日本と地球の命運

 

カレンダー

2017年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:戦略ロケット空軍
前田さま、いつも貴重な情報を提供していただき、ありがとうございます。リビアのカダフィ大佐ですが、鬼畜米英に国を売っていたイドリス王が1969年9月1日、トルコを訪問していた隙に電撃的にクーデターを起こし、指導者になった人物です。リビアは豊富な石油資源を持ちながら、膨大な利益を鬼畜米英に奪われており国民は貧しい生活で苦しんでおりました。これら帝国主義勢力を追い出し、石油収入を国民に配分して生活は画期的に向上、リビアでは教育も医療も全て無料になっております。

この事実は講談社から「カダフィ正伝」として1990年に出版されております。当方も読みましたが、鬼畜米英がテロリストと宣伝するカダフィ大佐の真の素顔が語られている貴重な本と言えるでしょう。彼はイドリス王の時代に鬼畜米英が持っていたリビア国内の広大な軍事基地も全て追い出しましたが、ここに在日米軍をどうすべきかの答えが示されていると思います。
投稿者:戦略ロケット空軍
前田さま、いつも貴重な情報を提供していただき、ありがとうございます。リビアのカダフィ大佐ですが、鬼畜米英に国を売っていたイドリス王が1969年9月1日、トルコを訪問していた隙に電撃的にクーデターを起こし、指導者になった人物です。リビアは豊富な石油資源を持ちながら、膨大な利益を鬼畜米英に奪われており国民は貧しい生活で苦しんでおりました。これら帝国主義勢力を追い出し、石油収入を国民に配分して生活は画期的に向上、リビアでは教育も医療も全て無料になっております。

この事実は講談社から「カダフィ正伝」として1990年に出版されております。当方も読みましたが、鬼畜米英がテロリストと宣伝するカダフィ大佐の真の素顔が語られている貴重な本と言えるでしょう。彼はイドリス王の時代に鬼畜米英が持っていたリビア国内の広大な軍事基地も全て追い出しましたが、ここに在日米軍をどうすべきかの答えが示されていると思います。
投稿者:紫音
天皇VS菅
____<の「世界財閥原発原爆トラスト戦争屋」のシナリオ構造ですね。


▼生後から既に【脳性薄弱】であった、里子【大正天皇】も然り。
▼ヒロヒトは【脳性薄弱大正天皇】と、里子【節子(貞明)】の
▼【子供ではありません】。

____________つづきます−1

http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001
投稿者:まき
昨夜、夢でUFOの艦隊<UFOの集団>を見ました。それは青空に現れました、銀河連邦新指導部のUFOだったのでしょうか。
ファーストオープンコンタクトは近いのでしょうか
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ