2020/8/3

祖師ヶ谷大蔵ウルトラマン・ウォーク  NON

8月3日、ダイエット目的にて、祖師ヶ谷大蔵の『ウルトラマン商店街』を巡るウォーキング。クリックすると元のサイズで表示します
小田急線・祖師ヶ谷大蔵駅の南側、砧には今も東宝撮影所やTMC(東京メディアシティ・旧国際放映)など、映画やテレビの関連企業が多数存在しますし、特撮の神様・円谷英二氏の「円谷プロダクション」発祥の地。2004年、全国的な"街づくり事業"の発案に伴い、世田谷区の"世田谷売り込み隊"の働きかけで、円谷プロダクションはじめ地元の各種団体、3つの商店街が地域連携。2005年4月、円谷プロダクション"ウルトラマン誕生の地"として『ウルトラマン商店街』(祖師谷昇進会商店街・祖師谷商店街・祖師谷南商店街)が発足、2020年、15周年を迎えました。自宅の三鷹からは、吉祥寺通りを進み、給田経由で住宅街をほぼ直進すれば、塚戸十字路に到着。頭上を見上げればウルトラマンゲートの空飛ぶ「ウルトラマン」が迎えてくれます。北通りを南下すれば、途中、とんねるず木梨憲武さんのご実家"木梨サイクル"を横目に、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅へ。駅前周辺には、ウルトラマン像、車止め支柱、周辺地図案内板、デザインマンホールにウルトラマン関連オブジェ。西通りの保健センターには「カネゴン像」が鎮座し、ウルトラマンゲートの「ゾフィー」。駅南の耕雲寺付近のウルトラマンゲートには「ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)」が飛んでいます。商店街には、デフォルメされたウルトラ街路灯に、カラフルな商店街バーナーと、円谷プロゆかりのデザインが街になじんでいます。独り感慨深げに写真など撮っていますが、街行く市井の人々の全く意識していない様子には、「ウルトラマン商店街」20周年の歴史を感じます。さらに、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅構内も、ウルトラファミリー最新版までの掲示物であふれていました。昭和世代にとっては、ウルトラQ、初期のウルトラマンシリーズにまつわる物は、たいへん懐かしく、何気に嬉しくなってしまいました。コロナ禍に熱中症警戒の中、汗だくだくでしたが、往復27,744歩(20.8km)のウォーキングとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

"小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

『ウルトラマン』(祖師ヶ谷大蔵駅前)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

『カネゴン』(祖師谷ふれあいセンター)
クリックすると元のサイズで表示します

『ウルトラマン』(北通り塚戸十字路)
クリックすると元のサイズで表示します

『ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)』(南通り耕雲寺付近)
クリックすると元のサイズで表示します

『ゾフィー』(西通り祖師谷ふれあいセンター)
クリックすると元のサイズで表示します

"デザインマンホール"(ウルトラマン・セブン・カネゴン・バルタン星人・アントラー)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

"ウルトラ街路灯"(ウルトラマン・セブン・タロウ・バルタン星人)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

"車止め支柱"(ウルトラマン・セブン・ガラモン)
クリックすると元のサイズで表示します

"デザイン バーナー"
クリックすると元のサイズで表示します

"小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅 構内"
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ