2017/4/30

氷点下の大草原の国 vol.1  海外
世の中GWの真っ盛りですが、私もご多分にもれず明後日から連休です。
さてさて今回もまたまた海外ネタです。
昨年の秋の話と、ちょいと時間が経ってしいましたが、自身27ヵ国目となるモンゴルへと出かけてきました。

モンゴルと言えば果てしなく続く大草原を思い浮かべますよね。ただ、10月のモンゴルは既に日本で言う真冬。10月の初旬でマイナス5度くらいとかなり寒いんです。当然草原も枯れてるんでしょう。

東京からは、モンゴルの首都であるウランバートルまでMIATモンゴル航空の直行便が飛んでいるので、意外とアクセスは良いんです。所要時間も片道5時間半とベトナム辺りと同じような感覚で行けます。

クリックすると元のサイズで表示します
14:40に成田を離陸し、ソウル、天津、北京上空を通過し内蒙古地域を北へ向かいます。
国境付近からは夕日を追いかけ、陽が落ちるとウランバートルへと着陸。
秋からシーズンオフになるのか、機材も小型のナローボディB737に変更されてました。しかし、モンゴル航空ってエコノミーでもシートピッチが広くて足が組めるほど。助かりました。

到着後、早速一服しようと空港の外に出ると、もう氷点下の世界。ところどころに雪も残ってますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
取りあえずホテルに向かい、荷物を置いて近くのレストランで最初のモンゴル飯。
メニューは全てキリル文字なので全く分かりませんが、写真が付いてるので雰囲気だけは何とか。焼きそばみたいなのがあったのでそれを注文。
まあ、見た通りラム肉がガッツリ入った大盛麺。油の量も半端なくて、全部食べるのはとても無理でした〜。あまり肉好きではないので、これから先が思いやられるな(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
翌日は大草原ツアーを予約してたので、午後からはそれに参加。
何しろ公共交通機関は市内に限られるので、郊外の平原へ行くためには何かしらのツアーに参加するしか方法がありません。

朝食後、ホテルの近くにあったチベット仏教寺院を訪れてみました。
建物内は暖房が効いてるので、修行僧も結構楽だよな。日本の方が厳しいかも。

クリックすると元のサイズで表示します
トタン壁の中には、ゲルが建ってるんですよ。
定住化が進んでもゲルに住む人が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します
意外と大都会なウランバートル市内。
看板もキリル文字なので、全くわかりませ〜ん。

クリックすると元のサイズで表示します
市内を走るトロリーバス。
混雑してる時間はスリの温床との事なので、乗りませんでした。まあ、市街地はそれほど広くないので歩いても回れます。

ウランバートルは治安が悪いと聞いてましたが、まあ、普通に歩いてる分には全く気になりませんでしたね。

草原ツアーへと続く・・・

0

2017/5/1  19:37

投稿者:line
モンゴルはビザも不要だし、もっと脚光を浴びても良いん
ですけどね。
東南アジアに比べるとまだLCCが就航してないので、その
辺も行きにくさを助長してるんですかね。

2017/5/1  8:33

投稿者:Cedar
ウランバートル〜近くて遠い感じですね。
続篇楽しみにしています。

http://cedarben.blog.so-net.ne.jp

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ