カレンダー

2008
February
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

QRコード

リンク集

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

CREMASTER NOW

最近の投稿画像
7/24 先週のお詫びと来週…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

電車の座席について

 ろみーの投稿をサポートすべくオーナーのわたしが書いてみたいと思います。

 電車の座席ですが、ものすごくヘタっていて予測した高さより3センチほど低いために、がくっ、と硬いベンチに腰掛けたときのような意外性がありますね。このような部分はお尻の下のヒーターがもろに効いているので冬場はわざとそのような部分を探してしまう自分がいます。

 でもよく考えてみると、下からまんべんなく暖めているのではないだろうから、きっとある部分だけ特に暖かいのでしょうね。それとも何か工夫がしてあって、長い座椅子の全体が同じ温度なのでしょうかね。薄っぺらい板みたいになっていて、暖かさによって色が変わる温度計がありますけど、あの原理を座席のカバー全体に応用したらどうでしょうかね。

 座席の上の温度分布が一目瞭然なので、できるだけ誰かが暖めてくれた所へ座りたい人でも、逆に誰かが暖めたところが厭な人も、自由自在に選べるわけです。

 すると人気のある場所は常にオレンジ色で、人気のない場所は水色になっていて、なんだか何度も座り直して全部オレンジにするとか、そんな車内ゲームも出てきそうですね。
このアイデア、もしかしたら、特許とれるんではないでしょうか?

 なんだかワクワクしてきました、、、。
0
タグ: 電車 暖房
投稿者:フジタ

電車

ちょっと最近がんばってブログ更新してます。
なにかを地味に続けてみようかと、今年(やっとかよ!)、思ったがために。
たしか、小さい時から、コツコツ型です。

最近は穏やかです。
生きてるとイラッ!とすることも少々ありますよね。
でも、最近はそういうことにも「もう一声!」と心の中で望んだりしてます。いつぞや、どこぞやでネタにできるようにと。
まぁネタとか言っても店では無口ですけど。
1対1の方がこれでもしゃべる率は多いんですが、それだとバーの概念から外れますよね。
なんか、いつかテーマを決めてやってみたいなとは思ってるんですけど、『採算』ってありますし、なにより人を惹き付ける魅力の有無とかアイデアの問題とか空気が合う合わないとか読む読まないとかあるんで、もうちょっと色々考えてみます。たぶん。(最後の2つは自分で言っててどうかと思います。仕事だろ…と。)


さて、話がとびましたので、『もう一声!〜』 のくだりに戻ってください。
そういうわけで、仕事場や通勤の電車内に居る不穏分子AあるいはBなんかを避けてた筈が、最近はよく目で追ってます。ていうか探すために、車両では必ず3人がけの端っこの方に行ってたりします。
なんで彼ら(Bの方)は端っこによくいるんでしょうかね。
私も端は好きです。
でも、端っこばっかり人が座るから、意外とクッションがへたれてたりしてるし、後頭部辺りも(見えないものの)他人の脂でいっぱいで、けっこう不衛生だったりするのかなとも思います。

5年くらい前も端っこに座って寝ていたら、前に立ってたじじいが小さい荷物置場(幅20cmくらいのあるでしょ)に自分の持ってる荷物をガッシャガッシャ置いたりなんだりずーっと音たててるんで、うるさいなーと目を開けたら間髪入れず「(席)変わるっ?変わるっ?」って食い付いてきまして、びびって、当時ウブだった私は何も言えずに変わってしまいまして、…それが『後悔』という言葉を聞いて最初に思い出すエピソードです。
0
投稿者:ろみー

(なし2)

先日我が家の父の話をこのブログに記載した所、倖田さんのラジオでの発言の如く反響が凄まじかったので好評につき第2弾、その後の経過をお知らせしたいと思います。

うちの父は元気にやっています。
痔と生活、双方の均衡を保った穏やかな日々を送っているようです。

先日の3連休の最終日、私の近況報告も兼ね、母親とGINZAでブランチをとりました(うちの母は鼻につくほどミーハーなので銀座です)。
父は仕事で来れなかった為、バレンタインも近いとのことでビスキーな御菓子を母にゆだねました。

と、ここまでは親孝行な私をわざとらしくアピールしているまでにすぎませんが、お盆に帰郷した際
「クレーム係、つらい。仕事、辞めたい」
と嘆いていた50代中盤の父は今冬 会社の総務部の人間に今中途退職したらいくら退職金が出るかリアルに計算してもらっていたようです。
そんな折いい具合に部署変更があって、辞めるのをやめたそうです。

これが2月に初めてよかったなー、と思った出来事でした。
まあ娘視点からすると30年も働いてるんなら明日にでも辞めてもいいと思うんですけど。
「ばっくればっくれ」とか言いながらチャラ男みたいな辞め方をしてみて欲しい気もします。

ともあれ、皆様からの暖かい励ましの言葉、父娘ともどもお待ち申し上げております。
敬白
0
投稿者:ろみー
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ