2017/2/14

【24ブラックバード】バレンタイン・フライトオブトラッフル  ボンボン

Happy Valentine's Day!米国時間ではまだ13日なんですが、日本では日付が変わりましたね。

現在超お気に入りのトウェニーフォー・ブラックバード・チョコレート(Twenty-Four Blackbirds Chocolates)でも、バレンタイン向けの商品が!すでに紹介済みの、フライトオブトラッフル(Flight of Truffles)のパッケージ・デザインを変えただけなのですが。可愛いので買ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

24ブラックバードのパッケージやラベルは、すべて自社でデザインして印刷しているそうです。バレンタイン向けに、ハートとラブ・メッセージが配されています。メッセージは9種類!から選べたのですが、一番オーソドックスな「I LOVE YOU」と「KISS ME」にしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

いちおう1パックは夫用、もう1つは自分用です・・・。入っているボンボンショコラ自体は、前回と同じ5種類。正確な名称は左から、ダークチョコレートジブラルタルエスプレッソフレッシュスペアミトラベンダーブラッサムバニラソルトキャラメルです。
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり新鮮で高品質で美味しい〜(*≧ω≦)特筆すべきは、バニラソルトキャラメルのクーベルチュール・チョコレートがカカオ分100%であること。つまりまったく甘くないチョコレートなのです。これを、濃厚でスイートなバニラキャラメルと、口の中で合わせて味わいます。

ハイカカオなチョコレートになれていない人は戸惑うかもしれません。完全に混ざり合わずに100%カカオのみを感じることもありますし。でもその苦味がイイ、というファンも多いようで、このキャラメルのみのパック(5個入り)も販売されています。

アンチ・キャラメルな記事を書いたばかりですが、24ブラックバードバニラソルトキャラメルは超個性的で、一般的なチョコがけキャラメルとは一線を画します。塩加減もちょうどいいし、このバランスの良さは米国内では傑出しています。
クリックすると元のサイズで表示します

ですので、このミニアソートボックスであるフライトオブトラッフルに入っていても、違和感なく楽しめます。ハイカカオもキャラメルも両方好き!という人は、絶対ハマると思いますよ(´∀`)/



======================================

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると更新の励みになります!
どうぞ1日1回「ポチ」っとよろしくお願いたします(=^・^=)
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2017/2/11

【Restaurant C】ラズベリーチョコレートケーキ  その他のお菓子

本日はちょっと脱線、でも一応チョコレート風味の菓子でございます。以前も出てきたうちの近所のレストランCの、ラズベリーチョコレートケーキです。
クリックすると元のサイズで表示します

超ラブリーなバレンタイン仕様のケーキ♡ホールで見た時の可愛らしさにやられました。切れ目は入っていたんですけどね、壮観でした。他にも初めて見るケーキが2つくらいあったんですが、思わず赤とピンクのこれを選んでしまいました・・・。

ラズベリーソースが濃厚で甘い!チョコレートのスポンジはいつも通りふわふわで美味しいです。これは全体的に甘すぎたかな〜。アメリカ人好みのスイートさで、ちょとくどい。まあ、バレンタインですからこのくらい突き抜けちゃってもよいか、ということで。

でも冷静に、次に見かけたときにリピするかと言えば、しません(´Д`;)ていうか本当に今だけの季節の/気まぐれのケーキかもしれません。コーヒーにはとってもよく合いました!



======================================

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると更新の励みになります!
どうぞ1日1回「ポチ」っとよろしくお願いたします(=^・^=)
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2017/2/10

【チョコレート】に求めるもの  チョコよもやま話

バレンタインデーが近づいてきました💗

それに伴いこのブログへのアクセスも増えており、今さらながら盛上りというか影響の大きさを痛感しております。アメリカのチョコレートを中心に記事を書いてきて、時々放置したりもしてますが、これからも一ショコラファンとして、米国ならではの視点でやっていこうと思っています。

拙ブログ、かなり偏りがあります。それは紛れもなく私の好みによるもので、すでにご承知の方もいらっしゃるかと思います・・・いつもお読みいただき感謝いたしております(*´ー`*)

折しもバレンタインデーという機会に、この個人的なブログの個人的な好みについて、いくつか明言しておくのもいいかもしれない、と思いたち「よもやま話」として記すことにいたしました。
クリックすると元のサイズで表示します

多数あるブランド&製品の中から、何を基準にチョコレートを選び愛好しているかという、私の傾向の話ですので、読み飛ばしていただいて結構です。興味のある方だけどうぞ・・・。
続きを読む

2017/2/9

【24ブラックバード】フライトオブトラッフル  ボンボン

トウェニーフォーブラックバード・チョコレート(Twenty-Four Blackbirds Chocolates)の製品はほとんどがバー(板チョコ)ですが、数少ない例外の一つがこちら。フライトオブトラッフル(Flight of Truffles)です。
クリックすると元のサイズで表示します

5個入りと12個入りがありますが、トリュフ(ボンボン)1個あたりの単価は5個入りの方が安いです。普通逆ですよね。またはそのように値付けするのが、業界の慣例になっているような・・・。24ブラックバードは(箱の)コストから販売価格を定めているようで、真摯な姿勢がここにも見てとれます。

今回は自宅用ですので5個入りを購入しました。またしても素朴ですが、センスを感じさせる可愛いらしいパッケージ。5つすべて異なるフレーバーです。めちゃウマ。それぞれに驚きが隠されていて、最後まで本当に楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します

左から順にいきます。赤茶はダークで、ボリビア産カカオのガナッシュだそう。つまりパロスブランコスと同じカカオを使用でしょうか。クーベルチュールは薄めで、柔らかいガナッシュが風味豊かです。黄色はエスプレッソ、ガツンと来ます。すごい濃厚でおいしい。

緑はミント、素晴らしく爽やかで、かといってスースーしすぎません。薄荷(はっか)と呼びたくなる、クラシカルな風味でした。紫はラベンダー、ほんっとうに素晴らしい花の香り。こんなにラベンダーを感じられたショコラは初めて!黒に白点はキャラメル、ゆるめのキャラメルが100%ダークチョコレートで引き締められ、甘ったるい後味とは無縁\(^0^)/
クリックすると元のサイズで表示します

本当に美味しかった〜。24ブラックバードはボンボンショコラも極上で、期待を裏切りません。大満足です。お値段としては、板チョコは高価ですが、ボンボンはお得でございます。今後も贔屓にしていきたいと思います。




======================================

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると更新の励みになります!
どうぞ1日1回「ポチ」っとよろしくお願いたします(=^・^=)
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2017/2/8

【24ブラックバード】パロスブランコス  板チョコ

トウェニーフォーブラックバード・チョコレート(Twenty-Four Blackbirds Chocolates)のビーントウバー製品を連日レビューしてまいりましたが、いよいよ最後のバーとなりました。75%パロスブランコス(Palos Blancos)です。
クリックすると元のサイズで表示します

ボリビアの一地域である、パロスブランコス産のカカオを使って作られたチョコレートです。かなり強めの風味を感じますが、これまでのバーの中で一番ローストは浅いそうです。カカオ自体の豊かな味わいが圧倒的ですが、ハーブのようないい香りもします。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてレーズンぽいというか、ドライフルーツのようなフレーバーが、一番最後にきます。あー美味しい。これはめちゃくちゃ満足度高いです。しばらくほわ〜っと放心してしまう感じ。やはり素晴らしいクオリティでした。
クリックすると元のサイズで表示します

マダガスカルココアカミリと一緒に、3種類のチョコレートを撮ってみました。鳥さんのがマダガスカルで、一番赤っぽい色合いです。ココアカミリ(2)とパロスブランコス(4)については、外見上の差はあまり見られません。
クリックすると元のサイズで表示します

24ブラックバードならではの一言メッセージ、また書いてありました。「自転車に今日乗りましょう!」、だそうです。欧米では自転車は交通手段ではなく、スポーツ/エクササイズとして乗ります。つまり、今日このチョコレートを食べたらエクササイズしましょう、という意味で、ちょっとしたジョークになっています。



======================================

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると更新の励みになります!
どうぞ1日1回「ポチ」っとよろしくお願いたします(=^・^=)
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2017/2/7

【24ブラックバード】ココアカミリ  板チョコ

トウェニーフォーブラックバード・チョコレート(Twenty-Four Blackbirds Chocolates)は、カリフォルニア州サンタバーバラで上質なビーントウバーを製造しているチョコレート会社です。本日は75%ココアカミリ(Kokoa Kamili)をご紹介します。
クリックすると元のサイズで表示します

ココアカミリは、タンザニアのオーガニック・カカオ生産の中心的存在で、農家からカカオ豆を相場より高い価格で買い付け、発酵作業を一手に引き受けている組織です。これにより一貫した高品質と、安定した供給が保たれるという仕組みになっています。

多くのチョコレート会社がこちらからカカオを調達していると、今回調べてみて初めて知りました(´ー`*)ダンデライオンマストブラザーズレイクシャンプレーン、などなど・・・。さて、24ブラックバードココアカミリは、どんな風味かといいますと。
クリックすると元のサイズで表示します

口に入れた時の第一印象は、軽めの味わいで食べやすい感じ。などと思っていると、どんどん苦味や渋みがやってきます。ナッティでちょっとアーシーな風味が広がり、最後はまた、さわやかな甘いフレーバーで締めくくられます。この味の変化はとても好きです。

こういうビーントウバーのチョコレートって、ありそうでないかも。つまり軽やかなんだけど、味が薄いわけではなく、個性がないわけでもない。焙煎過剰で重厚さ偏重なチョコレートより、私はこちらの方が好きです。決して押しつけがましくなく、それでいてカカオの風味を堪能できます。
クリックすると元のサイズで表示します

また一言メッセージが書いてありました〜。「地球を守ろう。チョコレートのある唯一の惑星ですから。」だそうです。ユーモアを漂わせながらも真理。サステイナブルで平和な世の中でなければ、チョコレートは食べられませんからね。

24ブラックバードには、シングルオリジンのバーが全5種類。残りあと1種類となりましたが、明日以降につづきます。



======================================

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると更新の励みになります!
どうぞ1日1回「ポチ」っとよろしくお願いたします(=^・^=)
にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへにほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ