カレンダー

2008
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

リンク集

 

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

CREMASTER NOW

最近の投稿画像
7/24 先週のお詫びと来週…

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

蚯蚓

嫌いなモノをなぜ嫌いなのかは知ってて悪いことはなかろうと思います。
知らないからキライってこともあると思うので。
というのを晩夏に思いました。
蜘蛛の網展っつーのに行ったんですが、それで蜘蛛を少しばかり好きになったのです。

さて、では苦手なモノ(28年生きてて今気づきましたが主に昆虫とバカな人間が苦手です)を知ってみよう、と思い、図書館に行ってゴキブリの本をさがしましたが古過ぎて触りたくないくらいの黄色い本しかなかったのでミミズの本を借りました。
結果…キライじゃなくなりました!
むしろ、ミミズは死ぬとすぐさまドロドロに溶けて土に還るって知って感動しました。
謙虚ですね〜。飛ぶ鳥よりも死にミミズのが跡を濁さなかったのです。

役立たずで気味が悪くて地味で湿っぽい根暗なヤツと思われがちなところも好感が持てるよなあ、と思っていたら、クソミミズという種類のミミズがいることが判りました。
親近感はそこまで持ちたくはなかったですが、あー、ミミズと私にはこういう繋がりがあったのかあ、と改めて思いました。
0
投稿者:ろみー

未更新の理由

モニタがブタ箱みたいになっておりまして。
暖かく見守っていく所存で御座居ます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:ろみー

聞き間違い

少々アレなお話ですが、今日、職場の人が別の人に「乳首ひねって痛い」と言っていて、「?!」と思いながら黙って話を聞いていたらどうやら話の流れ的に足首って言っていたみたいで、ひとりでニヤニヤしてやり過ごしました。
0
投稿者:ろみー

未送信メールを公開致します

携帯に未送信のメールが溜まってきております。
何かのメモのために取り急ぎメールに保存する、という手ならば皆様も「あるある」ではないかと思われますが、いかがでしょうか。
ほんの数件ならいいのですが、気づいたら20件になっていたので 大台にのったもんだ、とチェック&消去作業に入りました。
単純に書き途中のままめんどくさくなってやめたメール、気になる飲食店の名、今日の買うものリスト等がほとんどを占めておりましたが、それ以外のものをここに記そうと思います。

(1)『F・Jという男の名』
ただポツンと知らない男の名だけが記録されておりました。

誰? と思い念のためネットで検索してみると1件目にヒット!
売れっ子若手声優でございました。
…思い出しました。友人の仕事関係でした。


(2)『ふんごむ』
これは友人と話した記憶がございます。
方言です。
意味を忘れたので調べてみましたら、『柔らかい地面に足がのめり込む状態』で、「ふんごんだ!」とか、使うらしいです。


(3)『ワスプ』
これも何か気になったのでメモった記憶がありますが、何発(なに・はつ)なのかはまったく憶えておりません。
意味合いは
・スズメバチ
・怒りっぽい人,気難し屋
・アングロサクソン系の白人新教徒
のいずれかに相当するようです。私の事だから2番目か。


(4)『19日 夜8時くらいから9時半の間(ドクロ絵文字)後輪のみ(ドクロ絵文字)殺す』
これは自転車の後輪を愉快犯にパンクさせられて怒っていた時ですね。
2回目だったので報復したかったのでしょうが、殺すとか書くのはやめましょう。


(5)『ロシアンフック』
完全に憶えておりません。
極めたかったのでしょうか。決められたのでしょうか。


(6)『ブラックジャック加山雄三 ナレーション田中邦衛 宍戸錠版もある』
…うーんうーんうーん。


0
投稿者:ろみー

赤郎

4年程前に、利用していた駅のホームで電車を待っていた時に赤い革のパンツを履いた男に声をかけられた事をふと思い出しました。
夜半でしたので、それがクレマスター営業後だったのかどうかは定かではありませんが少々遅めの時間だった事を記憶しております。
彼は携帯電話で誰ぞにメールをしたためていた私の画面を覗き込んで参りました。
日本人の感覚からすると不可解な行動にあたる事由ですので、私は少々驚きました。
しかも彼は「何?」と問うてくるのです。

「何?とは何かしら」と思い、ぼうっと彼を見つめると
「どこに行くのか? よければ飲まないか」と問うてきました。
白目を剥いて垂涎でもすれば彼はそそくさと去って行ってくれただろうにそこまで頭が追いつかなかった私は適当に返答してそのゴキブリ野郎を撃退いたしました。
(ゴキブリ野郎呼ばわりするのは彼がその後に少々のセクハラ発言をしたことに起因します)

問題は、なぜ赤い革パン野郎が私を軟派してきたかということです。
私は赤い革パンを履く男を好むように見えるのでしょうか?
別に赤い革パンを小馬鹿にしているわけではありません。
それを履く男性も女性も個人の趣味なので全然いいのですが(私は履きませんが)、赤い革パンゴキブリ野郎が軽い気持ちでわたくしを手込めにでもしようとお考えだったのならば、私の海馬に強く記憶された赤い革パンゴキブリクソ野郎は世界に現存するすべての赤い革パンを負のイメージへと連鎖させてしまうのです。

これはロッカーにとっては由々しき問題です。
どんなにアウトローな雰囲気を醸し出しても、カウンターカルチャー気取っても、赤い革パンを召して管弦奏でる殿方というのは 私にとってはロッカー気取りの赤い革パンゴキブリクソ似非(えせ)野郎というイメージでしかないのです。

彼が私に対して『明らかにフィールドが違う女』という認識を持てなかったが為に軟派をし、結果的にそれが私のロッカーへのイメージダウンに繋がった事と、「ロックはパンク、パンクはロック」という微妙にステレオタイプな己の外道な観念に気づかされた、そんな誰が聞いても得しないような出来事をヒマだったのでここに記してみました。
0
投稿者:ろみー
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ