2017/6/4

Y158団体列車に乗ってきた  鉄道
先週の話ですが、久しぶりに団体専用列車に乗ってきました。
毎年、横浜セントラルタウンフェスティバルに合わせて運転される団体列車で、使用車両も毎年異なっており、今年は189系でした。
走行ルートが貨物線主体なのでその辺に惹かれて、発売と共にビュープラザで乗車券をゲット。結局、発売15分で600席分完売だったそうです。

この列車いつ頃から走り出したのか不明ですが、地元を通る事が多いので、昔のデータを探したところ出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します
2010年のY151。

クリックすると元のサイズで表示します
2012年のY153。
この後は特に撮ってなかったよう。

そんなんで、当日の朝を迎えます。
まず、事前に送られてきた乗車券類ですが、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
側線で折り返したりするので、最寄り駅までの乗車券が必要なようです。

クリックすると元のサイズで表示します
始発駅の石川町では、凝った表示がしっかり出てます。
地元の熱の入れようが伺えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
根岸線の隙間を縫って入線。
当然のごとく、数分のうちに乗客を乗せ出発。

桜木町で根岸線から分岐し、東扇島へ向かう貨物線へと進入。この区間を通るのは初めてでしたから、中々興味深い。
東扇島で長〜い運転停車の後、鶴見駅側線でまた停車。まあ、乗るのが目的ですから、ノロノロと走ろうが関係ないですよね。ただ、私ゃ少々イラつきましたが(笑)
その後、鶴見川を渡って南武支線へ入り浜川崎の側線でスイッチバック。
てっきり、そこから南武線の尻手、新鶴見短絡線に入るものと思ってたのですが、元来た鶴見へ戻ってまたスイッチバック。これは期待外れでしたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
普段は見れない新鶴見機関区の裏側を通って、新鶴見操車場で運転停車。
またスイッチバックして再び鶴見へ。そこから羽沢貨物線を通り横浜羽沢駅で運転停車。この区間は殆どトンネルなので、意外とつまらなかった。
東戸塚手前でトンネルを抜け、あとは小田原まで東海道貨物線を結構なスピードで走り抜けます。

クリックすると元のサイズで表示します
途中、馬入橋で本線を走る踊り子に抜かれたくらいで、さすがに普通列車に抜かれる事はなかったですね。
小田原で本線に合流し、やっと下車できる根府川駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します
喫煙者にとってはここで一服といきたいとこですが、駅構内は禁煙区間。
改札外へは出られませんと放送してましたが、ここは無人駅。あとはご想像にお任せします(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがに団体列車だけあって、それなりのイベントもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
同じコースを戻り、茅ヶ崎駅で再び下車。
下車と言ってもライナーホームに降りれるだけで、駅構内へも出られない状態。
さすがに、昼も過ぎてるので売店くらい行かせろと苦言が出たのか、階段先の売店へは行けるようになってました。ただ、これも公けの話ではなさそうでしたよ。

ところで、このお姉さん知ってますか〜
元町リカちゃんそっくりの格好をした、商店街の有志の方々のようですね。ここには載せられませんが、オッサン的にはツーショット撮ったりと楽しかったっす。
もう、鉄より色気に釣られるようになってきたよな〜(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
石川町で下車した後、山下公園にあるイベント会場まで行かないと記念品が貰えないので、ブラブラ歩きながら行ってきました。
まあ、そうでもしないと地元にお金が落ちないでしょうから、やむを得ないですね。茅ヶ崎で食料の調達ができないのもそのせいかも知れないな〜。
あっ、記念品はキタムラのオリジナルトートバックと缶ビール1本(冷えてない)と柿ピーでした。

来年もまた別コースがあれば乗って見てもよいかな〜と思える企画でしたよ。

1
タグ: Y158 団体列車 横浜

2017/6/20  21:01

投稿者:line
この手の企画は、気軽に参加できるので人気あるでしょう
ね。
ただ単に、列車に乗るだけでなく土産を付けるとか、一般
受けも高そう。次回もルートが変われば乗って見たいです
よ。

2017/6/5  19:25

投稿者:シービー
こんばんは。
色々と制約があり結構大変ですね。
7月にも貨物線メインで走行する企画列車、売れ切れてしまったようです。
それと、私は真ん中のオネイちゃんが好みです(笑)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ