2008/8/28

私が「FP」と名乗らなくなった理由ー独立系FPがいない?  仕事

現在、弊社の名前は「永田町ファミリーオフィス」、NPOは「日本ファミリーオフィス
協会」だ。しかし、かつては永田町総合FP事務所という名前を使っていたこともあった。しかし、それは2年前にやめた。なぜか。。。

それは、現在のところ(多分ここしばらく)日本で「独立系FP」と名乗っていて「独立」
している人が見当たらないからだ。昔から「独立系FP」と言っていて、よく雑誌に
評論を書いている人はほとんど知り合いだが、彼らの目標は「いかに金融機関と
くっつくか」だ。大手金融機関のアドバイザーになれば、月々安定した収入になるからだ。

でも、「ちょっと待ってくれ」と声を大にしていいたい。
「独立系FPとは、「お客様の立場」から金融機関とは距離を置いてアドバイスする
専門家」のことであり、それが金融機関にくっついているのではその会社の社員(つまり
企業系FP)と同じではないか。
この点は「独立系」のキーであり、収入になる、ならないなどという問題以前の根本的な
問題ではないか。そこを崩すと全てが崩れてしまう。

しかし、日本のFP界をリードすべき古株FPの目標が「いかに大手金融機関の仕事
を取るか」では、日本のFP界に未来はない。だから日本のFP界には未だに優秀な
人が参入してこないのだ。日本の有力と言われるマスコミ露出の多いFPのやっている
ことは金融機関のサラリーマンと同じなのだから。
これでは夢も何もない。金融機関の若手の中には、何とかこの業界を変えてやろう
と考えている人も多いのだ。

金融先進国アメリカでは、ファミリーオフィスをやっている主体は「独立系FP」だ。
私の師匠格のジョージ・キンダーはハーバードを優等で卒業し、全米でもNO.1と
言われる独立系FPだが、アメリカではこういう人がファミリーオフィス
(独立系FP)をやっている。

日本のFP界がゆがんだ形で広がっており、これを是正するのは一朝一夕には
行かない問題ではあるが、何とか当協会が本来の「独立系FP」が果たすべき日本の
金融界改革(顧客重視への変革)に一石を投じる役割を担いたいものだ。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ