2020/1/28

vs セレス・ネグロスFC 〔AFC CHAMPIONS LEAGUE 2020 PLAYOFF〕  FC TOKYO

1月28日『FC東京 vs セレス・ネグロスFC〔AFC CHAMPIONS LEAGUE 2020 PLAYOFF〕』クリックすると元のサイズで表示します
2020シーズンは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフで開幕。勝った方がACL本大会に出場できる一発勝負の対戦相手は、セレス・ネグロス(フィリピン)。この日は、雪となるかもとの予報の激しき氷雨が降りしきる中、東京スタジアムへ参戦です。アジアに挑む東京のスタメンは、新加入のアダイウトン、レアンドロ、オマリの外国人助っ人に、大卒ルーキーの安部柊斗を、ピッチ状態から空中戦を予想して(?)若手のホープ原大智を起用し、さらに、キャプテン東慶悟、"僕はアジアチャンピオンになるために東京に来た"高萩洋次郎、森重真人、林彰洋、室屋成ら主力組、新たに背番号6を背負う小川諒也のイレブン。健太トーキョー2020初陣に高鳴る期待とは裏腹に、降り続く雨、ボールは飛ばず、転がらず、止まってしまうピッチコンディションに、ゲームはバックパスは厳禁、前へ大きく蹴るだけの大味なサッカーとなりました。それでもスコアレスで折り返すと後半開始早々の48分、ボックス内でルーズボールに反応した室屋が体勢を崩しながらも右足を振り抜き先制ゴール。チームシーズン初ゴールは伏兵・室屋でした。その後、一進一退を繰り返すと、原大智が競り合いの中での接触で一発レッド退場に。10人での戦いを強いられる東京でしたが、終了間際の89分、アダイウトンが、水たまりを利用したドリブルから、GKの頭越しのミドルループを放つと見事ゴールネットを揺らしダメ押しゴール。アダイウトンの迫力、レアンドロの技ありキック、オマリの高さに強さ、安部柊斗のドリブル突破力など新たな戦力も頼もしく、終わってみれば「2−0」と順当な勝利で、まずはACL第一関門のプレーオフをクリアしました。これにて、ACLグループステージ進出。グループF、蔚山現代(韓国)、上海申花(中国)、パースグローリー(豪州)、アジアの戦いに楽しみは続きます。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半3分 No.2 室屋成 値千金の先制ゴール! 2020チーム初ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



後半44分 No.15 アダイウトン 挨拶代わりの狙いすましたループはダメ押しゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー ACLグループステージ進出!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



Welcome to FC TOKYO!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


"待ってろ! アジア!"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ