2019/10/20

vs ヴィッセル神戸 〔J.League Division1第29節〕  FC TOKYO

10月19日『ヴィッセル神戸vsFC東京〔J.League Division1第29節〕』ノエビアスタジアム神戸。クリックすると元のサイズで表示します
前節鳥栖戦で受け容れ難きなんともな敗戦で首位を明け渡した東京は、勝点3しかない今節。この日のスタメンは、代表帰りの永井、拳人、室屋、剛、ナ・サンホを抱え、サンホはベンチ外、永井は控えに回り、ディエゴのワントップ、高萩をトップ下に、ボランチにはアルトゥールシルバが、古巣相手のタマが右SHに入りました。アウェイ連戦中、前半自嘲気味の東京ですが、この日はキックオフ直後からスイッチが入ります。前半6分、ボール奪取からアルトゥールのクロスに、高萩がヘディング、これに反応した東とのワンツーパスからGKと競り合った高萩のシュートは、右ポスト経由で左ポスト裏へインゴール。東京待望の先制を果たします。さらに、年一ゴールに言及していた高萩のシーズン2ゴール目に歓喜の余韻漂う中の前半10分、左サイドのエリア外からアルトゥールが、右足一閃、鮮烈豪快なミドルシュートを叩き込みます。目に焼き付く糸を引くゴラッソで一気にゲームは東京に。すると前半35分、自陣から拳人がディエゴへ縦パス、ディエゴの超絶美技の2タッチスルーに、迷うことなく駆け上がってきた拳人がダイレクトで押し込みダメ押しゴール。前半だけでほぼ勝負を付けました。後半、CKから1点返され、途中出場のポドルスキは脅威でしたが、高萩、林の神セーブもあり、最終盤ウッチー&マコの敵陣深く時間経過を意識した粘りも頼もしい限り。新たな布陣でのぞみ、中盤の選手が得点し、攻撃パターン多様化の「3−1」"快勝"は、溜まっていた鬱憤を"解消"。進化を感じるチームに益々期待します。バモストーキョー!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半6分 No.8 高萩洋次郎 八面六臂のトップ下!先制パンチとなる"いぶし銀"ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半10分 No.45 アルトゥール シルバ J1初ゴール! スーペル ゴラッソ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半34分 No.18 橋本拳人 ディエゴの超絶スルーに、疾風如く走込みのダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 首位鹿島に勝点で並び、優勝戦線に俄然勇気が沸く意義ある勝利!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ