2019/4/28

vs 松本山雅FC 〔J.League Division1第9節〕  FC TOKYO

4月28日『FC東京 vs 松本山雅FC〔J.League Division1第9節〕』味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
平成最後のJ1リーグ戦。鹿島戦で負傷した建英が2試合ぶりにスタメン復帰。ルヴァン杯柏戦で負傷交代した室屋に代わって諒也が左サイドに入り、宏介が今季初スタメン。また、負傷のヒョンスに代わってルーキー渡辺剛が抜擢されてのJ1デビューを飾りました。ゲームは、この日も堅守の東京のペースで、ポゼッションでも優位に立ちます。すると前半終了間際の43分、渡辺の相手ボールカットから、建英がドリブルで運びスルーパス。エリア内に抜け出した永井がGKとの1対1を制して、左足でゴール右隅へ先制ゴール。5バックの松本を打ち砕いたのは、建英の縦へ早いスルーに、俊足・永井のカウンター攻撃でした。後半6分には、建英の左CKからニアで拳人が頭で合わせてネットを揺らしましたが、その前にラインを割っていたという判定で、残念ながらノーゴール。しかし、建英のFK、CKは大いに可能性を感じるねぇ。さらには、後半15分、建英が細かいタッチで相手をかわしエリア内の角度のない位置から左足シュートを放ちますが惜しくも左ポストに嫌われます。決定機でしたがこれまた残念。しかしながら、これが伏線(?)となったでしょうか、後半30分、エリア内にボールを運んだ建英がファウルで止められPKを獲得。キッカーはディエゴ、リーグ戦5試合連続となる貫録のゴールを決めました。結局2トップのアベックゴールで、松本山雅を「2−0」で下し、開幕から無敗で、J1首位をキープ。平成ラストマッチを勝利で飾りました。ケガ人が出ている中、代わりに出場した選手が活躍する好循環。いよいよ本物の兆し。新時代へ夢は膨らむばかりです。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半44分 No.11 永井謙佑 建英のスルーパスに高速ドリブルから先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半32分 No.9 ディエゴ・オリベイラ 舞い踊るPKでリーグ戦5試合連続ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 無敗首位をキープし「令和」へ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.32 渡辺 剛! J1リーグ・デビュー戦は、グッドジョブでフル出場!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



"平井 大 Special Live"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ