2020/8/24

糸  Movie

8月24日、中島みゆきの"糸"をモチーフした映画『 糸 』をTOHOシネマズ日本橋にて鑑賞。クリックすると元のサイズで表示します
「なぜ めぐり逢うのかを 私たちはなにも知らない いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語」。愚息と同じ平成元年生まれの2人の男女の出逢いと別れ、その後、別々の人生を歩む中での繰り返される再会、そして、平成の終わりに再び出逢い結ばれるまでの18年間の軌跡を壮大な愛の物語として描いています。北海道で生きていくと決心した青年と、世界を駆け巡ることを夢みる乙女。「なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡のささくれ 夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ こんな糸が なんになるの心許なくて ふるえてた風の中」。平成の時代の移り変わり(リーマンショック、バブル崩壊、東日本大震災など)の中で、時折々に人生に翻弄される男女を、菅田将暉さんと小松菜奈さんが演じます。物語を通して、出会いと別れのタイミングに、少々無理やり感は否めないものの、「縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます」エンディングへの必然か。互いに波乱万丈の20代を過ごした男女の物語。劇中歌、中島みゆきさんの「ファイト」も印象深く響きました。主演のお二人に魅了され、あっという間の2時間余り。コロナ禍の映画鑑賞にて、おちゃらけず、決して重くなく、とても良い映画に出会えたように思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ