2016/6/10

幸せの国ブータンを見にいく vol.2  海外
梅雨入りしましたねぇ〜 関東は水不足らしいので、少しは降ってもらわないと夏が大変そうです。

さて、翌日は4:30にホテルをチェックアウトして再びスワンナプームへ。もちろん電車は走ってないので、タクシーを拾って空港へ向かいます。道路を使ってもアクセスの良いホテルを取っておいたので、30分所要の250Bで行けましたよ。
帰りもバンコク乗り継ぎなので、また同じホテルにお世話になります。一泊2,500円の安ホテルですが、寝るだけと割り切れば十分でした。

ブータンを旅行するためには、ここから航空券も含めて旅行会社に依頼しないとダメなんです。
そんなんで、ここから先はほぼ至れり尽くせりで、個人的に金を使う事が殆どありません。食事の時のアルコール代程度と踏んでるので幾ら両替するか悩むところです。

初めて乗る、ドュルックエアーはIATAにも所属してないので、荷物もスルーでいかないしかなり強気な航空会社ですよ。
KB141便は定刻にバンコクを出発し、インドのゴハティを経由してパロへ向かいます。インドを飛び立つと約30分でパロです。

飛行機好きなら知ってる人も多いでしょうけど、ブータンの玄関口であるパロ国際空港は世界でも有数の着陸が難しい空港の一つとなってます。今もILSのない有視界飛行のみで、空港管制、進入灯の類もいっさい無し。おまけに平地が殆どない国なので、山の裾野をクネクネと曲がりながら滑走路へアプローチするのですよ。
暗くなったら飛べないし、視界が悪くても降りられないと条件は最悪なので、他国の航空会社は一切入ってきません。
私ゃ事前にこの事知ってたので、乗ってる時はかなりドキドキものでした〜

クリックすると元のサイズで表示します
最終日のホテルがちょうど空港脇だったので、パロへ着陸進入してくるA319を撮ってみました。
滑走路が2000mあるので、A320でも良さそうなのに。

クリックすると元のサイズで表示します
日本でも一躍有名になった5代目国王夫妻の写真が出迎えてくれます。
後日、何とこの国王夫妻に会う機会が訪れるとは思っても見ませんでした〜

クリックすると元のサイズで表示します
灼熱のバンコクと違ってちょうど良い気温です。
しかし、一国の玄関口としてはかなり小規模な空港ですね。もちろんボーディングブリッジなど存在しません。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の宿はパロから直線距離で約50km離れたプナカにあるのですが、とにかく山だらけの国なので、四駆でおよそ4時間ちょっとかかるのですよ。途中ダート道もあるし、車に弱い人はブータンを旅行するのは覚悟がいりますよ〜

途中、今回の旅で最高地点となるドチュラ峠、標高3150mで昼食。さすがに寒いです。

クリックすると元のサイズで表示します
ブータンの食事はとにかく野菜。殺生を嫌うので魚さえ獲りません。
ただ、これが味付けにバリエーションがあるので旨いんですよねぇ。

しかし、いきなり標高の高いとこへ来たので、普通に歩くだけで息切れします。

クリックすると元のサイズで表示します
標高1350mのプナカまで到着。
しかしこの光景、昔の日本の農村風景を見ているような錯覚さえ覚えます。

クリックすると元のサイズで表示します
突っ込み所満載ですが、今でも建物にはこのポーが書かれています!
お土産にこの手の物がありましたが、果たして日本で笑って受け取ってもらえるか疑問です(笑)
魔除けらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ブータン建築の代表格であるゾン。城として作られたものが今は役所になってます。
ちょうどジャカランダの花が満開でした。

クリックすると元のサイズで表示します
プナカゾンの中庭。木工装飾は手が込んでます。
ブータンでは基本的に室内は撮影禁止です。

クリックすると元のサイズで表示します
本日のホテル。おっさん一人で泊まるには勿体ないほどですよ。
コテージタイプの新しいホテルでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルの前に広がるプナカの街。
ホテルは高台にあるため、ある意味幽閉されたような感じです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
夜は満天の星空を眺めつつ、オッサン二人でブータンウイスキーを傾けます。
これが一杯、100円もしないんですよ! ホテル内でこの値段なので、街中はもっと安いでしょうね。
しかし、客も全然居ないしホテル業として成り立つんかな〜
翌日へ続く・・・

0

2016/6/14  20:38

投稿者:line
Cedarさん。
ちょっと春霞って感じだったので、ブータンヒマラヤが見
えず残念でした。
しかし、喧騒とかけ離れた世界ってホンと癒されます!

2016/6/11  10:57

投稿者:Cedar
期待通り?の空気感ですね。
次回も楽しみにしています

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ