2019/9/14

vs 鹿島アントラーズ 〔J.League Division1第26節〕  FC TOKYO

9月14日『鹿島アントラーズ vs FC東京〔J.League Division1第26節〕』カシマサッカースタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
勝点差4での直接対決でリーグ戦首位攻防戦となった鹿島戦。東京は、代表帰りの永井と拳人をスタメン起用。絶対に負けられないゲームに、拮抗した闘いになろうことは容易に想像され、個人的には後半起用されるであろう、韓国代表で代表初ゴールをマークしたナ・サンホ、G大阪戦J1初ゴールの田川、この日29歳の誕生日のタマら攻撃陣に密かに期待。ところが、ゲームは開始2分、CKから先制パンチを食らい、まさかの1点ビハインドからのスタート。きっと健太トーキョーのゲームプランにはない展開だろうと思いつつ、1点返せばいいのだと己に言い聞かせハラハラドキドキ。ゲームは、球際で激しい攻防が繰り広げられ、前半はルーズボールを鹿島に拾われ苦しい展開でした。後半に入ると一転東京のペースで、ルーズボールを拾えるように。攻守の切り替え早く決定機を幾度も演出しますが、あと一歩、止めが刺せません。すると後半33分、ゴール前は数を揃え固めるも、技ありミドルを決められ2点差に。東京も首位の意地をみせる猛攻を仕掛けましたが、結局、試合巧者の鹿島のゴールを抉じ開けることはできませんでした。首位攻防戦は「2−0」の敗戦。単なるサッカーファンであれば、手に汗握り、ピッチに引き込まれる濃密な内容のゲームと、大いに楽しめる充実のナイスゲームなのでしょうが、東京サポーターとしては口惜しい限り。人事を尽くし胸を張れる敗北に、内容重視でポジティブに捉える向きもありましょうが、負けは負け。この敗戦を受け、ここからが、"2019健太トーキョー"の真価が問われる踏ん張り処。季候も穏やかになり、アウェイ連戦が続きますが図らずも日程的には余裕あり。リーグ制覇へ、生みの苦しさを楽しみたいと思います。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 見応えある激闘も、首位攻防は苦杯を舐める結果に・・・
クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



お帰りなさい! 日本代表 W杯アジア2次予選、スタメン・フル出場の唯一のJリーガー!
クリックすると元のサイズで表示します


お帰りなさい! 日本代表 令和1号ゴールのスピードスター!
クリックすると元のサイズで表示します


お帰りなさい! 韓国代表 Aマッチ初ゴールおめでとう! サンポするサンホ!
クリックすると元のサイズで表示します


お帰りなさい! U-22日本代表 3バックの要のセンタープレーヤー!
クリックすると元のサイズで表示します


お帰り後、初の"HAPPY BIRTHDAY !" バースディゴールが見たかったなぁ!
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ