2017/4/2

ソウルでお気軽撮り鉄  海外鉄道
先週、久しぶりに撮り鉄してきました。
最近は撮り鉄も多く見かけるようになって、この日もホーム端に二人。ただ、こちら韓国語が喋れないのが歯がゆいところです。ただ、狙ってるのが数を減らしてる1000形、抵抗制御車だと言う事はわかりました。

まず、ソウルから近くて有名な駅撮りポイントである新吉駅へ。
京釜線、通勤区間の駅は全面ホームドアが設置されてるので、撮影には向かないとこが多いのですが、快速線のホームは今も柵だけなので、そこから列車線を撮影することができます。
新吉駅は快速ホームの先端(ソウル寄り)から一段下がった列車線が見渡せます。望遠があればSカーブを抜けてくる列車を正面から撮れます。

クリックすると元のサイズで表示します
午前中は逆光気味ですが、それほど苦になりません。
まずはKTX-山川、110000形。TGVベースのKTXよりシートピッチも広いし、座席も回転するので、乗るならこちらの方が全然良いです。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらが、初代KTX-T。プッシュプルの機関車も含めると20両編成となります。
今回、釜山〜ソウル間を乗ってきました。
しかし、集電パンタは最後尾の一カ所だけなんですね。
この区間は最も多くの列車が集中する区間なので、暇を持て余す事なく次々にやってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり数少なくなったムングファ号。
非電化区間へ直通する列車はディーゼル牽引でやってきます。牽引機は7400形でセミセンターキャブのアメリカンタイプです。7100〜7500形まで外観は同じに見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、電化区間へ直通するムングファ号。
ベースはヨーロッパ汎用タイプを踏襲する8200形、交流機。旅客列車は殆どこの機関車が牽引しています。

クリックすると元のサイズで表示します
数年前から運転を始めたITX-セマウル号。
高速鉄道完成前は、在来線最速であったセマウル号の後継車両。当時はディーゼルでしたが、この車両から電車となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
快速運用に入る1000形。塗装は剥げてるし、かなり痛々しい状況。
日本と同様、主力はステンレス車体に変わっている中、塗装車は貴重な存在のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
続いて向かったのが九老駅。
ここも快速線のホーム端から撮影できます。
車両は200000形ヌリロを使用したムングファ号。ご存知、日立製の電車です。
4両編成で亜幹線で運用されてます。

クリックすると元のサイズで表示します
8000形置き換え用に新製されている8500形電機。
今のところ貨物専用機のようです。
個人的には8000形電機が好みなんで、来るのを期待してたんですが全く見る事も叶わず。相当減ってる感じだな。

ソウルへ行った際、1時間でも時間があれば是非撮り鉄でも如何でしょうか。
昔のように、カメラ持って撮影してても奇異の目で見られる事もなくなりましたし(笑)、楽しいですよ〜

0

2017/4/3  20:50

投稿者:line
Cedarさん。
長距離列車は日本同様に形式が整理されてしまったので、
面白味も減ってしまいました。
今、最も熱いのは通勤型なんでしょう(笑)

2017/4/3  10:16

投稿者:Cedar
ソウルの車両もずいぶん置き換えが進みましたね。
新吉では私も駅撮りしたことがあります。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ