2020/12/19

vs ヴィッセル神戸〔J.League Division1第34節〕  FC TOKYO

12月19日 『 FC東京 vs ヴィッセル神戸〔J.League Division1第34節〕 』 味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
最終節をむかえると毎年感じることですが、あっという間のシーズンであったこと、現メンバーでのラストゲームへの複雑な思い。今シーズンは、幸い年明けに、ルヴァン杯決勝まで現メンバーでの闘いが残っているので、変な悲哀はなく、単にシーズン有終の美を期待し、味スタへ馳せ参じました。東京は、前節、広島戦で存在感をみせた紺ちゃんがFWで先発し、ACL同様、森重をアンカーのMFで起用のスタメン。一方、ACL帰国後初戦となる神戸はオールジャパン組で臨みます。ゲーム序盤は神戸がボールを保持する展開も、前半28分、紺ちゃんの切り返しからのクロスに、オマリがヘッド。シュートはクロスバーを叩き、ゴールラインを割ったと思いますが、ノーゴール判定。もやもや感を払拭できぬまま前半をスコアレスで折り返します。後半頭から、紺ちゃんに代え、高萩がトップ下に入ると、徐々に東京ペースに。すると、後半40分、タマの低くて早いFKを、謙佑がフリック。オマリがヘッドで合わせると、ループ気味にボールはゴールマウスに吸い込まれ、待望の先制ゴール。オマリの3度目の正直となるヘッディングシュートだったでしょうか。結局、この1点を東京らしく守り切り、ウノゼロ連勝でシーズンを締めました。勝ち点57(17勝6分11敗)、J1リーグ2020シーズンは6位フィニッシュとなりました。ゲーム後のセレモニーでは東キャプテンの"1月4日、国立競技場で会いましょう!"との力強いメッセージ。何としても、俺たちの国立で高らかにカップを掲げましょう。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半40分 No.32 ジョアン・オマリ 謙佑のフリックに、頭を振りぬき決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



祝!Uー23日本代表候補トレーニングキャンプメンバー選出! (豪、ツヨポン、帆高、柊斗)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー ACL出場チーム対決をウノゼロで制し有終の美でシーズンを飾る!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ACLベスト4! お疲れさまでした!
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

"コロナウィルス"に翻弄された2020シーズンでした。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ