Salon LOTUS 公式ホームページ

セラフィーナ美梨子監修 ポータルサイト
〜天恵の祝福〜至福の愛のひとひら〜

〜ご予約状況〜


ドリーン・バーチュ博士公認ビギナーAI・AngeIntuitive 上級Advanced習得天使セラピスト〜
セラフィーナ美梨子が大阪市で主宰します 幸運・輝きを開く〜天のお導きサロンです。




RSS更新通知パーツ

2017/6/30

浄化〜ピュリファイの大切さ。  聖なる言霊。


梅雨らしい雨が しとしとと降り注ぐ中で


まもなく今年も海開き 山開きを迎え


海の神 山の神が地上へ顕われる神々の呼吸を感じるこの頃です。





サロンでのセッションでは


今年前半の運勢の浄化を 大切に育ませていただいています。 





「浄化」 という言葉は


もう聞き慣れたお言葉かもしれませんが



私達が生きる21世紀 女神 女性性の時代と 楽に順応するために


もっとも大切な基礎 不可欠なものは



「浄化」 です。





世間の荒波にのまれるのではなく


ただただ 多忙な時間 義務 世間体に追われるのではなく



私達の心身 細胞 魂は


本来のお姿に 本来の居場所に戻りたがっています。





本来のお姿に 本来の居場所に戻れますよう



普段の日常では 中々ケアしにくい 私達の神聖なところ(オーラ)を


ヒーリングという天の石鹸で 綺麗に 清らかに浄化して 


癒しが必要な所には 光のお手当をするように



LOTUSでは ヒーリングの要素を大切にしています。





ヒーリングのひと時は


自分だけの特別な時間  本当の自分の素顔に戻れる時間。


運勢の軌道修正の時間というようなお言葉をよく頂戴しますので



ヒーリングやリーディングのひと時を通して

皆さまの幸福な人生に寄りそわせていただけることを


とても嬉しく思っています。






「浄化」 というお言葉は


時には重々しい 不快 ざわつきを生じる時もありますので


お人にとっては 浄化というお言葉に


ちょっと 苦手意識を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。






浄化に込められている天の愛は



浄化が進んでゆくほど 自由 ゆとり 善きものが増幅して


愛 幸福 感謝を感じる感性や感度が 純粋に深まってゆくことです。





私達は浄化を通して 進化成長してゆきますので



進化成長というのは 


人生に訪れるあたたかい愛や優しさ 喜び 豊かさ 感謝の深みが


水の波紋のように どこまでも広がってゆくということです。




クリックすると元のサイズで表示します




ですので浄化の育みは


私達の命が この地球上で自分らしく幸福に 心豊かに生きるための


地球学校の授業 カリキュラムみたいなものです。





よく浄化の事で セッション中に天使が語らうことは




「浄化からもたらされる 内面のあらゆる感情 想いは


判断や責めることなく 顔をそむけることなく


通り過ぎる雲を見つめるごとく 感じきりましょう。


感じきることで光に変わり 運勢が癒され 幸福が甦ります」






時に 感じきる作業がお辛い時には

天使ミカエルとウリエルをお呼びしてサポートいただいてくださいね。




天使は 私達の浄化のお手伝いと

真実へのお導きのご存在です。 


 



以前にご紹介いたしました天恵記事の祈り文の



「まわりて めぐる」



「今夏 お空から降り注ぐ天の聖水」

http://www.lotus81.com/tenkei81/tenkei81-22.html





今夏 今年は この言霊を 繰り返し唱えてみてくださいませ^^





滞っているエネルギー絡まっているエネルギーを 


さらさらと洗い流して


善き循環 運勢の循環をもたらす聖なる祈りです。





例えば 人間関係 お金 健康 時間 心情にご不安要素がある時や


今の人生のステージから より次元の高いステージへ飛躍したい時に




「まわりて めぐる」 と 唱え続けます。





まわりて めぐる天の光輝は


私達に たえまない潤いの恵み 潤いの大地をもたらします。





祈りは今と望む未来 そして真実の自分へとつなぐもの。




素敵なおまじない感覚で大丈夫ですので


軽く口ずさむように 聖なる祈りを唱えられて


心身 魂 オーラをピュリファイされますように。





追伸。 そういえばですね。

空宙くんは 「めぐりて まわる」 と上機嫌で唱えていました。





Love and Light.






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ