日本と地球の命運

 

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:keiko
アメリカ在住です。

とらおさんのご意見、拝見しました。

そういう考え方も有る事は理解出来ますし,アメリカ政府の,特にブッシュ政権のデタラメぶりを考えると、一概に否定出来ないとは思います。

しかし、今のアメリカの銃器法は余りにもゆるすぎで、銃に依る事故も多く,どこで銃を持った一般人に出会うかもしれないという不安と共に暮らしているのも事実です。

協力な軍隊を持ったアメリカの権力者達が、一般の政府崩壊へ向けてのレシスタントを、そこ迄恐れているとは思えません。

私は銃器法を厳しくする事に、賛成です。
安全な日々の生活が大事です。
投稿者:とらお
米国在住者です。
日本でいう幼稚園に1人の若者がマシンガンと思われるものを持って入り込み、聞いたところでは20人の子供が亡くなったそうです。コネチカットで起きたことです。

これによって、政府が銃器法を改善して<一般人には買えないようにする>という動きが出始めています。これは恐ろしいことですが、政府の陰謀ではないかと思えてきます。

これが子供を生け贄に捧げる意味合いもある、レピタリアン変身体らが一般の政府崩壊へ向けてのレシスタントを予測した上での、銃器不法所持の法律へと変えようと...している過程の策謀ではないかと思えて仕方がありません。まさにナチズムの陰謀である気がして仕方がありません。
白人ユダヤ以外のアメリカ国民を囚人化させる計画が開始されたのでしょうか。
ブロックス等から何か通信がありましたら、記事にしてくださいませんか?。。。とても気になります。

こういうことについて、ブログで英語で記事を書いている人もいますが貼れません。許可をとっていないので。

こちらの記事は読んでいます。ありがとうございます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ