2021/4/11

vs 川崎フロンターレ 〔J.League Division1第9節〕  FC TOKYO

4月11日 『FC東京 vs 川崎フロンターレ〔J.League Division1第9節〕』 味の素スタジアムにて。クリックすると元のサイズで表示します
明日から東京において「まん延防止等重点措置」が適用となる中での"第37回 多摩川クラシコ"。健太トーキョー2021の仕上り具合を試す大一番です。東京は、前節退場処分の剛が欠場、森重をCBに戻し、ボランチに青木を起用し、ツートップにディエゴと謙佑を据え「4−4−2」の布陣でスタート。ゲームは立ち上がり少し大事に入りすぎたでしょうか。川崎のボールポゼッションに対し、東京は後ろからボールをつなぎ局面打開を図る作戦も少々後ろが重く思うに任せない、じれったい展開。前半8分、マコのビルドアップのミスから、最後は家長にヘディングシュートを決められ、いきなり1点ビハインド。勢いに乗る川崎は、さらに前半17分、中盤で三笘にボール奪取されるとパスをつながれ、またしても最後は家長にダイレクトで決められてしまいます。前半を「0−2」で折り返すと後半頭からアダを投入。アダの突破力を活かした左サイドからの攻撃で、徐々にテンポを取り戻す東京。後半14分、謙佑のカウンターからのクロスに、中央でディエゴが潰れると、フリーになったアダが決めて今季初ゴール。1点差になり、光が見え始めます。が、しかし、直後の後半16分、拓海のトラップミスを三苫に拾われ3失点目。追い上げムードに水をさす失点で、ゲームは川崎が再び生き返ります。さらに、足が止まり始めた東のファールによるFKの流れで4失点目を献上。これにて、ゲームとしては万事休す。後半39分、洋次郎のクロスにウッチーがヘッドを叩きつけ、意地を見せる今季初ゴールを挙げますが、時すでに遅し。ゲームはそのまま「2−4」にて"第37回 多摩川クラシコ"を落としました。ゲームを通じて川崎の強さばかりが目立ち、残念無念。素人のタラレバですが、森重をアンカー起用していれば、森重とCBの関係性から、マコの中途半端なパスミスは防げたのではないか、後半追撃態勢に機能したアダウイトンと洋次郎を先発起用していればなどと、悲しきため息が。この口惜しさを晴らすには、選手諸君のさらなる切磋琢磨が必要でしょう。同じ轍は踏むことなく前進あるのみ。健太トーキョーに期待します。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半14分 No.15 アダウイトン 謙佑のクロスにディエゴが潰れ、追撃の今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半39分 No.14 内田拓哉 高萩のクロスにヘディングシュート、意地の今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー! 川崎との力の差を感じる大敗に残念無念!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


こんなところで倒れているわけにはまいりません!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ