残留を目標にしぶとく守って勝ち点を積み重ねた昨季から一転、"ミシャ"ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へいして攻撃に力点を置こうと志向している今シーズン。さてゲームは、生憎の大雨もあって、前半はキックオフから慎重な入りに。互いにストロングポイントを消し合い決め手を欠く両チーム。あと一歩のチャンスの場面もスリッピーなピッチに、ボールは走り、足元は不確かで、どちらにも勝利の女神は微笑んでくれません。結局、雨中の壮絶肉弾戦はスコアレスドローという結果に。これにて首位広島との勝点差は二桁「10」になったのは悔しい限りですが、このゲームに関して言えば、ミシャ監督談話「両チームともいい試合をしたと思う。球際の激しい締まった試合。お互いチャンスも多く面白い試合だったと思う」に同感。それにしても、JFK、健太、ミシャと、前チーム成績不振の責任を取り、事実上更迭された男たちが、W杯前のこの時期にJ1リーグで上位を占めるとは・・・期待は増すばかりで楽しみは尽きません。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



キャプテン No.48 張賢秀(チャンヒョンス) スタメン復帰
クリックすると元のサイズで表示します



前半29分 大森からのスルーパスに永井が抜け出しネットを揺らすもオフサイド
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



リーグ戦3試合連続無失点の立役者 No.33 林彰洋選手
クリックすると元のサイズで表示します



敵将ミシャと旧交を深め合うNo.8高萩洋二郎選手
クリックすると元のサイズで表示します



雨中の2位3位対決はスコアレスドローに
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ