2019/7/27

EUROJAPAN CUP 2019〔横浜F・マリノスvsマンチェスター・シティ〕  Soccer

7月27日『横浜F・マリノスvsマンチェスター・シティ〔EUROJAPAN CUP 2019〕』日産スタジアムクリックすると元のサイズで表示します
昨季プレミアリーグ王者、マンチェスター・シティの「Manchester City Asia Tour 2019」の最終戦は、"GALAXY ENTERTAIMENT EUROJAPAN CUP 2019"横浜F・マリノス戦。先週、「川崎フロンターレvsチェルシーFC」を観戦したばかりの日産スタジアムは、ゲーム前からマンチェスターゴール裏の"hey jude"の大合唱にプレミアの臨場感が高鳴ります。スタメンにほぼベストメンバーの布陣のマンチェスター・シティに本気度を感じつつ、ゲームは、GK・DF陣から丁寧に繋ぎビルトアップするスタイルの両チームですが、徐々にマンチャスターCがポゼッションを高めていきます。前半18分、マンチェスターCは、カウンターから右サイドでパスを受けたデ・ブルイネが超絶な切り返しでDFをかわし左足を一閃。豪快シュートで先制すると、横浜も負けていませんでした。すぐさま前半23分、ゴール前の混戦にマルコスジュニオールのシュートは、GKブラーボに防がれますがこぼれ球に反応した遠藤渓太が右足で押し込み同点に追いつきました。しかし前半終盤の40分、マンチェスターCはデ・ブルイネがこれまた鮮やかなスルーパス。これをスターリングが抜け出しGKとの1対1を制して勝ち越しゴール。迎えた後半、横浜も自陣からのつなぎでゴールを目指し意地を見せてくれましたが、余裕のマンチェスターCの格の違いに、いなされてしまいます。後半ATには、マンチェスターCは右サイドを破り、最後は折り返しにヌメチャが合わせダメ押しの3点目。結局、マンチャスター・シティが「3:1」で横浜を破りました。横浜の善戦も実力差は誰の目にも明白。ペップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスターシティの貫禄勝ち。トップシーズン中の横浜に対し、まだプレシーズンマッチなのですから驚くばかり。プレミアリーグ王者のチーム力と世界的タレントたちの技術、品質の高さに魅了され尽したごきげんなゲームでした。

〔先発メンバー〕
▽横浜M
GK 朴一圭
DF 広瀬陸斗、チアゴマルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン
MF 扇原貴宏、喜田拓也、マルコスジュニオール、三好康児
FW 仲川輝人、遠藤渓太

▽マンチェスターC
GK ブラボ
DF ウォーカー、ストーンズ、ジンチェンコ、ラポルテ
MF ロドリ、デブルイネ、シルバ
FW ベルナルド、サネ、スターリング

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半8分 No.17 ケビン・デ・ブルイネ 鮮やかな切り返しから左足一閃、豪快先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半23分 No.11 遠藤渓太 マルコス・ジュニオールのシュートのこぼれ球を同点ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半40分 No.7 ラヒーム・スターリン デ・ブルイネのスルーパスから余裕のゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半AT No.43 ルーカス・ヌメチャ ゴール前の混戦を胸で制しダメ押しゴール! 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




昨季プレミアリーグ王者:マンチェスター・シティ 「3:1」の貫録勝ち!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ムーンチェスター君 & ムーンビームちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ