2019/8/14

vs ヴァンフォーレ甲府 〔天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会 3回戦〕  FC TOKYO

8月14日『FC東京vsヴァンフォーレ甲府〔天皇杯第99回全日本サッカー選手権大会3回戦〕』クリックすると元のサイズで表示します
天皇杯3回戦は、J2現在7位で昇格PO圏内を伺うヴァンフォーレ甲府との一戦。台風10号の影響か、ゲーム前には激しい雨が打付ける山梨中銀スタジアムに参戦です。リーグ戦から11人全員を入れ替えた甲府に対して、東京は、林、つよぽん、高萩を除く8人をターンオーバー。田川、大智、マコらヤングトーキョーに大いに期待したのですが・・・。前半は、只々何と無くボールが両チームを行き来し、期待の若武者達は、お坊ちゃまと化して、闘いの場面から姿を消し、時間だけが経過する展開。ベテランの高萩だけが、ひとり体を張ったディエルで、闘争心を鼓舞しているように感じました。後半、雨は上がったものの、どんよりとした空のような沈滞ムードを払拭したのは甲府でした。後半11分、森晃太が強引にエリアへ突入すると豪快な右足シュートで甲府が先制します。勢いにのりチームとして機能し始めた甲府に対し、拳人、ジャエル、永井を投入するもバラバラ感は歪めず、ジャエルの単発ロングシュートや永井がゴールライン際まで侵入し意地を見せますがゴールネットを揺らすことはできません。ゲームを通じて、波状攻撃を仕掛けられずノーチャンスのまま、ウノゼロでの敗戦。ゲーム内容からは納得せねばならぬ敗戦も、覇気とかガッツとか闘う気持ちが感じられず、トーナメント戦の戦い方としては何とも物足りないゲームでした。格下相手にPK戦の敗戦なら受容もしますが、ガチンコの実力勝負で、まさかまさかの天皇杯3回戦敗退とは不甲斐ないこと極まれり。新国立競技場こけら落とし、令和初の天皇杯は儚き夢に、失意の帰途となりました。台風の影響も受けず、中央道の帰省渋滞もなく、思いのほか早く帰宅できたのだけが幸いでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



期待の新星ツートップ! 持てる力を発揮できず・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



大事に至りませんように!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



対戦を楽しみにしていましたのに・・・ 益々のご活躍をお祈り申し上げます
クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 天皇杯3回戦敗退・・・トホホ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ