2019/8/31

vs 名古屋グランパス 〔J.League Division1第25節〕  FC TOKYO

8月30日『名古屋グランパス vs FC東京〔J.League Division1第25節〕』パロマ瑞穂スタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
日本代表メンバー発表のあったこの日。FC東京からは謙佑、拳人の2名が選出。U-22代表にはマコが。室屋が外れたのは残念ですが、相変わらず、権ちゃん、佑都、翔哉に建英と東京ファミリーは健在です。さて、戦績の悪いイメージのフライデーナイトJリーグは、雨中の名古屋グランパス戦。ここのところ地団駄踏んでる感のある東京としては勝点3がほしいところ。東京は、室屋が右SBにスタメン復帰し、一方の名古屋は、キャプテン丸ちゃんがCBの3バック布陣。宏介はSBではなくWBの起用で、アーリアはシャドーに。ゲームは、激しい雨が打ち付ける中、互いに様子見なのか一進一退の展開でスタート。すると東京は持ち味のカウンターからディエゴがゴール前で倒されてPKゲット。ディエゴのPKはGKに弾かれるも、こぼれたボールを落ち着いて蹴り込み、前半29分ディエゴの先制ゴール。このまま前半はウノゼロで折り返し。後半も東京のカウンターが炸裂します。後半4分永井のカウンターからの折り返しパスを高萩がシュート。一度はGKに弾かれるも、ダイレクトで反応した高萩の今季初ゴールで追加点。「2-0」とリードを広げました。名古屋も攻勢を強めますが東京の堅守が効き、危ない場面も余裕の観戦。終盤、林のファンブルによる失点も終わってみればご愛嬌ということで、ゲームは「2−1」の勝利・勝点3を積み上げ、勝点は52へ。熱き8月のリーグ戦を"3勝1分1敗"にて乗り切りました。アウェイ8連戦も2戦を終えて負け無しで首位をキープ。ルヴァン杯を挟んで、鹿島との直接対決の大一番を控える9月。楽しみには果てがありません。バモストーキョー!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半29分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ 自らのPKのこぼれを豪快に蹴り込んで先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半4分 No.8 高萩洋次郎 シュートは一度弾かれるも、即座に反応し今季初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 鹿島との直接対決前に、勝点差4以上を確定させる意義ある勝利!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

"You'll never walk alone" 〜Paloma Mizuho Stadium〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ヨネの元気な顔が見たかったなぁ・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

益々のご活躍を祈念申し上げます (攻撃的ウイングバックは脅威でした)
クリックすると元のサイズで表示します



BOYS AND MEN
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


"Away game 8 rounds" 〜To Be Continued〜 
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ