2009/11/30

光と影  デジタルカメラ
写真とは突き詰めると光と影の組み合わせをどうするかのかなと思います。
最近はいわゆるディープシャドーのないゆる〜い感じの写真も流行っていますが、
それでもやっぱり明るいところと暗いところはあります。
シャドーがあるから、ハイライトが効果的に光るのでしょう。
これは屋外撮影でも、スタジオ撮影でも同じです。
ハイライトとシャドーをどう捉えるか。
その間の中間調をどうつなげていくか。
カラー写真の場合、これに色という要素が加わってくるわけです。

その点、白黒写真には色がありません。
なので、光と影だけで写真を構成せざるを得ません。

人間の目はどうしたってカラーでものを見ています。
でも、写真を撮るときには白黒化して見ると、意外にも素敵な被写体に出会えたりします。
最近のデジタルカメラは、ほとんどのモデルに白黒モードが搭載されています。コンパクトデジカメでもそうです。ちょっと写真を考え直したいと思ったときには、白黒モードで撮ってみると面白かったりします。

クリックすると元のサイズで表示します
スタジオ撮影は光と影を思い切りコントロールすることができるので、
外ロケではできないような写真を撮ることができます。
衣装とバックに合わせ、ライティングを考える。
ライティングだけでなく、露出、ホワイトバランス、ピントのすべてがマニュアル。
写真撮ってるな〜って感じがして、至福の時ともいえますw

ちなみに、カメラはニコンD3X
最近は軽くてちっちゃなカメラを持ち歩くことが多いですが、
やっぱりスタジオではこの手のカメラが一番使いやすいですね。
お仕事カメラとしては一番信頼しています。

このときの写真は玄光社さんのフォトテクニックデジタル1月号(12/20発売)に掲載されます。
モデルさんは、中島愛里さん(トヨタオフィス)。
グラビアアイドルとしてだけでなく、ドラマの出演も決まるなど大活躍の19歳。
真っ暗なスタジオに寝そべると、「眠くなる〜!」を連発する、とっても楽しい娘でした。
8

2009/12/1  11:55

投稿者:塙真一
>mさん
だから私はあえてわずかとはいえ色が付けられるモノクロ写真とは書かず、白黒写真と書いたんですね。
撮るときに光と影に注目するというお話をしたかったので。

温黒調、冷黒調ももともとはペーパーの色調のことですよね。
デジタルではセピア調なども撮影時に選べますが。
もちろんおっしゃる通り、仕上げに調子を選ぶのは大切なことだと思います。
ただ今回私が書きたかったことの本筋ではないので、あえて白黒と書いたのです。

http://gold.ap.teacup.com/hanawa/

2009/12/1  8:06

投稿者:
>白黒写真には色がありません

モノクロにも色味はありますよ。
温黒調・冷黒調・(昔はセピア調色もありましたね)等、黒色にも色が付きますね(笑)
黒の色味を選択するのは、モノクロ写真では結構大切だと思いますが、どうでしょうか?

http://ameblo.jp/sasurainoemu/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ