2020/7/26

vs 鹿島アントラーズ 〔J.League Division1第7節〕   FC TOKYO

7月26日『鹿島アントラーズ vs FC東京〔J.League Division1第7節〕』カシマサッカースタジアム。クリックすると元のサイズで表示します
Jリーグは、コロナウイルス感染拡大に伴い、8月も引き続き5000人以内の観客入場制限を続けると発表。さらに、広島・名古屋戦は、感染陽性者が確認され中止に。一方、FC東京にあっては、頼れるキャプテン東が、前節コンサドーレ札幌戦での負傷について、右第五中足骨骨折、全治約3〜4ヶ月と公表され、コロナ禍と相まって、なんともままならぬ厳しいシーズンを実感です。さて、今節はアウェイ鹿島戦。元茨城県民としては勝手知ったる鹿島へ恐る恐る潜入参戦。前節からくも室屋の起死回生の同点ゴールで価値あるドローの東京は、タマが開幕戦以来、また、ウッチーが今季初のスタメン出場です。ゲームの入りは、前線から圧力をかける東京がゲームを支配。先制ゴールの期待がかかる展開の中、前半34分、カウンターから失点。今ひとつ噛合ってなかった鹿島に、ワンチャンスをものにされてしまいました。しかしながら、前半終了間際の45分、タマのCKに剛がニアに走り込み、後ろに反らすヘディングシュートでまず同点。続くアディショナルタイムに、再びタマのCKに、ゴール前でGKに競い勝った森重が頭で合わせ逆転ゴール。このゴールがラストプレイとなり前半終了。2アシストのタマ、アグレッシブなハードワークのウッチーは、拳人の移籍、東の長期離脱を払拭する頼もしき戦力と確認できたのは大きな収穫でしょう。後半、そのタマとウッチーを早々に代え、アダイウトン、紺野を投入。アダも紺ちゃんもボールを持つと自らぐいぐい前へ行くタイプですが、結果的にはこの交代が攻守のリズムを乱すことになったかもしれません。ゲームは、一転オープンな展開になると、後半22分、一瞬のスキを突かれ見事な同点ゴールを決められてしまいます。ここから防戦一方となる東京。危ない場面もありましたが、ゲームはこのまま「2−2」の痛み分け。勝てたゲームだと思われ悔しい結果となりました。これにて、ひとます連戦スケジュールは一息。それにしても休みなしで攻守に頑張るディエゴには頭が下がります。健太トーキョーは長梅雨の7月を4位で終え、さあ!とんがる夏!8月の熱き闘いに期待します。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半45分 No.4 渡辺 剛 タマのCKをニアに走り込み同点ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



前半45+5分 No.3 森重真人 タマのCKにGKに競り勝ち逆転ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



J1初スタメン No28 内田宅哉 及第点のデキで今後に期待します!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



健太トーキョー 悔しきドローも、J再開の7月を4位通過!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ