2019/6/29

vs 横浜F・マリノス 〔J.League Division1第17節〕  FC TOKYO

6月29日、『FC東京 vs 横浜F・マリノス〔J.League Division1第17節〕』味の素スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
ミッドウィークのルヴァンカップでは、輝一の必死のパッチ、ゴールでプライムステージ準々決勝に進出を決めたFC東京。今節は前半戦折り返しの首位攻防の天王山、横浜戦ですが、ゲーム後に、レアルマドリードへ移籍の久保建英選手の壮行セレモニーが予定されているだけに絶対に勝ちたい一戦。ゲームは、先日のルヴァン杯、C大阪戦同様に、あまり高い位置からのプレスはかけず、しっかりと守備隊形を整える戦法で、横浜にボールはキープされるも堅守に徹します。ところが、SB諒也の判断ミス(?)が引き金となり先制は横浜でした。しかし、ここから東京は反撃開始。前半17分、建英のポジションに入ったナ・サンホの左サイドから地を這うシュートは、横浜GKのファンブルを誘い同点ゴールに。さらに前半38分、カウンターから左サイドの高萩が永井へピンポイントのアーリークロス。スピードを生かして裏へ抜け出した永井が、前に出た相手GKの頭上を抜けるループシュートで逆転に成功します。後半はディエゴのゴールショー。後半10分、高萩のフィードから、永井が持ち込み、ライン際からの技ありクロスに、頭で押し込み、8試合ぶりのゴール。続く後半17分には、諒也のスルーに永井が抜け出してのシュートのこぼれ球にフリーで詰めて、得点ランキング単独トップとなる今季9点目を突き刺しました。その後、横浜の猛攻をなんとか凌ぎ、ゲームは最終「4−2」の逆転勝利。建英の壮行セレモニーに華を添えました。永井とディエゴのコンビでのゴールラッシュで首位攻防戦を制し、リーグ前半戦を、"首位"勝点36(得失点+13)での折り返し。後半戦は、アウェイ8連戦などありますが、楽しみは増すばかり。面白くなってきましたネ。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半17分 No.17 ナ・サンホ エリア内でカットインから右足シュートは同点ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半38分 No.11 永井謙佑 ロングフィードからGK頭上を越すループシュートは逆転ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半10分 No.9 ディエゴ 永井の技ありクロスを頭で押し込みリーグ戦8試合ぶりのゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半17分 No.9 ディエゴ この日2点目となる今季9ゴール目はダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 会心の逆転劇で首位攻防戦を制す!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ