2008/2/28  23:59

ボディビルダー山田 雑誌に登場  diary

ルネサンス三軒茶屋のフィットネスチーフ山田さんが、雑誌に登場した。

数日前に「今度雑誌に出るから、見てね。」と、言うので

「何の雑誌?」と聞くと、
「ボディビルディング!」

「ぼ、ぼ、ぼでぃびるでぃんぐぅぅぅ」

見てくれと言われて、「はい見ましたよ!」じゃなんなので、買ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

あ、今までコテコテのごっつい表紙だったのが、なんだか可愛らしく。
お、いきなり表紙に山田さんが出てる。

えーっと、、、
クリックすると元のサイズで表示します
コーナーの表紙がこれですかあ!!

インタビューの中で印象的なのは、先日も紹介した大会に向けた絞り、体脂肪燃焼。
これから半年かけて落としていくという、ゆっくりと確実に落としていく方法を取っています。
1ヶ月に2kgを目安にしているとのこと。

急ぎすぎないのが筋肉を落とさず体脂肪を落とすコツ。

ボディビルって毛嫌いされますが、僕達は基本的にはこれと同じ事をやっているのです。
少し柔らかいバージョンで。

ボディビルって車で言うF−1です。
あんなのいらないって言われますが、F−1があるからよく曲がり、よく止まり燃費がいい車が出来るのです。
それの技術を一般車が使っていく。

ボディビルも同じ。
筋肉を作って体脂肪を落とす。

そこで切り詰めたことをやって、ギリギリを目指すから、効果的な体を変える方法が分かってくるのです。

なので普段も山田さんの話を聞いてて参考になることは大いにあります。

女性の体作りでも同じなのです。
ただ一般的には感情面を考慮し、マイルドな運動が流行るんです。

クリックすると元のサイズで表示します
しかしこんな一生懸命な顔見たことないなあ。
いつもなんでも余裕がありそうな雰囲気なので。


もう一つ雑誌ネタ。
クリックすると元のサイズで表示します
なんとあの怪物GT−R(480馬力)は1年後にVスペックという軽量化された530馬力でポルシェGT2に対抗するバージョンを出して来るのだが、さらにその後にこんなSUVのGT−Rを出してくるとの噂!というか雑誌にスクープ!

確かにこれをすれば開発資金が今の高いと言っても内容的に格安な770万は回収できないと言われたものが、回収できるでしょう。
しかもそのまま480馬力でトルクも60kgとは!
クリックすると元のサイズで表示します
でも僕は今のGT-Rがいいな。
両方あれば尚よし。

あくまで夢です。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ