2016/5/31

幸せの国ブータンを見にいく vol.1  海外
今年のGWはカレンダーも良かったので、久しぶりに1週間休んで出かけてきました。
GW期間、日本発着の航空券はエコノミーでも高騰するので、予約の取りやすいビジネスクラスを早めに押さえておきました。

まず、ブータンと言う国、気軽に一人でブラブラと旅行できる国ではないのですよ。
ちょっと前までほぼ鎖国状態でしたから、今も外国人旅行者を気軽に受け入れる体制は整っていません。そんなんで、滞在中は常に現地ガイドとドライバーが随行すると言う格好になります。まあ、現地発の添乗員付パッケージツアーに参加しなくてはいけないって感じですかね。

事前準備として、ブータン旅行を扱う旅行会社を見つけて行程を組んでもらう事から始まります。今回は、現地3泊の行程を組んでもらいました。
内容は観光ビザ+バンコク〜パロ間のデュルクエアー往復航空券+全食事+ホテル+移動費で約17万円。このデュルクエアーは正規運賃しか存在しないので、その辺の比率が大きいですね。
この金額、どこに頼んでも同じくらいかかると思いますよ。

さて、事前準備も済んだので次は日本からの繋ぎを考えます。
まず、日本〜バンコクで安いとなるとやはりキャセイ。当然、香港経由になりますが、帰りに香港でストップオーバーがタダでできるしと即決。

そして、4月30日出発の日を迎えました。
今回の旅は、仕事繋がりのオッサン2人旅。1週間同一ホテル連泊なしの行程は結構厳しそうですが、何とかこなしてきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
羽田のラウンジはキャセイ単独なので、広くて快適です。

クリックすると元のサイズで表示します
朝食からワンタン麺いっちゃいます! もちろんアルコール類も充実してるので、朝から飲み始めてしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
羽田〜香港線は最後の活躍をするB747-400が就航してるのを知ってたので、これも狙ってました。何でも9月には残り2機、全て引退してしまうそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
さらにこの機材は長距離仕様なので、近距離なのにフルフラットシートに乗れるんですよね。
アッパーデッキは窓を背中にするので、外が見えないとは知らなかった〜

クリックすると元のサイズで表示します
もう既に結構飲んでるんで、食事が終わったら爆睡。
寝てる間に香港へ到着してしまった。

1時間ちょっとの乗り継ぎで、そのままバンコクへ。
香港のラウンジでもアルコール補給して、もう殆どブロイラー状態ですよ。バンコクまで3時間半、また食事が出るし全部食べるのも大変です。

日没間近の17:45。バンコクスワンナプームへ着陸。
明日の5時前にはホテルを出なくてはいけないので、空港に行きやすい安ホテルを予約しておきました。
ビジネスクラスだとイミグレーションもプライオリティーレーンを通れるので、あっと言う間に入国できるんですね。
空港鉄道で市内へ向かいます。相変わらず3両編成の車内は混雑。もう少し編成長くできんのかねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
泊まったホテルの隣が、バンコクで一番高いバイヨークタワー。折角なのでオープンエアーの展望台まで行ってみました。
エレベータが1台しかないので少々待ちますが、一見の価値はありますよ〜

クリックすると元のサイズで表示します
短い滞在とは言え折角のバンコクなので、近くのインディアンレストランでグリーンカレーを食らいます。やっぱ本場のは安くて旨いな〜

しかし、朝から晩まで飲んで食ってを繰り返したので、かなり体重増えただろうな〜
翌日へ続く・・・

0

2016/6/1  18:46

投稿者:line
Cedarさん。
有難うございます。
ブータンは鉄がないので、その辺の話題は後半の香港編に
ご期待ください(笑)

2016/6/1  12:32

投稿者:Cedar
アジア旅の記事はついつい反応してしまいます。
ブータンとは楽しみなような、でもないような。
でも楽しみです!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ