2019/3/18

読売ジャイアンツ vs マリナーズ 〔2019MLB開幕戦プレシーズンマッチ〕  Sports

3月18日『読売ジャイアンツvsシアトル・マリナーズ〔2019MLB開幕戦プレシーズンマッチ〕』へ。クリックすると元のサイズで表示します
7年ぶりに東京で開催されるシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスのMLB開幕戦の前哨戦『巨人vsマリナーズ』を観戦しました。 お目当ては、レジェンドのイチロー選手。イチロー選手のプレイを生観戦するのは、ちょうど10年前、場所は同じく東京ドームの、2009年3月7日「2009 WORLD BASEBALL CLASSIC」東京ラウンド「日本vs韓国」戦以来。当時のSAMURAI JAPAN監督は、現巨人軍の原監督でした。もちろん、巨人では期待の新戦力、"丸佳浩(外野手)"、"中島宏之(内野手)"、"炭谷銀仁朗(捕手)"もスタメンに顔を出し興味は尽きませんが、この日はやはりイチロー選手でしょう。ゲーム展開もさることながら、単なる"イチローウォッチャー"と化してしまいました。9番ライトで出場のイチロー選手でしたが、安打製造機はどこへやら、イチローのバットは火を噴かず、第一打席はファーストゴロ、第二打席は見逃しの三振、第三打席はセンターへのポップフライの3タコで、う〜ん残念。ブランクの影響か、変化球にタイミングが合わないようでした。但し、最大の見せ場は、3回無死二塁、巨人の背番号51、田中俊太のライトフライに、定位置やや後方から三塁へのレーザービーム=Bメジャーを席巻した「白い矢」に、東京ドームがどよめき、歓声に包まれました。三塁側内野席での観戦でしたから、真正面からその瞬間に立ち会うことができ、感動に胸熱く幸せな心持ちに。若干複雑ですが、有意義な"ICHIRO NIGHT"を過ごすことがでしました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示しますICHIRO(鈴木 一朗)
背番号51 外野手 右投左打 180cm 79kg
1973年10月22日生まれ(45歳)愛知県出身
MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)
通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打)
最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3563試合出場)
1992-2000 オリックス ブルーウェーブ
2001-2012 シアトル マリナーズ
2012-2014 ニューヨーク ヤンキース
2015-2017 マイアミ マーリンズ
2018-2019 シアトル マリナーズ

ICHIRO 東京ドーム降臨!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



3回表(P坂本工宜)先頭打者 第一打席はファーストゴロ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



3回裏 無死二塁 田中俊の右飛を三塁へノーバウンド レーザービーム
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



4回裏(P戸根千明)一死二三塁 第二打席は見逃し三振
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



7回裏(P桜井俊貴)先頭打者 第三打席はセンターフライ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ