2019/9/8

vs ガンバ大阪 〔J.League YBC Levain Cup Prime-stage 準々決勝 第2戦〕  FC TOKYO

9月8日『FC東京vsガンバ大阪〔2019 J.League YBC LevainCup 準々決勝 第2戦〕』クリックすると元のサイズで表示します
第1戦の対G大阪アウェイでの「1-0」敗戦を受けて、ホームNACK5開催の第2戦は、チケット購入済ながら、台風15号の動向もあり家人の手前、自宅観戦を一度は決意したNACK5スタジアム大宮でしたが、キックオフ時間が18:00から16:30に変更され、当日昼の天候を判断し家人の冷たい目を振り切っての参戦でした。東京は第1戦からディエゴがFWに入り、左SBにはネクストジェネレーションのバングーナガンデ佳史扶がスタメン。J3でお馴染みの佳史扶に期待が集まります。対するG大阪は第1節と同じスターティングイレブン。ゲームは、立ち上がりG大阪がポゼッション優位も、前半20分、アルトゥール・シルバの浮き球パスに、ディエゴがDFを振り切りエリア内に侵入し、右足シュートで先制ゴール。2試合通算「1-1」に追いつきます。後半13分、互いに1枚目のカードを切り、田川と宇佐美がピッチへ。すると、後半23分、高萩のロングフィードをディエゴが落とし、抜け出した田川がJ1リーグ初ゴールを突き刺します。ルヴァン杯・準決勝進出へ大いに盛り上がり、勝利を確信したのですが・・・。その後1点返され「2-1」の勝利という結末。つかの間の夢は儚く消えて、アウェイゴールにてルヴァンカップ敗退となりました。若手が奮起し、内容のある清々しい良いゲームだったと感じていただけに、天皇杯に続きルヴァン杯敗退は残念無念。なんともなぁ〜。2019年の課題となってしまったカップ戦の"戦い方"は、2020年の「ACL」で解消しましょうか。いよいよ、次節・鹿島戦は絶対に負けられない大一番の闘いとなりました。ここにきて、ニューヒーロー出現の予感も、健太トーキョーのさらなる闘いにますます目が離せ無くなりました。バモストーキョー!

クリックすると元のサイズで表示します

KICKOFF 16:30に変更されるも、迫りくる台風15号のもと不穏な空模様
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




前半20分 No.9 ディエゴ・オリヴェイラ GKとの1対1を制し先制ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半23分 No.27 田川亮介 左足シュートは自身J1リーグ初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



No.42 バングーナガンデ佳史扶 ナイスファイト!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー YBC Levain Cup Prime-stage 準々決勝 敗退!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



人知れず黙々とアップされる姿に、益々のご活躍を祈念申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ