2020/10/4

vs 湘南ベルマーレ 〔J.League Division1第20節〕  FC TOKYO

10月4日『湘南ベルマーレvsFC東京〔J.League Division1第20節〕』Shonan BMWスタジアム平塚。クリックすると元のサイズで表示します
この日の平塚は、すがすがしい天候で、気持ちの良いサッカー日和。前節、アウェイ埼スタ、浦和戦をウノゼロで勝利した健太トーキョーは、中2日のルヴァン杯準決勝を見据え、なんとスタメン全員のターンオーバーを敢行。森重、謙佑、レアンドロら主力がベンチを外れ、ベテラン丹羽が今季初先発、ゲームキャプテンは洋次郎が務めます。ベンチには、選手会長の輝一、ツエーゲン金沢で10番を背負った幾笑に加え、来季入団内定のJリーグ特別指定選手(明治大学)の蓮川壮大らが顔を揃え、途中出場の控え組にも期待のかかるゲームとなりました。さて、ゲームは一進一退、互いに決め手を欠き、スコアレスで推移する展開。後半頭から亮介、その後、輝一を投入。すると後半33分、亨介が前線から果敢にプレッシングを仕掛け、相手DFのクリアをブロックし、このこぼれ球を拾うとすかさず中央へ左足アウトサイドでラストパス。これを走り込んだアダイウトンが落ち着いて流し込み、待ちに待った先制ゴール。その後は、壮大、怜、幾笑を入れて最後までアグレッシブなサッカーを志向した東京が、湘南の反撃を封じ込めて「0−1」でタイムアップ。先発11人を総入れ替えした東京が、アダの決勝点を守り、今季4度目の2連勝で、暫定2位に浮上。この勝利で、長谷川健太監督は史上2人目となるJ1通算200勝を達成。congratulation! さて、中2日のミッドウィークには、等々力でのルヴァン杯準決勝の大一番。絶対に負けられない多摩川クラシコとなりました。バモス東京!

クリックすると元のサイズで表示します

前節から先発イレブン総入替のターンオーバー!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キャプテン 洋次郎!
クリックすると元のサイズで表示します



後半33分 No.15 アダイウトン 亨介のラストパスをゴールへ流し込み決勝ゴール!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


No.23 矢島輝一 
クリックすると元のサイズで表示します

No.19 宮崎幾笑
クリックすると元のサイズで表示します

No.25 蓮川壮大
クリックすると元のサイズで表示します


健太トーキョー 先発11人総入替えのターンオーバーで健太監督は史上2人目のJ1通算200勝達成!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ