2020/11/30

四国八十八ヶ所霊場巡拝の旅〔其之拾四〕 第52番〜第53番(松山市内散策)  Ohenro88

  11月25日〜12月4日 『四国お遍路さん〔八十八ヶ所霊場巡拝〕の旅』 (14)

6日目(11月30日)の宿泊は、松山東急REIホテル。松山市内の夕方の渋滞で、ホテル到着時間が予定より遅れ、夕食までの時間はあまりなかったのですが、愚息はホテル向かいの三越と三越隣りのショッピングモールで、スノーボード用品を購入。松山でスノーボード用品とは場違いですが、ようやく、地域共通クーポンを使い切る目途が立ったよう。さて、夕食は、大街道の裏路地の"郷土料理 割烹 いずみ"さん。ツアー客でしたが、鯛めしで〆る会席コースで、愛媛県の地酒をたんまりと堪能できました。食後は、ほろ酔い気分の中、道後温泉を目指します。松山訪問は今回で3回目(部下の結婚式出席、FC東京の愛媛FC戦遠征)となるのですが、実は、道後温泉の入浴は未体験。過去2度とも入浴しようとチャレンジするも混雑で待ち時間あり、止む無くあきらめた次第。3度目の正直で、念願の"神の湯"入浴は、閉店間近で深めの湯舟に、2〜3人と空いていて、少し熱めの湯は大変心地よく、思わず天国天国と呟いてしまいました。道後温泉本館は、日本最古といわれる道後温泉のシンボルであり、"神の湯"に代表される温泉施設。日本の公衆浴場として初めて平成6年(1994)に国の重要文化財に指定されながら、現役の公衆浴場として営業中。平成21年(2009)にはミシュランガイドで、三つ星を獲得しています。古くは、日本書紀や源氏物語など様々な文献に登場してきた道後温泉。近代文学では、夏目漱石の"坊ちゃん"で有名ですし、また、ジブリの"千と千尋の神隠し"の舞台ともいわれます。そして、2020年夏。道後温泉が手塚治虫の火の鳥とコラボした「道後REBORNプロジェクト」のもと、期間限定で、道後温泉本館プロジェクションマッピングスペシャルプログラム「FIREWORKS BY NAKED -火の鳥2020-」がスタート。保存修理工事の本館北面の2階・3階の障子をデジタルアートによる花火と、癒しの光を放つ「青の火の鳥」が彩っていました。帰りのハイカラ通りでは、坊ちゃん団子の店で、ツアーにご一緒したご婦人の皆さんへのお接待にお菓子を購入し、目標達成の満足の松山の夜。翌朝は出発前に、秋山兄弟生誕地や、坂の上の雲ミュージアムなどホテル周辺を散策し、清々しい松山の空気を感じることもできました。


【第52番 太山寺】
龍雲山 護持院 太山寺(りゅううんざん ごじいん たいさんじ)
 〒799-2662 愛媛県松山市太山寺町1730
 [ご本尊] 十一面観世音菩薩
 [ご真言] おん まか きゃろにきゃ そわか
 用明2年(587)、豊後国の真野長者、長者が大阪に向かう途中、高浜沖で大暴風雨に遭い観音様に祈って海難を逃れた御礼として、自国で木組みした建材を運び、徹夜で寺を建立。以来、一夜建立の御堂と伝えられている。天平11年(739)に聖武天皇の勅願をうけ、行基が十一面観音像を刻んで安置。弘法大師は天長年間(824〜834)に訪れ、法相宗から真言宗に改宗している。

三の門
クリックすると元のサイズで表示します

本堂(国宝)
嘉元3年(1305)伊予国守護・河野氏が再建。入母屋造本瓦葺、桁行約12m、梁間約16m。
クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

鐘楼堂
クリックすると元のサイズで表示します

堂内の地獄絵
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



【第53番 圓明寺】
須賀山 正智院 円明寺(すがざん しょうちいん えんみょうじ)
 〒799-2656 愛媛県松山市和気町1-182
 [ご本尊] 阿弥陀如来
 [ご真言] おん あみりた ていせい から うん
 天平勝宝元年(749)、聖武天皇の勅願で行基が開基。"和気の圓明さん"の愛称で親しまれている。"四国仲遍路同行二人今月今日平人家次"と書かれた四国霊場最古(慶安3年(1650)のもの)の銅板納札が、アメリカ人巡礼者に発見され、保存されている。

山門
クリックすると元のサイズで表示します

中門
クリックすると元のサイズで表示します

本堂
クリックすると元のサイズで表示します

大師堂
クリックすると元のサイズで表示します

キリシタン灯籠 寛永年間(1624〜1644)建立。十字架に聖母マリアが確認できる。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



〔松山市内散策〕11月30日(泊)松山東急REIホテル

〔道後温泉駅〕
クリックすると元のサイズで表示します

〔坊ちゃん列車〕
クリックすると元のサイズで表示します

〔ハイカラ通り〕
クリックすると元のサイズで表示します

〔道後温泉本館〕 明治27年(1894)に改築、木造三層楼の公衆浴場で重要文化財。
現在、保存修理工事中、入浴は"神の湯"のみ。手塚治虫"火の鳥"コラボプロジェクト実施中。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〔秋山兄弟生誕地〕
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〔坂の上の雲ミュージアム〕
司馬遼太郎"坂の上の雲"の主人公秋山兄弟、正岡子規ゆかり資料を展示。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

〔萬翆荘〕 大正11年(1922)松山藩主の子孫、久松定謨伯爵の別邸
萬翠荘敷地は夏目漱石、正岡子規と縁深く、愚陀佛庵の主の漱石の松山で一番自慢の地。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ