2019/3/6

vs 柏レイソル 〔J.League YBC Levain Cup Groupstage 第1節〕  FC TOKYO

3月6日『柏レイソルvsFC東京〔2019 J.League YBC Levain Cup Groupstage 第1節〕』クリックすると元のサイズで表示します
雨中の観戦を覚悟し、準備万端の三協フロンテア柏スタジアムでしたが、雨に降られることはありませんでした。いよいよルヴァン杯・グループステージも開幕。初戦は、昨年J2へ降格した柏レイソル戦。両チームとも、メンバーを大幅に入れ替え、シーズン序盤の新戦力チェックを兼ねての布陣で臨みます。とりわけFC東京は、スタメン全員をターンオーバーし、かつ、リーグ戦スタメン組はベンチにも入りません。この日のスタメンは、東福岡高校から加入の中村拓海(DF)、中央大学卒の渡辺剛(DF)ルーキー2人がJデビュー。新加入外国人のナ・サンホ(MF)、ジュエル(FW)、アルトゥール・シルバ(MF)がスタメン初出場、加えて、今年ブレイクが期待されるU-23売り出し中の内田宅哉(MF)、平川怜(MF)、波多野豪(GK)の3人。ベテラン組では、大森晃太郎(MF)キャプテンに、CB丹羽大輝(DF)、決意の金髪、太田宏介(DF)選手会長の11人。新外国人トリオにヤングトーキョーの面々が、どれくらいできるのか試金石となるゲームで、ワクワク感でいっぱいでした。ゲームは、落ち着いた入りから、前半30分、宏介のCKに、ファーから走り込んだ渡辺剛のジャンピングヘッドで先制ゴール。デビュー戦のプロ初ゴールはお見事。しかしながら後半はロングフィードで前後左右スペースを使う柏に対し、マークがズレ、ボールが拾えなくなります。途中交代でクリスティアーノが入ると一気に同点にされ、さらに、クリスティアーノの超絶妙ロングクロスに、ケニア人FWオルンガのスーパーボレーで逆転され、その後も防戦一方の東京は、ルヴァン杯初戦を「1−2」の逆転負けで、苦杯をなめました。新外国人トリオも各々持ち味を出し、高卒ルーキー拓海に、怜も、宅哉も、入りから落ち着いた動きで善戦していただけに、ほんとに口惜しい結果。新戦力の初見という点では大いに楽しめましたが、負けは負け。ルヴァン杯グループステージの突破必須は言うまでもなし。もう勝点0はあかんぜよ。バモストーキョー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半30分 No.32 渡辺 剛 J1デビュー戦 初ゴールはCKからの豪快ヘッド!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.16 ジャエル(FW)
クリックすると元のサイズで表示します

No.45 アルトゥール シルバ(MF)
クリックすると元のサイズで表示します

No.22 中村 拓海(DF)
クリックすると元のサイズで表示します

No.28 内田 宅哉(FW)
クリックすると元のサイズで表示します

No.40 平川 怜(MF)
クリックすると元のサイズで表示します

No.13 波多野 豪(GK)
クリックすると元のサイズで表示します

健太トーキョー ルヴァン杯 敗戦スタートは、残念・無念!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ