2021/3/6

仁淀川アゲイン  風景歳々

年末年始に訪れた仁淀川、豊かな自然と美しい仁淀川を見ていて、『夏ちゃんを連れて来たい』と思ったのを実現させました。
     クリックすると元のサイズで表示します
高知をリスペクトして鰹君のチャームを着けてます。
 クリックすると元のサイズで表示します
川面に山々が映りこんでいます、水が澄んでいるからですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 
わんこ同伴で行けるお店もリサーチ済です。
 野菜ソムリエさんのピッツァ屋さん 畑山ガーデン
 テラス席はわんこ同伴OKです。
先客にも、可愛いシュナちゃんが居ました
 クリックすると元のサイズで表示します
もちもちの生地の大きなピッツァ🍕
 クリックすると元のサイズで表示します
フルーツトマトのサラダ、
フルーツトマトのスムージーは絶品でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
  夏も賢く、椅子にお座りできました
 

2021/1/1

謹賀新年  風景歳々

謹賀新年門松「明けましておめでとうございます」と言いにくいようなご時世ですが、新しい年は明けました、どうかコロナが少しでも収束して平安な日々が戻りますようにと祈念しています。

年末年始のgotoトラベルの停止を受けて検討の結果、日程を1日減らして高知県の仁淀川に行ってきました。2019年のお正月に訪れて見た仁淀ブルーをまた見たいと思ったからです。
   クリックすると元のサイズで表示します
お宿は、「くらうど」さん、こちらはエレベーターが無いお宿です、4階まで自ら荷物を運んでくださった支配人さんが「gotoトラベルの停止で予約の半分がキャンセルになりました」とおっしゃってました。全12室のうち洋室は3室、大きな窓からは「くらうど」の名前の由来の蔵や仁淀川と山々が見えます。
   クリックすると元のサイズで表示します
年末年始お天気に恵まれ、晴天でぽかほかと暖かい日中でした。
   クリックすると元のサイズで表示します
西条市は青石の産地として有名です、石畳は青いですよね。  
   クリックすると元のサイズで表示します
仁淀ブルーの仁淀川にかかる沈下橋、濁流でも流されないようにと沈むことを前提に作られた欄干などの無い橋です。こちらは、名越屋の沈下橋、仁淀川の最も下流の橋です。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
村落の道沿いにはたわわな実を付けた南天が輝いてます。


前回は、中津渓谷を訪れたので、今回は秘境で神聖な場所とされている「にこ淵」に行ってみます。こちらは、村の娘さんが大蛇に変身したことを嘆いて身を投げたと言われている場所です。美しい滝と仁淀ブルーに心が洗われるようでした
   クリックすると元のサイズで表示します
   

2020/11/14

錦秋の和歌山城  風景歳々

和歌山で紅葉もみじといえば和歌山城デショ城
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城で、平山城です。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
    ↓私的ベストショット
   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
     水面の紅葉も趣があります。 
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
     青紅葉も美しい。
   クリックすると元のサイズで表示します
和歌山城の近くでお茶を・・・なかなかカフェが無い中でいい店がありました。ダイワロイネットの中の、「ラ パティスリー シュシュ」
   クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 和歌山城  紀州藩

2020/9/20

坂本 西教寺  風景歳々

明智光秀ゆかりの寺院の西教寺、「麒麟がくる」のファンシャーとしては行かなくては

戦国時代、織田信長の「比叡山焼き討ち」により焼失しましたが、その後、寺の復興を援助したのが焼き討ち後に坂本城城主になった明智光秀なんです。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 明智光秀の正室の煕子さんや一族の墓があります。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   
比叡山にはもともと、猿がたくさんいたことから、坂本一帯の神社仏閣では、猿は神様の使いとされていて、西教寺では「護猿(ござる・まもりざる)」と呼ばれていて、西教寺の屋根の上には色々な姿のお猿さんの姿が見受けられます。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
立派な門が額縁の様、その奥には琵琶湖が見える絶景。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   広々として、清々しいお寺でした

そして、坂本と言えば「日吉そば」比叡山坂本駅からまっすぐに伸びる参道脇の古い佇まいのお店でにしん蕎麦を戴きます。お庭も拝見できます。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します

2020/8/8

麒麟がくるドラマ館  風景歳々

「麒麟がくる」はお休み中ですが、ドラマ館は開催中なので行って見ました。亀岡の京都サンガスタジアム内の特設会場です。広い広い駐車場、本来ならきっとここにはたくさんの観光バスや自動車が駐車していたことでしょう・・・数台しか停まっていなくて
   クリックすると元のサイズで表示します
      入口には甲冑が並んでお出迎え。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
「平和な世には麒麟がくる」と言われたその麒麟の彫像です。
   クリックすると元のサイズで表示します
麒麟はその時代を作る覇者のもとに現れると言われています、覇者は織田信長なのか?明知光秀は自らが覇者になろうとしていたのか?本能寺の変の謎です。
   クリックすると元のサイズで表示します

会場内は、ドラマで使われた衣装・小道具が飾られてます、ドラマシアターは4Kで見ごたえがあり空いてたお陰で座ってじっくり見れました。「麒麟がくる」を楽しみにしている私にとっては大変値打ちのある催しでした。再開が待ち遠しいです

2020/6/26

高尾山  風景歳々

晴れました
一度は行って見たかった高尾山に連れて行ってもらいます。東京都下で初の日本遺産となった高尾山へはケーブルカーで上がります、すんごい急こう配の中を進みます。
   クリックすると元のサイズで表示します    ヤマユリが咲いてます、ひんやりして青紅葉も美しい。

ケーブルの駅を降りたところにオサレな建物「高尾山スミカ」がありここでしか売っていないという人気の天狗焼きをさっそく戴きました。めっちゃ並ぶ様子がネットに出てましたがやはりコロナ後なのか誰も並ばず・・・中の北海道産の黒豆餡が確かにおいしい、粒あんが苦手な私もOK
   
お馴染みのおみくじ、大吉だけど辛口のアドバイスつき(笑)

   クリックすると元のサイズで表示します
大天狗さんは団扇を持ったお姿 神通力で開運をもたらします。
   クリックすると元のサイズで表示します
   カラスのような嘴、剣を構えたお姿が小天狗さん。
    別名烏天狗。その剣で魔を断ちます。

ランチは下山して、高尾山唯一のイタリアンレストラン「FumotoyA」へ、いちおしメニューの石窯ナポリピッツァを戴きました。マルゲリータとシラスのピザと地産地消のサラダ、どれも本当に美味しかったです。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します

この後、天然温泉の極楽湯でまったり温泉髪の毛もつるつるぴかぴかになりました。

お茶は、あずさ珈琲という長野にまつわるカフェ?で初めて飲む、チーズミルクティー上半分はもったりしたチーズケーキみたいな味です。話題のドリンクなので飲んでみて得心しました。
      クリックすると元のサイズで表示します 

2020/6/20

宇治探訪  風景歳々

県をまたいでの移動が可能になりました〜南港のママタバサと新緑が美しい宇治を探訪しました。ランチは、創作ダイニング、宇治創こころさんで戴きました、びっくりするくらい全部美味しかったです花丸
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
暑くなくて涼やかに風も通って探訪にぴったりな気候でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
表参道を歩くとお茶の焙煎のいい香りがしてきます
    クリックすると元のサイズで表示します
松の木がシンボルツリーのスタバ、お庭もあります。
    クリックすると元のサイズで表示します
    黒板アートも素晴らしい
    クリックすると元のサイズで表示します
宇治らしいオーダーをしたのはママタバサ、私は苺のフラペ(笑)
    クリックすると元のサイズで表示します
お庭も拝見しました、紫陽花が綺麗でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
「さわらびの道」には蓮の花も咲いてて風情があります。
    クリックすると元のサイズで表示します
  ハナミズキが満開でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
静かな「さわらびの道」の奥にある宇治上神社、本殿と拝殿は国宝で、世界文化遺産指定地域でもあります。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
宇治七名水の中で唯一現存する湧き水の「桐原水」
    クリックすると元のサイズで表示します
源氏物語ミュージアムは、コロナ禍のため入場制限が課されていましたがゆっくりと館内を拝見することが出来ました、NHKのドラマ「いいね!光源氏くん」にこのミュージアムを訪れる光源氏の場面があったそうで〜そのせいか若い女の子たちが多かったですぅ。
     クリックすると元のサイズで表示します
                ↑   平安時代の宇治川の様子
かなり有名なラクカフェさんで仕上げのお茶をしました〜
     クリックすると元のサイズで表示します
宇治川の畔に佇んでまったりするのもいいですね。
     クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりの外出、思った以上に人出がありました、withコロナの時代なんだなと実感することばかりでしたが新生活様式の中で前向きに暮らしていきたいと思います。

2020/3/20

嵐山で出会った花達  風景歳々

お天気が良く気温も21℃と高かったこの日、桜も咲きかけてました桜満開の樹もありました。「パンとエスプレッソと」の庭園の桜たち。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  「パンとエスプレッソと」の庭園のムスカリ
  クリックすると元のサイズで表示します
   嵯峨野に向かう道
  クリックすると元のサイズで表示します
   桜に似てますが「杏」と名札がありました。  
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
   地植えのクリスマスローズが満開です。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
  洋花も負けずと咲き誇ります、シャーレーポピーさん  
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
   圧巻の椿
  クリックすると元のサイズで表示します
嵐山駅から出発して、嵯峨野をぐるりと回って竹林を通って駅に戻りました、沢山歩きましたが美しい花達を愛でながらでしたのであっという間でした 

2020/2/27

ちゅら島猫と桜  風景歳々

ちゅら島には、猫が多い、どの猫もふっくらとしていて毛並みも綺麗で幸せそうに佇んでる。避妊去勢済みを指す耳朶のカット(桜の花びらのようなので桜猫とも呼ばれる町猫)も多くて安堵する
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   曇りの予報が晴天に ピンクの濃い緋寒桜が満開です
                  (与儀公園にて)
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
                  
   アカバナもブーゲンビリアも咲いてて春爛漫です。
                   (壺屋やちむん通りにて)
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します 

2020/2/2

守山の菜の花畑  風景歳々

ネットで知った滋賀県の菜の花畑、昔「明るい廃墟」として有名だった守山ピエリのすぐ近くの第一なぎさ公園です、お天気もいい日曜日になりましたので夏ちゃんを連れて行ってみました車

1月から2月にかけて、カンザキハナナという名前の早咲きの菜の花が約12,000本咲き誇り、雪の残る比良山とのコントラストが映えショット、到着しましたらすごい人です、わんこもいっぱい。
   クリックすると元のサイズで表示します
カメラを持った人もいっぱいですが工夫をすると人が入らないショットも撮れます雪が少ない今年ですがイイ感じの比良山です
   クリックすると元のサイズで表示します
    本来なら2月末くらいまで見れるそうですがもう満開です。
   クリックすると元のサイズで表示します
暖冬の今年は、菜の花の上に雪が積もらないので真っすぐきれいに咲いているそうですよ。
    クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
      穏やかな琵琶湖湖畔から比良山を望む
    クリックすると元のサイズで表示します
       気持ちよくひんやり、ご機嫌な夏ちゃん



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ